2009年08月31日

「シグナムさん、出番です」

という訳で、8/25の日記で「アップします」と予告?した絵をHPギャラリーアップしました。
まぁリンクを辿って見て頂ければいいとは思うのですが、一応サムネイルくらいは貼りつけておこうかと思います。これ。

シグナム

とにかく、大きいサイズのイラストはリンク先のHP本体に置いてあります。一応そういう位置付け(HP配下)のブログですしね、ここは。本文だけじゃなくてサムネイルにも直リンク張っておきましたので。よろすくー。

しかしまぁ何というか…こういうポーズって何だかモビルスーツとか(とにかくロボット兵器)がよく取ってそうですね(苦笑)。長い事オーラバトラーを描き続けた後遺症でしょうか?(笑) 剣も持ってるしね。
なのはって見た事ないので(おぃ)、見た目からFateのセイバーをイメージして描いたという…仕方なかったんだよ、元々夏コミ合わせの依頼原稿で、映像見てる余裕がなかったんだ。
ポーズはオーラバトラーでイメージはセイバーか…いい加減だぁな(汗)。

あー。
「予告」の時に言いましたが。

ボクは、なのはのシリーズってほとんど知りませんので、これに関する苦情は一切受け付けません。
ボクは、なのはのシリーズってほとんど知りませんので、これに関する苦情は一切受け付けません。

大事な事なので、予告どおり2回言いました(苦笑)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:38 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)

2009年08月27日

まぁ仕方ないのかな。

・不振バドエル(フェラーリ)、ベルギーGPが最後?
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090825_04.htm

まぁね、バドエルの走りはちょっと…悪い意味で次元が違ってたからねぇ。
タイムが出ないだけじゃなく、フリー走行でピットレーンのスピード違反4回、決勝でもピットアウトで無意味にルノーのグロージャンを前に出したり、さらに白線踏んでペナルティ。
やっぱ実戦を10年も離れているとああなっちゃうのかね。ちょっと見てて痛々しかったし、何となく他人事とも思えないのが何とも…(汗)。

ドライバーを代えるとしたら、多分第一候補はもう一人のテストドライバーであるM・ジェネだろうな。F1ではないけれど、最近にレースを戦った経験があるし。
市場ドライバーから選ぶなら、やはり今年のF1を知っている人材になるだろうな。
フィジケラはフォースインディアのレギュラードライバーだから多分ないと思うけど、今年で引退とかなら「最後の花道」としてフェラーリのシートに着きたいと思っても違和感はないかな。
あとはブルデーとピケなんだけど…どっちも決め手に欠けるな。2人ともパフォーマンス不足で放出されたドライバーだし。
どっちかと言えばブルデーの方が可能性がありそう。彼が最近までドライブしていたトロ・ロッソはフェラーリエンジンだし、マネージャがN・トッドって事もあるし…って、今のフェラーリでトッド家の影響力ってあるかどうかはやや疑問だけど。

ま、とりあえずベルギーGPか。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:58 | F1その他レース関連

2009年08月25日

予告編とでもいうか…?

日記っつっても、平日にそうそう書く事なんてねーなぁ(挨拶)。

多分今月中に、HPのギャラリーにカラーイラスト1枚アップします。つーか本来ならもうとっくにアップ出来てていいはずなモノなんだけど(汗)。何だか魂が抜けちゃった状態でねぇ。
正体は、先日参加させてもらった、コミケ合わせの「なのは」本に寄せたゲスト原稿なんですけどね。前もってネット公開の承諾はもらってあったんだけど、上記の通りで。
とりあえずこれが本に載ったやつね。

ktm_74ms.jpg
これが何で「予告編」なのかっつーとですね。
この原稿、実は一部を除いて元々カラーで描画してるんですよ。それでも一応はモノクロ対応仕様のため肌とか主線はグレーと黒なので、その辺やり直す必要はありますが、逆に言えばそこやればカラー絵になる訳。 だからギャラリーに掲載予定のカラー絵が本編で、これは(ネット上では)予告編、と。

あー。ちなみにボク、なのはのシリーズってほとんど知りませんので、苦情は受け付けません。
大事な事なので、「本編」の時に2回言いますよ(笑)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:30 | 絵関係(非商業)

2009年08月21日

懐かしのレイトンハウス・マーチ881

「またオモチャかよ?」「はい、そうですよ。」と開き直ってみる。
このくらいしか生きてる楽しみなんてないんだ、勘弁してくれぃっ!

今回のお品は、1/43 レイトンハウス・マーチ881・ジャッド(1988年型)です。
約1ヶ月前に入手したブツでございます。
メーカーはSpark model社(http://www.sparkmodel.com/)。市販車やル・マン24時間のレーシングスポーツカー系統を主力にしているようです。F1もヒストリック系や他社が出さないスキマ系(苦笑)を狙ってラインナップしていますが、傍系といえるでしょう。
いずれにせよ、希少品に違いはありません。F1を主力にしているMINICHAMPS社などはまぁ出さないだろう代物です。
本当はこれじゃなくて1990年型のCG901B('90年フランスGP仕様)が激烈に欲しいんですが、製品化されていないものは手に入りませんので、えぇ。

まずはオーバービューです。

DSCN0372s.jpg DSCN0375s.jpg

F1界希代のデザイナーであり、現在も先端を行く奇才:A・ニューウェイの、これがF1デビュー作です。
もう21年も前のマシンですが、そのスタイリングにはあまり古さが感じられません。
近年のマシンに比べればややずんぐりした印象は受けますが、基本的なシェイプ(というかデザインコンセプト)は、レギュレーションの影響とそれに適応した部分を除けば、現在のF1マシンと大きな違いはありません(一つ大きく違うのはノーズですね(後述))。言うなれば、今のF1マシンの直系のご先祖様でしょう。
当時は今と違って、まだまだ個性的なスタイリングのマシンが沢山走っていた時代で、これもその一つだった訳ですが、コイツの基本思想が生き残ったという事は、ニューウェイの先見性が如何ほどのものかを示していると思います。

モデルとしての出来は、細かいところにまで手の入った丁寧なもので、MINICHAMPS社のものに引けを取りません。ただ、接着剤のはみ出しがあったのは残念。って、その程度の不良はMINICHAMPSでもよくありますので。

DSCN0386s.jpg DSCN0387s.jpg

少し角度を付けて撮影してみましたよ。
さすがに今となっては実車と比較するのは困難ですが、印象としては非常にいいものです。
この角度だとかなりスマートに見えますね。有り体に言ってカッコいいです。不細工な今年(2009年)型のマシン群なんか目じゃありませんねー。

DSCN0391s.jpg DSCN0396s.jpg

左はこの時代に特有の大型ディフューザー。右のハイノーズ処理との組み合わせでダウンフォースを稼ぐ仕組みです。

※横道に逸れますが、「ハイノーズの元祖」を、1990年のティレル019だと勘違いしている人が多いですが、ハイノーズ自体は、
「前輪と後輪の間のフロアはフラットでなければならない」
という「フラットボトム規定」が出来た1983年から存在したアイデアで、ティレル019以前にも幾多のマシンが備えたシステムです。
以下はブラジルだかどこかのサイトからの拾いものですが、マーチ881のハイノーズ構造と、ティレル019との比較をした図です。

March881_bottomview.jpg Tyrrell019_and_March881_sideview.jpg

キャプションがポルトガル語なので読める方は少ないと思いますが、左は「ボトムビュー」、右は「サイドビュー」と書いてあります。
この図でわかるのは、ティレルはフロアパネル「だけ」を前輪まで伸ばす事でレギュレーションの文言を満たしたということです。結局これはロクな議論もないまま(と記憶しています)合法となり、現在まで続く手法となりました。
あとの事はどこかのF1講座でも見て頂くとして。

※あーあと、横道ついでに。
時折、このマシンの事を「CG881」と表記しているのを見かけますが、それは誤りです。「CG」が冠されるようになったのは翌年(1989年)型「CG891」からで、それ以前のマーチのマシン名は単に数字だけでした。
これは、当時マーチのエースドライバーだったI・カペリのマネージャーであるC・ガリボルディが1988年末に事故で他界したのを受け、哀悼の意を表するために故人のイニシャルである「CG」をマシン名に冠する事になったためです。

ところで、このモデルにはタバコデカールが付属する(注:現在はタバコ広告規制のため、模型にもタバコ関連のロゴマークは貼って出荷できないんですよ。例え当時の実車にはあってもね。)と説明があったんですが、どこにも見当たりません(汗)。
それ以前にマーチのマシンにタバコのスポンサーは無かったはずだが…と思っていたら…

DSCN0298s.jpg DSCN0303s.jpg

こんなところに貼り付けてありました(苦笑)。
しかし、これ一体どこに貼るんだろう??と考える事しばし。…わかりました。マシン本体じゃありません。

DSCN0295s.jpg

…ヘルメットはともかく、上腕部みたいなこまいところに貼れるかい!ドライバー人形は固定で取り出せないんだぞ!
まぁ、デカール用の接着剤を手に入れるまでは今のままですな。
※ちなみに当時はマールボロ(フィリップモリス社)がチームとは別にドライバー個人に対するスポンサードプログラムを行っており、それを受けているドライバーは「マールボロドライバー」と俗称されていました。 このマシン(No.16)を駆るカペリもその一人だったので、ヘルメットやスーツにマールボロロゴを付けていた訳です。

最後に、以前購入した、同じくA・ニューウェイがデザインしたウィリアムズFW14・ルノー(1991年)と並べてみます。

DSCN0398s.jpg DSCN0400s.jpg

FW14は僅か?3年後のマシンだけあって、基本的シェイプはほぼ同一と言って差し支えないでしょう。FW14の方が若干ノーズが高く、そのためウィングの取り付け部分の形状が控えめに曲面となっています。

こうして並べてみると、マーチ881のエンジンカウルが妙に大きく感じます。これは恐らくですが搭載エンジンの問題と思われます。
マーチ881のエンジンは市販のジャッドCV・V8エンジンですが、バンク角が90°で幅が大きく、またベースが古いホンダF2用エンジンでそれに改造に改造を重ねた九龍城のような代物で、V8としては無駄に大きかったものです。
ニューウェイは空力を重視してエンジン全体をカウルで覆う選択をしたため、こうなったのでしょう。実際、同じエンジンを搭載するウィリアムズFW12も背中の大きなマシンです。

対して、FW14のエンジンカウルがすっきりとコンパクトにまとまっているのは、搭載しているルノーRS3・V10エンジンがバンク角67°と幅が狭く、また新設計のワークスエンジンなのでシェイプアップがよく進んでいて小型だった事、それによりエキゾーストパイプの取り廻しも低く抑えられた事に依るのではないかと。


それにしてもこの2台、881のレイトンブルーといいFW14の日本企業ロゴといい、バブル臭がプンプンしますなぁ。
今となってはウソのような時代でした、という事で締めとしますよ(苦笑)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:45 | TrackBack(0) | 趣味

2009年08月20日

「貴方に召喚されたのは必然だったのです。」

今日、ひょんな事からこのようなものが舞い込んできたぞぉ(喜)。

DSCN0405s.jpg

断じて買ったんじゃないぞ、どこか想像もしなかったところから(笑)舞い込んできたのだ。俺だってビックリしてるんだ(笑)。

この本、発売時に
「セイバー好きの俺としてはやっぱ買うべきだな。でも今金ねーから買えねーなー。んー、どーしよー…」 とか思っているうちにスカッと忘れてしまって(おい(汗))、持っていなかったのだ。
それが今になって、どういう巡り合わせか手元に来た。別に呼ぶでもなく召喚されてきた。倉の中で腰を抜かした士郎な気分(笑)。
折しも、つい最近とある方と2年前に出したセイバー本がらみの話をしたばかり。あまりにもタイミングがよすぎやしないか?

…これはあれか?俺の身体にはアヴァロンが溶け込んでいるのか?(違)
じゃなくてだな、天が俺に何かを言っているんだな?
そーうかそうかー、なるほどなるほどー…(謎)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:59 | TrackBack(0) | 雑記

2009年08月16日

コミケ最終日

あー、今日はコミケの最終日なんだねー。少なくとも我が家の近辺では、気温は高いけど湿度はそうでもなくて案外過ごしやすい陽気なんだけど、有明はどうなのかなぁ。
人間一人当たり発熱量は100W電球1個分、加えて呼吸や発汗等で湿気を放出する。そんな厄介な熱源が何万人だか知らないけど1箇所に集まる訳だ。決して快適とは思えないな。
ともかく何事もなく終わればいいけどね。

何つーか、例え自分が参加していなくても、「これで夏も終わりだな」という気にさせられる。長年に亘って身に染みついた条件反射だなぁ(苦笑)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 12:40 | TrackBack(0) | 雑記

2009年08月14日

小浜さんの秘密(笑)

小ネタ。

ちょっと検索ロボット除けについて調べていたら、割と面白いモノが引っかかったぞ。
http://www.whitehouse.gov/robots.txt

そっかぁー、小浜さんはこういうモノを秘密にしたかった訳ね(笑)。

以上、小ネタでした。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 16:23 | TrackBack(0) | インターネット

コミケ?

おおぅ、もうそんな時期なのか(汗)。今日からもうやってるって?お絵描きPCの更新ですったもんだしてたのですっかり忘れてたよ。
つーか、そう考えると長期に亘る大苦戦だったんだなぁ。>PC更新

まぁね、今回は元々会場に足を運ぶ気ゼロだったので、どっちにしても忘れてたんじゃないかって気はしますが(苦笑)。暑いのは大嫌いなんだ、身体が融けるって(汗)。

さてと。
私がコミケにサークル参加しなくなって今回で丸2年になりますな。
(ちなみに、ヘルパーとしての参加は前回の冬コミでしています。ま、行くとしても冬しか行かねーな。寒いのは何とでもなるし。)
その事はまぁいいんですけど、最後の出し物がコピーのラフ本だったってのがちょっとどうなのかなぁ、と。 今後二度とサークル参加しないとは断言出来ないですけど、まぁ心残りと言えばそうなのかな。

で、本人はこの通りコミケと無関係な行動を取っていますけど、描いた絵だけはコミケに参加していたりします(笑)。
実はですね、今回mixiでマイミクのかづゆーさんとこのなのは本に、1枚ですがゲスト参加させてもらってるんですよ、半ば恐喝して(苦笑)。「俺に描かせない気か、あぁ??」みたいな(失笑)。

何というかですね、凄く苦戦しましたね(汗)。描かせろとか言ってページを強奪して来たのはいいけど、なのはのシリーズって観た事ないんですよ(←おい(汗))。キャラとかはある程度知っていても、そいつらがどう動いているのかとか全然わかんないし。
結局ね、ネットで調べて(総合的に)自分に合いそうなお人を選んで描きましたよ。でも、どっちかっつーとFateのセイバーのイメージで描いちゃった(汗)。今セイバー描いたらきっとああなるなって感じ?

でもいいですよね、自分の知らんもんを描くのも。何となく世界が広がるって言うか。
知ってるものだけ描いてるとどうしても狭くなるし、「わかんねー資料ないー?」とか言いながら調べたりするのもそれはそれで結構楽しかったりもするし。
本当なら映像を見ておくべきだったんだけど、俺TSUTAYAのカード持ってねーし(笑)。…動画サイト?…んー…(抵抗感)。

なお、普通に塗ると無駄に網点が入って汚くなりがちな肌と、同じく網点化されてシャープ感が無くなる主線以外はカラーで描いて(グレースケール変換して)います。
ので、近いうちにその辺いじって公開する予定です(承諾頂いています)。

筆末になりましたが、かづゆーさんのスペースです。
「8/16(日)(3日目) 東地区 "ラ" ブロック 11a」

私自身は自宅にて暑さでとろけているので、会場のどこにもいませんが、そゆことでよろしくです、はい。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 13:25 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)

2009年08月13日

久々にF1話。

・M.シューマッハ、F1復帰をキャンセルに
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090812_01.htm

個人的にはミハエルは、現役時代は嫌いな部類に入るドライバーだった。が、今回のマッサ負傷による代役の話は興味深く見ていた。
40になったミハエルが、現役時とは全く違うマシンとなった(しかも一度も走らせた事がない)2009年モデルでどこまで走れるのか?
いい走りを見せればそれはそれで痛快だし、ダメならダメでそれも現行F1の厳しさだよな、と。

でもまぁ、自業自得とはいえ、脊椎損傷が悪化となればキャンセルも仕方あるまい。興味深い機会を逃すのは残念ではあるが、いくら嫌いなドライバーとはいえ身体を悪くすることなど間違っても望みはしない。

一方、ミハエル復帰が白紙になってフェラーリが執った手は疑問を禁じ得ない。
・ルカ・バドエル、10年ぶりのF1レースに意欲
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090812_02.htm
・スペイン連盟会長、「フェラーリは最悪の決断した」
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090812_04.htm

バドエルとジェネのどっちがいいドライバーか?と問われると少々答えに窮する面もあるが、少なくとも近年の(F1以外だが)レースキャリアを見ればジェネが勝っているのは明白。

しかも、ジェネは次戦ヨーロッパGPの開催地であるスペインの出身。
ヨーロッパGPではルノーが出場停止処分を受けていて現在チームが控訴中だが、そのまま行けばスペインの英雄:アロンソは出走出来ない訳で、実際チケットの売り上げも低迷している。
最多チャンプのミハエルや地元のジェネが走るなら多少のカバーも出来ようが、さしたる実績もなく地元でもないバドエルでは…。
(とはいえ、リザーブドライバー登録はバドエルだから、フェラーリに責められる謂われはないのだが。)

ま、個人的にはこのフェラーリの選択がどう出るかに興味はあるが。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 16:20 | F1その他レース関連

2009年08月12日

戦後処理。

まぁね、昨日の続き。

昨日の備忘録に書いたRamPhantom3が起動サウンドにノイズを入れる問題、「スタートアップタスクスケジューラ」って非常駐型のフリーウェアを使って、RamPhantom3がドライブを構築するタイミングを動かして起動サウンド再生とかち合わないようにする事で解決。
このタイミングはシステム環境に変化があれば変わってしまうので、その都度調整する必要はあるが、まぁ自由にコントロール出来るだけでもいいだろう。

これで戦後処理も終了だ。何だか気が抜けたので今日はこれまで。

しかし…PhenomII X4に交換した恩恵ってほとんど感じないなぁ。まぁ動画エンコードは劇的に早くなったけど、そのくらいか。

最後にCPU-Zのスクショ貼っとく。HyperTransportも2GHz(のDDR)で動いているのがわかる。ようやくM/Bの能力を引き出せるようになった訳ね。だからと言って恩恵は(以下略)。

cpu-z_phenom2x4_945.gif

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:02 | PC関連

2009年08月11日

お絵描き機新生。(備忘録)

お絵描き機にPhenomIIを載せようということから始まった泥沼の戦闘がほぼ終結したので、一応記録。

前回の日記で書いた通り、結局一から再インストール。その過程でいろいろなことがわかった。まだ解決していない問題も少々あるけど、その原因も判っているので、追々解消の方向で。

さて。
先日した電源交換の話で、どうやらM/Bが逝かれたようだと判断した訳だが、環境構築の面倒を避けるため同一機種を買い直した(結局、2つの理由で無意味だったが)。
届いた日、梱包を開けて中身を確認して…俺様がっかり。何でがっかりなのかは以下の写真で察して欲しい。
DSCN0316s.jpg DSCN0332s.jpg
DSCN0319s.jpg DSCN0333s.jpg

このどピンクの固体ケミコンを見た瞬間目眩がしたが、交換用に買ったんだから使わない訳にはいかない。 「いいじゃないかピンクでも。水色に四角っぽいマーク(写真の通り元々手持ちの方がそう)や赤にFの文字とかじゃなくたって。このM/Bを何10年も使う訳じゃないだろ?」
こう自分に言い聞かせて、努めて淡々と交換。テスト+BIOSアップデートのため、仮にAthlon64X2を装着して起動…

…壊れた(と思っていた)旧M/Bと全く同じ挙動をしやがる。どうやらあの電源ランプの変な点滅は最新BIOSのせいらしい。つまり旧M/Bは壊れた訳じゃなかったって事だ…。無駄金使ったぁ…(泣)。

あとはPhenomII装着後、泥沼のベトナム戦争→再インストール→若干の問題を残してほぼ沈静と続く訳だが、その辺はもう省略。
とりあえず現在、起動後の動作自体は何も問題ない。ここに貼った写真も、動作テストの一環として新生お絵描き機で取り込みから加工、書き出しまで行ったものだ。

それにしても、タスクマネージャにグラフが4つというのはやっぱ凄いな。
見た目だけじゃなく、100%負荷テストをしようとして高負荷のアプリを多数同時立ち上げしてみたんだけど、なかなか100%に届かない。
正直、「こんなにパワーがあっても持て余すかなぁ」って感じ。有効なのは動画エンコードくらいなもんだ。


(以下、備忘録。)

・Windows起動時、起動サウンドに酷いノイズが混入する。これはOS管理外メモリを有効利用するために導入しているRAMディスク(I・Oデータ Ramphantom3)の起動に時間がかかるため、それと起動サウンド再生のタイミングがかち合って起こっている。
以前のAthlon64X2の時にも軽く起こる場合があったが、PhenomII X4になって同時起動数が増加した+可能になったため顕著になったと思われる(実際、起動シーケンス終了までの時間は短くなった)。
解消には両者のタイミングをずらすしかない。そのためのツールを選定中。
現状、目立った不具合はこれだけ。しかも実害はない。
※参考:
http://www.pc-koubou.jp/pc/ramphantom3.php

・WindowsXPを使う限り、Catalystは9.4までのバージョンにしておいた方がいい。9.5以降では内部設計の古いゲームアプリ等の動作速度が激減する。
これはCatalyst自体の問題で、PhenomIIとは無関係。

・ASUS M3N-HT Deluxe+PhenomIIでは、2GBのDDR2メモリは2枚までしか使えない。3枚ではPOST画面で停止、4枚では起動しない。バンク数制限は健在。
また、どういう訳か、現在AMDのサイトで配布されているプロセッサドライバが上手くインストール出来ない。以前配布されていた、同バージョンで圧縮パッケージの異なるものなら正常にインストール出来る。
このM/B固有の現象かどうかは不明。

・パワーON直後の不規則なパワーLEDの点滅は、BIOS2602の仕業と思われる。また、PhenomII装着時の、BIOS復帰時の妙な挙動(一旦電源が落ちて数秒後に再始動(コールドスタート))もBIOSの問題と思われる(こちらはAthlon64X2では極めて普通のソフトリセットとなる)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:55 | PC関連

2009年08月09日

結局再インストール。

Athlon64X2からPhenomII X4に載せ替えた事でシステムがベトナム戦争状態になってしまったお絵描き機。叩いても叩いても現れるベトコンに疲れ果てて、アメリカ軍よろしく撤退を決意。
といっても元に戻すのではなく、面倒くさがらずにOSからアプリ、設定まで一から入れ直す事に決めた訳で、要はベトナム戦争をなかった事にしようという訳。

それで昨日から作業を始めた訳だが、未だデバイスドライバのインストールまでしか終わっていない。ここから先の事を思うと目眩がする…。うちのシステムはカスタマイズの塊だからなぁ。
安息はいつ訪れるんかなぁ…。

つーか、PhenomIIは拡張K8みたいなもんだから、BIOSアップして載せ替えればそれでお終いって話じゃなかったのかよ?結局一から環境構築するんなら別にAMDじゃなくてIntelシステムでもよかったぞぉ??
まぁ、今さら後戻りは出来んから、そこを愚痴ってもしょーがないけどな。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 15:01 | PC関連

2009年08月05日

実はFDDよりMOの方がヤバかった(汗)。

お絵描き機を割と大幅に更新中なので、日記の話題もPC関連ばかりになってしまって、あまり上手くない感じ。正直すまんかった(ってまだ当分続くよ(汗))。
お絵描き機の話は、現在進行形で戦闘中なので、今日はしない。まぁ、戦局はほぼ落ち着いて、散発的な掃討戦の局面にあるので、終戦も近いと思うのだが。

さて。
8/3の日記で、FDDの生産終了のニュースに絡めて「次はMO?」と言ったのだが、どうも「次」ではなく「先」に近い状態にあるようだ(汗)。
こんなニュース。
・MOディスク販売、三菱化学メディアと日立マクセルが終了へ ソニーは継続
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/04/news064.html

先日の引用ニュースは三菱化学だけの話だったが、マクセルも販売終了とは…。
しかも衝撃的?だったのは、マクセルのMOメディアはOEMだったって辺り。多分三菱化学がOEM元で、三菱化学が生産終了するからマクセルもって感じなんだろうな。しかもマクセルは来月で止めちまうってんだから性急だよなぁ。
三菱化学が今年一杯で撤退すると、残りはソニーだけ。一応記事ではソニーは続行とあるけど、これもどうなる事やら。
まぁソニーは音楽用のMOであるMD規格を持っているから、その辺の絡みで続けるんだろうけど、そのMDもiPodを始めとするDAPの台頭で風前の灯火だしなぁ。

現状の情報からすると、来年頭にはMOの生産メーカーは、
・装置側は富士通とコニカミノルタ
・メディア側はソニー
の、たったの3社になる訳だ。
個人的には、装置側も、コニカミノルタはヤバイと見ている。いつ撤退発表があっても不思議じゃない。

来年は、MO終焉の年になる可能性が非常に高くなってきた感じ。
つーかさ、終焉させるならさせるで、ちゃんとした代替メディアを用意して欲しいもんだ。
MOはプロユースが多いから、FDDと違って半導体メディアでは信頼性的にお話にならんし、現行のメディアを見回してもパッとしたものがない。せいぜい消去法でDVD-RWかDVD-RAMかってレベルだな。
でもどっちも一長一短だしなぁ。書き換え不可で良ければ金属系のBD-Rも選択肢かな。
そのDVD・BD系も12cmメディアだから、大きさ的に9cmメディアである3.5インチMOの置き換えにはキツイ感じだし。

MOにはもう少し頑張って欲しかったものだなぁ。せめて640MBメディアが100円/枚程度だったら状況はかなり違ったかも。
…いや、変わんないか。動画用メディアになれなかった時点で負けは決まっていたようなものだな。
残念ではあるが今後の事を考えた方が建設的なんだろうな。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:40 | TrackBack(0) | PC関連

2009年08月04日

もう戻れない。

「おい何だ藤村くんこれは?(by大泉洋)」

DSCN0310.jpg

もう後戻りは出来ませんな(苦笑)。
というか、既に前進しちゃった訳ですが、その辺の詳細は追々。今色々テスト中なので。

いやー、来月以降の支払いが恐くて恐くて…(汗)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:06 | PC関連

2009年08月03日

FDDよ、お前もか。

・FDDメーカー各社、生産撤退の動き加速−四半世紀の歴史に幕
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320090727bjad.html
元記事が無くなるとリンクの意味がなくなるので内容も引用:
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
フロッピーディスク駆動装置(FDD)メーカー主要3社が生産撤退に動き始めた。ティアックは2010年4月に生産を終了する。ワイ・イー・データも終了の方向で供給先と協議に入った。ソニーは10年4月以降の計画は未定だが、他社と足並みをそろえる模様。記憶媒体が光ディスクなどに移行しフロッピーディスクの市場規模は09年にピーク時の30分の1以下にまで縮小。需要の減少が著しいため、生産を打ち切る。
ティアックはFDDをマレーシア工場(マラッカ)で生産。08年度の出荷台数は245万台で、直近は月16―17万台を出荷する。年20%以上のペースで数が減っており、生産の最低水準を切ったと判断。供給責任を果たす前提で、顧客と協議しながら生産をやめる。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まぁね、確かに今の時代、1MB程度の容量では使い道がほとんど無いのも事実なんだけどね。
FDDが高値の花(誤記ではない)だった時代を知っている私としては、一応は所有全マシンにFDDを装備あるいは用意はしている。
が、使うのは…そうだなぁ、トラブルシューティングとかマシンを組んだ時の最初の起動確認とか、そんなくらいかなぁ。今やBIOSアップデートもFDでは容量が足りなくて出来ないし。
手元に未使用のFDメディアは溢れてるんだけどね。40枚パックのソニー製FDなんか、シュリンク被ったまま転がってたり。

今、FDD(装置ね)を製造しているメーカーって他にどこがあるんだろう。ミツミ電機は確かもう製造を止めて(山形事業所で細々と面倒見てるって話を聞いた気がするけど)、サイトの製品情報から削除されているようだし。あとは…
・SamsungのSFD-321B
くらいなのかなぁ。
だとしたら、いかに消えゆくデバイスだとしても、日本発の製品がまたしても韓国に持っていかれるのはこの上なく癪だ。開発元であるソニーはβ方式VTRで懲りたらしく、今回は粘るつもりもないようだし。
日本人は知的財産を大事にしないから、技術開発してはみーんな外国に持っていかれちまう。こんなじゃ…ねぇ。あまりにも不甲斐なさ過ぎる。


FDDが生産終了の方向となると、次はMOじゃないかとヒヤヒヤする。
こっちはさらに製造メーカーが少なく、現在は富士通とコニカミノルタしか製造していないし、2.3GBのGIGAMOは富士通だけ。普及率が低いから、いつまで経ってもメディアの値段が下がらない。2.3GBメディアなんか1枚の値段でDVD-Rの30枚スピンドルが買えちまうぞ。これじゃあダメだよ。
絵描きとしては、データ保存用メディアとして一番信頼しているし、過去のデータ資産もかなり保有している。代替メディアもないし、無くなられると困るんだよな。
まぁ、MOは医療用とか官公庁とかに食い込んでるから、当面は…大丈夫かなぁ…。

追記:
…などと油断?していたら、こんなニュース。
・三菱化学メディア、MOディスクの販売を終了
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090804_306848.html
…ぐあぁぁ、来たぁ…。
今MOのメディアを製造しているのは、今回の三菱化学、それにソニーとマクセルだけ。
まずい。非常にまずい…(泣)。

追記2:
FDが消えてゆくとなると、ひとつ気になる事がある。
現行の建築基準法では、建築確認申請をFDで提出する事が出来る「FD申請」という制度があり、役所なり確認検査機関なりもそのためのシステムを備えている。
が。
FDが無くなったらFD申請は不可能になるじゃないか。
例えばCD-RとかUSBメモリとかに置き換えるだけで済む話ではあるのだが、あの石頭な国交省の役人共がその辺フレキシブルに対応出来るとは思えん。
まー、FD申請なんて事実上「可能」と言うだけで、専用のソフトが要るし紙が省略出来る訳でもないし、役人が楽になるってだけで申請者にメリットがないのであまり(ほとんど)使われていない制度だから、これを機に廃止しちゃえばー?(苦笑)

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:29 | TrackBack(0) | PC関連

2009年08月01日

移転しました。

昨日までNIFのココログを利用していた当ブログですが、本日よりFC2ブログへと移転しました。HP日記をHTMLからブログに移行してたったの1ヶ月でもう移転というのもちょっとどうか?とは思いましたが、どのみち移転するならむしろ早い方が却っていいかと思い、踏み切りました。

FC2はココログより遥かにカスタマイズの自由度が高く、このテンプレートもある程度構成の似た既成テンプレートをこてこてに弄り込んで創り上げたものです。
それだけに、まだ完璧であるとは言い難く、今後も改良はするようだと思われます。ただ、主だった機能については公開・利用に足るレベルに達したと思っていますが。

お陰様でスタイルシートは大分覚えましたね。自分で一から組むのは無理としても、ある程度は読めるようになった…のかな?

なお、ココログの記事データは全てこちらにインポートしてありますので、ココログの方にアクセスする必要は全くありません。と言うかしないで下さい(笑)。
(ココログの方は、こちらへの誘導と万一の場合の避難所として現状ままで残しておきますが、こちらが何かない限り、新規更新はありません。念のため。)

では、引き続きよろしくお願いしますー。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 02:14 | 告知