2009年08月12日

戦後処理。

まぁね、昨日の続き。

昨日の備忘録に書いたRamPhantom3が起動サウンドにノイズを入れる問題、「スタートアップタスクスケジューラ」って非常駐型のフリーウェアを使って、RamPhantom3がドライブを構築するタイミングを動かして起動サウンド再生とかち合わないようにする事で解決。
このタイミングはシステム環境に変化があれば変わってしまうので、その都度調整する必要はあるが、まぁ自由にコントロール出来るだけでもいいだろう。

これで戦後処理も終了だ。何だか気が抜けたので今日はこれまで。

しかし…PhenomII X4に交換した恩恵ってほとんど感じないなぁ。まぁ動画エンコードは劇的に早くなったけど、そのくらいか。

最後にCPU-Zのスクショ貼っとく。HyperTransportも2GHz(のDDR)で動いているのがわかる。ようやくM/Bの能力を引き出せるようになった訳ね。だからと言って恩恵は(以下略)。

cpu-z_phenom2x4_945.gif

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:02 | PC関連