2009年09月30日

BLESSも廃業…。

ちきしょー、やっぱ小康状態は所詮小康だった。現在、バファリンという回避パッチで起動中。でも2時間しか保たないんだよなこれ。
明日は別件で通院なんだけど…行きたくねーなぁ。でも薬が…。


本題。
・「もう1つも消えて欲しくないのに」――BLESS閉店で
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0909/30/news076.html

BLESSって7月に移転したばっかだよね。あの時点ではまだ生き残る当てが少しでも残ってたんだろうか。じゃなければあの時点で廃業してたよね。
しかし、これでまたPCパーツショップの老舗が一つ消えるんだなぁ。俺が自作を始めた頃からは想像も付かないくらいお店の数が減ってしまった。今の数ではもはやPCパーツショップ街とは言えないよね、秋葉原。

まぁね、もう自作の時代はとっくに過ぎてるし。PCがすっかり「道具」になった今は、メーカー製の完成品を購入した方があらゆる意味で安心だし、しかも安い。その上性能も有り余っている。
よほどの変人(俺みたいな(苦笑))でない限り、自作に意味なんか全くない。パーツの各メーカーがどこだろうと、普通の人には関係ない。きちんと動いて使えればそれでいい。

それどころか、ケータイやスマートフォンがあればPCすらいらない人だって多数に登る。ケータイのキーでは高速入力出来るけど、PCのキーボードは使えないという若い人が話題になって既に久しい。

寂しい話ではあるけど、そういう時代の流れではこうなるのも当然の帰結なんだろうな。もはやPC街としての秋葉原はとうに死んでいたんだと思う。
実際、「変人」の俺ですら、秋葉原にはもう永らく行っていない。行かなくても必要な物は通販で全て揃うし、送料だって上手くやれば無料でいける。秋葉原に行くなんて交通費と時間を掛けるだけ無駄と言うものだ。
悲しいけれど、これ現実なのよね。

一つ言える事は、今後の秋葉原は、今の延長線上で行く限り、俺には全く用のない街だということ。もはやあそこで何が起ころうと他人事だ。冷たいようだけど、それが本音なんだよね。


ついで。
これはGoogleが悪いんだけど、消したエントリーを求めてこのブログにやってくる方々が後を立たない。ログを見るたび心が痛む。無駄足なのになぁ、と。
裏を返せば、こんなブログにまで解決法を求めて人が来るほど、mixiボイスに不満を持っている人が多いということだ。9/17頃のリリースという、株価対策として大型連休直前を狙った小賢しさ、その横暴な仕様、ユーザーの改善要望(というより苦情)にも全くの無反応というやり口の汚さ。言い換えよう。「mixiボイスに不満」ではなく「mixi運営に不満」なんだよみんな。
SNSはユーザーがいなければただの箱。そのユーザーを無視する運営…何か突破口が欲しいよなぁ。 #bodyArea #bodyMainArea #bodySide #myProfile .echo{display:none;}

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:38 | TrackBack(0) | PC関連