2009年10月03日

F1日本GP予選、だが…。

今日の鈴鹿は天候も回復して、まずは「きちんとしたレースセッション」になる…と思っていた。

しかし。いかんせん時間が少なすぎた。
言うまでもない名うてのドライバーズコース、しかも改修によって、新舗装でタイヤを削る東コースと旧舗装でグリップ感のない西コースと路面に大きな差が出来、悪い事にその境界が難コーナーであるデグナーの直前。
この週末初のドライコンディションであるFP3の60分だけでマシンをセットアップするのはやはり無理が大きかった。

そのツケが予選にのしかかった。
特にQ2での2回の大クラッシュ。あれはFP1・2がドライなら、または鈴鹿が以前のままなら恐らく起こらなかった。
図らずも、このことが予選システムの不備を浮き上がらせた。Q1・2は1セッション20分、Q3は10分。この短い時間にクラッシュ→中断が連続すれば、事実上まともに走れる時間が取れない。つまり計測ラップが取れないから、予選の体を為さない。
Q2でのブラウン勢は黄旗状態でしかタイムがないから、本来なら無効となってノータイム、つまりはQ2敗退だったはずだ。有効タイムがないからイエローで出したタイムでも認める、こんな事は本来許してはいけないはずだ。
今さら言う事でもないが、相変わらずF1のジャッジはブレが大きすぎる。ここに公正とか適正とかは存在しない。もはや呆れ疲れたが。
(追記:)
結局、前述のブラウン勢を含む、黄旗区間通過でベストタイムを出した4台は決勝5グリッド降格のペナルティだそうだ。最終的なグリッドってどうなるの?よくわかんね。

ともかく、誰もまともにマシンを合わせ込みきれていない状態で明日の決勝は行われる。クルマを手なづけていないドライバー(まぁ全員だな)は走りながら手なづけていくこととなる。
マシンの性能よりもドライバーの腕、そして運が支配するレースになりそうだ。作戦はかっちりと用意するのではなく状況に合わせて作っていくしかなさそう。荒れるレースが予想されるが…。
ともかく、ドライである事を望む。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:56 | F1その他レース関連