2010年05月31日

[F1]トルコGP決勝をちょっと。

今日で5月も終わりだな。何というか、体調が悪い(現在進行形)せいもあって、何だか妙に長く感じたんだけど…少なくとも「あっという間」という感じではないな。


F1トルコGP決勝について。正直、触れるの止めようかとも考えたけど、まぁもののついで的にさらっと。

順当にレッドブルの1-2で進む…と思っていたんだけど、そうではなかったねぇ。41周目のレッドブル2台の同士討ち的クラッシュもさることながら、そこに至るまでレッドブルの独走ではなくマクラーレン2台との4台バトルだったからね。
正直、マクラーレンがあそこまでついていける(どころかプレッシャーになる)とは思わなかった。ターン8での車載カメラをみると、マクラーレンはレッドブルにとても歯が立つようには見えなかった。でも1周させるとタイム差がないんだよね。マクラーレンがいかにストレートが速かったかということだね。

トップ4台のバトルは見応えがあったけど、その後ろが別カテゴリになっちゃってた訳で、その意味で全体的に観ていいレースだったか?というと、ちょっと疑問はある。まぁこの程度の力量差はしばしば生じるもので珍しくはないんだけど、もう少し競ってくんないかなぁという思いは禁じ得ない。

あと、可夢偉くん。彼は冷静だね。キャンバス地が露出するほど摩耗したタイヤをなだめすかして、そしてちょっぴり運にも恵まれての今シーズン初ポイント。完走するためにバトルでも無理をせず、結果何台か前にやる事にはなったけど、逆にそれがとてもクレバーな印象を受けた。
何が目的か、そのために何をして何をしないか、レースという一種の極限状態下でも整然と振り分け出来る。まだF1出走9戦のルーキードライバーであることを考えると、日本人という事を抜きにしても今後を期待してしまう。
今シーズンはチーム力を考えるとこの辺りが精一杯だと思うが、もう少し永い目で見たいし、F1界にもそうさせて欲しいものだ。


とまあこんな感じ。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:26 | TrackBack(0) | F1その他レース関連