2010年10月31日

「過去」との決別の時。

本年7/14でPC-9800シリーズ用(というか全機種用の)Windows2000のサポートが終了した事は、以前のエントリーでも書きました。
そして今日10月末日。PC-9800シリーズに関する、NECによる全ての保守が終了です。
http://121ware.com/navigate/support/repair/partslimit/
http://121ware.com/navigate/support/repair/partslimit/pdf/others.pdf

これにより、PC-98はハードウェア・ソフトウェアともに、いよいよ全くのノーサポートになった訳です。 無論、だからといってPC-98が機械的に使えなくなった訳では全くなく、良好な機体は今後も自己責任において使い続ける事は可能ではあります。
ただし、以前のエントリーにも書いた通り、「自己責任の範囲」を越えないよう、外部ネットワークに繋がるような使用法は即刻止めるべきでしょう。
実際のところ、PC-98の「命」は前回のエントリー時点:7/14の時点で尽きていたんですから。
冷たいようではあるし前回も言ったように思いますが、もはやPC-98の使用は「過去を懐古する」「閉じた世界で自己完結する用途」に留め、外部に繋がる用途にはそれなりの機器を使うべきでしょう。

そして、今後はハードウェアのトラブルに関してもNECを頼れないから、PC-98専門店などの非公式なサポート体制に頼るか、あるいは自分の腕1本で乗り切るかのいずれかしかありません。
幸いにして、PC-98はかなり堅牢なハードウェアであるため、無茶な事をしていない限り長持ちはするかも知れません。ただし、バックアップ電池などは市販されていない仕様のものが多くを占めるため、ここがアキレス腱となるだでしょう。

そこまでして使い続けるか?と問われれば、よほどの事情がない限り決別すべき…でしょう。
ハードウェアはいつか朽ちる。ソフトウェアは陳腐化する。
「常用」という事に関して言えば、ここらが思い切り時だとは思います。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:24 | TrackBack(0) | PC関連

2010年10月30日

レイトンハウスCG901とBの違い?

アクセスログを見ていたら、「CG901とCG901Bの違い」というキーワードで検索掛けてうちに辿り着いた方がいらっしゃったようで、あぁそういえばその件についてはこの前のモデルカーのエントリーでも触れてなかったなぁと思い、急遽エントリーを起こしてみました。

レイトンハウス・CG901とCG901Bは、厳密にはシーズン中の許された範囲内での改良であるため、基本的に同一車両と言えます。例えばマクラーレンのMP4/5(1989年型)とMP4/5B(1990年型)のような、異なる年度・レギュレーションにそれぞれ適応した「改良型だが別車両」とは訳が違います。
…あぁ、でも後述の変更には恐らくアンダーパネルの再設計が必要で、そうなるとクラッシュテストを通さなきゃならないから、別車両という言い方も出来なくはないのかなぁ…むー…(汗)。

と言っておいて何ですが、詳しい資料を持っている訳ではありませんので(当時は持ってたんだけどもうありません)、内部的な違いについては僕にもよくわかりません。せいぜい重量配分と「風通し」の見直しレベルと推測していますが、それこそ憶測のレベルを出ません。

外見的な差異は、主にサイドポンツーンの形状変更です。これは一目で解るほど違います。
見てもらった方が早いと思うので、当時のレイトンハウスが出していたニュースリリースをアーカイブしている、(レイトンハウスを含む)マーチ専門のサイトを見つけました(注:海外サイト)ので引用してみます。

Leyton_House_GP6_002.jpg Leyton_House_GP10_3.jpg

このように違います。
左は1990年第6戦・メキシコGPの「CG901」、右は第10戦・ベルギーGPの「CG901B」です。CG901B自体は、第7戦・フランスGPでデビューした事は、以前のエントリーでも述べた通りです。
ごく簡単に言葉でいえば、

「サイドポンツーン側面をラジエーターインテイクに向けて絞っていたのを止めて真っ直ぐに伸ばしてインテイクとはアールで繋ぐ形とし、上部を断ち切り形状から、ノーズに向かって緩やかに下がりながら絞られて伸びていく形状に変更した」

という感じでしょうか。
当時の資料のうろ覚えでは、ノーズコーンも若干の幅広化が施されたとあった気がしますが、こうしてみてみるとそれはどうも違うようで、シーズンの早いうちに行われたようです。

本当に憶測ですが、この変更によってCG901Bは、空力性能的にはむしろ低下したのではないかと思います。風洞のような完璧な理想状態での数値は恐らく「改良前」のCG901の方がよかったのではないかと。でも、そんな状態はサーキットでは有り得ません。極限の理想の空力を突き詰め過ぎたCG901は、サーキットでは性能を発揮出来る訳がなかった。それは戦績が証明しています。
そこで、若干効率は落ちようとも、状態変化に対してマイルドに安定して空力効果を発揮出来る「デチューン」を施したのがCG901Bなのでしょう。
言ってみれば「理想からほんの僅かに現実へと梶を切り直したリデザイン」、これがCG901Bの正体であると、僕は勝手に考えています。

※なお、このBバージョンへの改造は、G・ブルナーが行ったという説を見かけますが、僕の当時のF1専門誌の記憶によると、A・ニューウェイが(少なくともデビュー仕様であるフランスGP向けの)全てのデザインや準備を完了させて「置き土産」としてからチームを辞めた旨の記載があった事を覚えています。

僕にもわかるのはここまでです。何せ20年も前の話ですからね。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:22 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年10月29日

今月の総括。

ここしばらく、というか過去に経験した事の無いような、主観的にも客観的にも最低な月でした。
しかもそれが全て自分に原因があるというのがもう救いようがありません。
以上、ちょっと早いですがこれにて今月の総括とします。

来月は、少なくとも今月よりはいい月である事を切に希望する次第です。
ただしそのためには己の意識改革が必要でしょうが、それは今の自分には難題かも知れません。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 19:05 | TrackBack(0) | 雑記

2010年10月28日

ここ暫くの言動について。

今日は日記と言うよりも、お詫びをしたためたいと思い、エントリーを起こしました。

先月から今月今日までに至るまで、特にこの数日は、精神状態がことのほか悪く、不快なエントリーを起こし続けました事、心よりお詫び申し上げます。
特にこの数日は最低と言っていい状態にあり、正常な意識や判断力をもって文章を書く状態にはなかったと言わざるを得ません。
その結果が昨日一昨日のエントリーであり、またTwitterでの言動で、自分で見ても眉をしかめざるを得ないものであったため、既に削除させて頂いております。
醜態を晒しました事、重ねてお詫び申し上げます。
なお、現時点の精神状態は、決して芳しくはありませんが、少なくともある程度の冷静さは取り戻しているつもりでおります。

このような事態に陥るには、無論それなりのバックボーンがあった訳です。特に今月においては、心を酷く掻き乱す事象が起こっており、未だ(そしてこの先も)続いております。
が、それはあくまで私的な範疇の事情であり、半公共的なこのブログ(及びTwitter)に影響を及ぼしてはならないものであります。
にもかかわらず、それを抑えきれずに噴出させてしまい、かつそれがある種の軋轢のようなものにまで発展してしまった事は、ひとえに私の不徳の致すところであり、浅慮軽率の謗りを免れないものと自覚し、猛省しております。

起こしてしまった事はもはや取り返しが付きませんが、少なくとも今後はこのような事なきよう、己を律していく所存です。


悠瀬巧一 拝

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年10月21日

ひとこと。

下手だからと言って描くのを諦めたらそこでお終いなので、無謀だけど描き続けようと己に言い聞かせようと今思いました。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 17:48 | TrackBack(0) | 雑記

2010年10月15日

昨日の続き。

昨日の続きです。

大まかには、前回6月に行った反対側の抜歯と同じような経過を辿っている感じ。違和感の感じ方もよく似ています。

ただ今回の方が、若干予後がよろしくない感じではありますね。
処方された薬を飲んでいるからかあまり感じないけど、首筋から側頭部にかけて多少の痛みがあって。神経は既に無いはずの歯で(だから抜歯が簡単に済んだ)、その意味では何らかの神経を傷つけたというのは考えにくいんですが…まぁどのみち来週また行く訳だし、それまで様子見れるようなら見ようかと。
ただ、あの先生だからなぁ…何かあったらとにかく色々訴えかけるしかなさそうだなぁ。

そんな感じです。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:05 | TrackBack(0) | 雑記

2010年10月14日

歯科新ラウンド2。

という訳で、昨日の続きです。
といっても、今日は消毒だけだったからものの数分で終わり、治療自体について何も書く事はありません。

それにしても、今行ってる歯科…先生あまりにもしゃべらなすぎ。今日なんか、黙って抜歯痕を見て、何にも訊かないで黙って薬塗って、それで「終わりです」の一言だけで終わり…。
あまりにも何も言ってくれないから、思わず「(抜歯痕は)大丈夫ですか?」と口を突いてしまいました。それには一応「大丈夫ですよ」と返事くれたけど、それだけ。
どうもこの先生、こういう気性らしいです。ここにかかった人はみんな「あそこの先生はぶっきらぼうだよ」って言ってるし。うちの近所付近では一番腕がいいらしいんですけどねぇ。抜歯の手際も2回とも良かったし。

でも先生…頼むからせめて次回何しますくらいの事は言ってください(汗)。こっちはもう終わったもんだと思ってたから、会計で「次の予約は1週間後ですが、いつがいいですか」って聞かれてびっくりしたぞ…。 会計のおねーさん曰く、どうやら抜歯後の経過を見るフォロー通院らしいけど…そういう事は先生がいう事じゃないんでしょうか???

一応疼痛とかは今はありません。ただ、たまーに頬の肉が抜歯部位の歯茎に当たると「ちくっ」とした感覚が走る事があって。だから炎症とかはあるのかも知れませんね。
今はまだ処方された痛み止めと抗生物質を服用しているし、昨日抜いたばかりの傷痕を触るような愚行はしたくないので、しばらくは様子見ですね…。

という訳で、次週第3ラウンド…といっても、先生がこの調子だからその後どうなるのかよくわかんないんですけどね…。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:54 | TrackBack(0) | 雑記

2010年10月13日

歯科新ラウンド1。

という訳で、昨日の続きというか本番というか。

えーとね、抜歯までの流れは大体この前のエントリーと同じなので省略ね。「左」を「右」と読み替えてもらってレントゲンの話を読み飛ばしてもらえばOK。

違うのはその後。
この前はそれほど手こずらずに止まった口内の出血だけど、今日は完璧しくじった。この前早く咬みガーゼを出しちゃって二度咬みした経験から、1時間半くらい咬みっぱなしにしてたんだけど、それが却って仇となったみたいだ。
ダラダラと血が止まらない止まらない…!どんどん口の中に溜まっていって糊状になって、気分もどんどん悪くなって…!
こりゃもうアカンという事で、一度リセットの意味合いも込めて口を綺麗にすすぎ、再度ガーゼを咬む。今度は30分で止めておいた。

おかげで、とりあえず今のところは収まっているみたい。ただ、かなり大量に血液を飲み込んでしまった事もあって、食欲などすっかりナッシング。本当は処方された抗生物質を飲むために多少なりとも食わなきゃならないんだが、胃も食い物を受け付けようとしないし、食事する事でまた出血したらという恐怖感からも何も食う気になれない。

そんな訳で、せめて水分くらいは必要だろうって事で、アクエリアス飲む事で薬も飲んじゃった(←本当はダメなんだぞ!)。

もうね、今日は起きててもロクな事になりそうもないから、早く寝る。
明日はまた消毒のために歯医者に行くけど、何とか悲惨な事になってなきゃいいんだけどねぇ…。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:18 | TrackBack(0) | 雑記

2010年10月12日

歯科新ラウンド・序。

という訳で?明日は歯医者なのだ。6月にかかっていた、その続き。要するに既に救いようがないほどやられまくっちゃった右上奥歯(第2大臼歯)の抜歯ね。

本来なら左側の抜歯痕がある程度落ち着いて、そっち側だけで飯が食えるようになったらすぐに再開するはず…だったのだが、いろいろと(情けない:主に金銭的)事情により延び延びにしていたのだ(汗)。
まぁ、状態も安定していたから油断してたってのもある。

しかしだ。先週末に事態は急変した。何か固いものを噛んだ際に割れちゃったらしい。腫れと痛み、そして出血…。
我慢出来ないほどではないが、しかし割れた歯の一部が取れるんじゃないかってくらいにぐらついてしまっている。こうなるとさすがに放置は出来ん。金がないとも言ってられずに速攻歯医者に電話したって訳。

それにしても時間が過ぎるのは早いものだな。
先週金曜に予約入れた時は、「最速で13日」と言われて、まだ1週間近くあるぞ、その間この崩壊寸前の奥歯を宥め賺さなきゃならんのか…と陰鬱になっていたのに、気付いたらもう明日なのか。
何にせよ、とりあえずさっさと抜いちゃってもらいたい、割れてグラグラしていて邪魔だから。

今度は抜歯の手順がわかってるから、その意味では気が楽。どう対処するかもわかってるから、多分ドライソケットなんか作らないで済むと思うし。
でも…今度は、歯の残り方が左側よりも悪いので、もしかしたら抜くために歯茎切んなきゃダメかも…
ひぃ。(((;゚Д゚)ガクガクブルブル

と、とにかく明日だっ!腹据えて行こうっ!!

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:24 | TrackBack(0) | 雑記

2010年10月10日

[F1]日本GP決勝。

正直に言う。家庭の事情により、決勝レースは1分たりともリアルタイムで観る事は出来なかった。
PSXによる録画もあまり信用してなかったけど(CSを録画する場合、外部入力となるのでCSチューナーとPSX双方独立で予約しなきゃなんないため、人為ミスが多発するのだ)、幸いにしてきちんと録画されていたので、つい今し方観終わった。

あまり多くを語るつもりはない。正直予定調和的なレッドブル1-2+フェラーリ・アロンソ3位。ハミルトンはまたもトラブルに泣かされて、ポイントは獲ったものの今季のチャンプ争いは正直絶望的だろう。アロンソがよくなってきてはいるけど、今年はレッドブルのダブルタイトルだろう。韓国GPがあろうが無かろうが関係ない。

それより注目点はやっぱり可夢偉くんだっただろうね。彼のファイトは凄まじいの一言だったね。ただ、特にトロ・ロッソのアルグエルスアリと2回も接触していて(その内の1回は明らかなアルグエルスアリの責任だけど)、そこだけが心配だった。
まぁ、少なくともFIAのインフォメーションには2回とも出なかったし(=インシデントとも捉えられていないと推測)、F1ニュースサイトを見る限りでは可夢偉くんの接触に関する何らかの問題というものはこの時間になっても報告がないので、多分大丈夫なんだろう…と思いたい。

短いけど、以上。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:25 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年10月09日

[F1]日本GP FP3/予選。

えーまぁ、皆さんご存知のとおりだとは思いますがね。
朝からの土砂降りで、FP3はごく一部のチームが走ったのみ、予選については散々ディレイした挙げ句、明日の午前に順延、と。
明日の放映スケジュールもよくわかりません。CSは(いつもの再放送枠を使って)放映されますけど、地上波は残念ながら予選の放映は無いでしょうね。

CSのEPGも既に修正されているので、予選・ドライバーズパレード・決勝と録画予約をしました。
(実はちょっと緊急事態が発生していまして、明日はのんびりTVの前に座ってられない可能性が非常に高くなってしまったのです。)

まぁ、散々な週末になってしまったと言っておきましょう。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:52 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年10月03日

リハビリというか落描きというか。

8月にお仕事絵を描いて以来、9月まるまる絵筆を持たなかったので、とりあえず描いてみようと思いまして。 …けど、どうも気力が湧かないという(汗)。
別に誰に急かされている訳でも求められている訳でもないから気力が湧くまで待ってもいいようなものだけど、それだとこの先何ヶ月も描かない気がして…。どうも焦るんですよね。その意味では自分自身が一番急いているのかも知れないですね。

で、どうしようかと考えた末の結論は、描くものが思いつかないならとりあえず少し前の絵をリメイクしてみましょう、ざくっとラフでね…という安易な路線(汗)。それでも何もしないよりはマシですからねぇ。まぁリハビリだし。

セイバー

ベース絵はちょうど3年前に出したコピー本の表紙絵のセイバー。あれはホントにラフなただの線画だったからちょうどいい素材。
で、例によってシャーペン+コピックというロートルな代物(まぁだいぶ加工しちゃってるけど)。だってアナログで描き殴った方が早いんだもん。これだから原始人は(苦笑)。

見本があるから楽だろなんて安易に考えてたんだけど、存外手こずりました。3年で随分といろんなバランス変わってるんですねぇ。一から描くのとそんなに手間変わりませんでした。

まぁ、特に言いたい事はないです。強いて言うなら、表情がちょっと中途半端かなってくらい? あとは、リメイクってのはやっぱりどうしても昔(ベース)に引きずられるなぁという、スッキリしない後味の悪さかな。 落描きだけにHPのギャラリーに入れるかは未定です。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:12 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)