2009年08月11日

お絵描き機新生。(備忘録)

お絵描き機にPhenomIIを載せようということから始まった泥沼の戦闘がほぼ終結したので、一応記録。

前回の日記で書いた通り、結局一から再インストール。その過程でいろいろなことがわかった。まだ解決していない問題も少々あるけど、その原因も判っているので、追々解消の方向で。

さて。
先日した電源交換の話で、どうやらM/Bが逝かれたようだと判断した訳だが、環境構築の面倒を避けるため同一機種を買い直した(結局、2つの理由で無意味だったが)。
届いた日、梱包を開けて中身を確認して…俺様がっかり。何でがっかりなのかは以下の写真で察して欲しい。
DSCN0316s.jpg DSCN0332s.jpg
DSCN0319s.jpg DSCN0333s.jpg

このどピンクの固体ケミコンを見た瞬間目眩がしたが、交換用に買ったんだから使わない訳にはいかない。 「いいじゃないかピンクでも。水色に四角っぽいマーク(写真の通り元々手持ちの方がそう)や赤にFの文字とかじゃなくたって。このM/Bを何10年も使う訳じゃないだろ?」
こう自分に言い聞かせて、努めて淡々と交換。テスト+BIOSアップデートのため、仮にAthlon64X2を装着して起動…

…壊れた(と思っていた)旧M/Bと全く同じ挙動をしやがる。どうやらあの電源ランプの変な点滅は最新BIOSのせいらしい。つまり旧M/Bは壊れた訳じゃなかったって事だ…。無駄金使ったぁ…(泣)。

あとはPhenomII装着後、泥沼のベトナム戦争→再インストール→若干の問題を残してほぼ沈静と続く訳だが、その辺はもう省略。
とりあえず現在、起動後の動作自体は何も問題ない。ここに貼った写真も、動作テストの一環として新生お絵描き機で取り込みから加工、書き出しまで行ったものだ。

それにしても、タスクマネージャにグラフが4つというのはやっぱ凄いな。
見た目だけじゃなく、100%負荷テストをしようとして高負荷のアプリを多数同時立ち上げしてみたんだけど、なかなか100%に届かない。
正直、「こんなにパワーがあっても持て余すかなぁ」って感じ。有効なのは動画エンコードくらいなもんだ。


(以下、備忘録。)

・Windows起動時、起動サウンドに酷いノイズが混入する。これはOS管理外メモリを有効利用するために導入しているRAMディスク(I・Oデータ Ramphantom3)の起動に時間がかかるため、それと起動サウンド再生のタイミングがかち合って起こっている。
以前のAthlon64X2の時にも軽く起こる場合があったが、PhenomII X4になって同時起動数が増加した+可能になったため顕著になったと思われる(実際、起動シーケンス終了までの時間は短くなった)。
解消には両者のタイミングをずらすしかない。そのためのツールを選定中。
現状、目立った不具合はこれだけ。しかも実害はない。
※参考:
http://www.pc-koubou.jp/pc/ramphantom3.php

・WindowsXPを使う限り、Catalystは9.4までのバージョンにしておいた方がいい。9.5以降では内部設計の古いゲームアプリ等の動作速度が激減する。
これはCatalyst自体の問題で、PhenomIIとは無関係。

・ASUS M3N-HT Deluxe+PhenomIIでは、2GBのDDR2メモリは2枚までしか使えない。3枚ではPOST画面で停止、4枚では起動しない。バンク数制限は健在。
また、どういう訳か、現在AMDのサイトで配布されているプロセッサドライバが上手くインストール出来ない。以前配布されていた、同バージョンで圧縮パッケージの異なるものなら正常にインストール出来る。
このM/B固有の現象かどうかは不明。

・パワーON直後の不規則なパワーLEDの点滅は、BIOS2602の仕業と思われる。また、PhenomII装着時の、BIOS復帰時の妙な挙動(一旦電源が落ちて数秒後に再始動(コールドスタート))もBIOSの問題と思われる(こちらはAthlon64X2では極めて普通のソフトリセットとなる)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:55 | PC関連