2009年11月11日

やっと出た、けどなぁ。2

HGSTの500GBプラッタ採用新型HDD:Deskstar 7K1000.Cシリーズがようやく市場に出回り始めてきた。
発表自体は8月6日にされていて、量産出荷も今年第3四半期という事だったので、(他社より大分遅れたが)ようやく本命が来たと期待してたんだけど、その後全く音沙汰なしでやきもきしてたんだ。

ただ。
AKIBA PC Hotline!のHDD/SSD最安値情報:
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091107/p_hdd.html
この中の

「一部で「日立製1TB HDDは当面再入荷が無い」との告知が見られた。日立製1TB HDDは長期に渡り品薄傾向となっており、今週の在庫ショップはわずか3店。再入荷の具体的な話は無く、今後も品薄傾向が続くものと思われる。」

の下りがとってもイヤな感じだ(汗)。実際、価格比較サイトとかでも取扱店数は非常に少なく、価格も1ランク上だったりする。
生産量が少ないのか(プラッタの歩留まりが悪いのか←記憶が正しければHGSTはプラッタを自社開発してるはず:他社はほとんど昭和電工から部品として購入している)、OEM向け出荷で手一杯でリテールに回す量がないのか、多分両方だろうが、決して嬉しい話ではないな。

まぁ、モノもなく価格もご祝儀相場で高額と来れば、手を出したくとも出せない、ということは今の俺には却っていい事なのかも知れないな。買えるモノならすぐ手を出しちゃうだろうし(汗)。
仮に手に入ったら、今お絵描き機で使ってるWD10EADSを置き換えるつもり。WD10EADSは、プラッタこそ500GBだけど、回転数が5400rpmで物足りないんだ。ま、差が出るのはベンチマークの数字だけの話であって、体感出来るかと言やー出来ないんだけどさ(笑)。

3.5インチHDDは、HGSTとWDの2択と心に誓ってるんだけど、今のところどっちの製品も中途半端な状態なんだよなぁ。
まぁ性能を追いかけてもどうせ体感は難しいし、頭にSの付く競合2社の製品にデータを預ける気にはとてもなれないから、当面は現状維持が吉だな。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 10:54 | PC関連