2009年12月18日

可夢偉くんザウバーへ。

ちょっと乗り遅れたけど。

・小林可夢偉、ザウバー入りが決定!
http://www.f1-kindergarten.com/view_09/20091218_3296.php

ライコネンやマッサを見出した名伯楽であるP・ザウバーではあるが、その彼が可夢偉くんを選んだのは(口惜しい事ではあるが)コメント通りの意味合いだけではあるまい。
BMW撤退後、設立者に買い戻された形のザウバーチーム。ワークスからプライベートチームになる(戻る)事に加え、ここへ来てスポンサーの離脱話がよく聞かれる。つまり圧倒的に資金不足だ。
可夢偉くんにシートを与える事になったのは、彼の能力や才能に惹かれたという事よりは、彼のバックにトヨタのサポートがあり、パナソニックやデンソーといった大口スポンサーがある事が魅力的に映った、と言うのが本音だろう。

ただ、(可夢偉くんは)それを匂わさなくとも(とりあえず)関係者が一応納得する表面的な説明が出来るだけの可能性を見せつけた新人ドライバーである事は間違いない。やはり、与えられた僅かなチャンスを確実にモノにした事は非常に大きかった訳だ。

ザウバーは、前述の通り色々と先行きが不透明なチームではあるが、それでも新規参入組と比べればある程度の安心感はある。これからが本当の勝負だな。


そして、ニュースで大きく取り上げられているが、元F1ドライバーの片山右京さんは富士山で遭難…そして救助。

・片山右京、富士山で遭難か
http://f1-gate.com/other/f1_5886.html
・片山右京さん無事保護、残りの2名は捜索続行
http://f1-gate.com/other/f1_5887.html

まだ進行中の出来事(事故)であるが、救出された右京さんのお話や状況を考えると…残さざるを得なかったお二人の無事を祈りたい。
山の事は全くの門外漢なので、登山家は遭難という非常事態に対してどう判断し行動すべきものか全くわからない。よって深入りはしない。
うっすらとでもわかる事は、単独下山が苦渋の決断だったという事と、右京さんにとって大変な日々が始まった…という事だけ。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:14 | F1その他レース関連