2010年03月09日

「あなたがいた森」

おぉーい雪降ってるよ寒いってーっ!この半月くらいで真冬から初夏までの気候を体験させやがって、これじゃマジで死ぬぞ!ここまでの変動はやっぱり異常だよなぁ。
はい、前置きここまで。


ここ数年にも亘り、毎日…ではないけれども、現在進行形で継続的に聴いている歌がある。まぁ、お題に書いた「あなたがいた森」(アーティスト:樹海)だ。
この曲、TVアニメ「Fate/stay night」のED曲なので、分類としてはアニソンになるんだろう。樹海のデビュー曲にもあたるが、Fateのために書き下ろされたものかどうかは定かでない。ブログのテーマもアニソンにするかどうか悩んだんだけど、まぁこれでも間違いじゃないので。
ただ、俺が知るきっかけがFateだったことは事実だが。というか、金曜の深夜にTVをつけたらテレ玉で偶然やってたFate(当時はその存在からして全く知らなかった)を「何となく面白いかな」と思いながら観ていたら、EDでこの曲に出会ってストレートを食らったって感じ。
…そうか、あれから4年にもなるのか…うわぁ…(汗)。

Fateのその回は第3話だったが、その後最終回まで欠かさず観ることになった。本編もきちんと?楽しんでいたが、どちらかというとEDのこの曲が目当てだった。もの寂しく切ないバラードであるこの曲の余韻で一週間の最後を締めて休日に入るというのが何とも心地よく、当時の楽しみだった。
(まぁ本編のほうも、川澄綾子さんが声のセイバーにすっかりやられてしまっていた訳だが(苦笑)。)

実はFate終了後、この曲の事は半ば忘れていた。半年ほど経ったある日、車の運転中にたまたま聴いていたFM放送のゲストに樹海が出演、この曲が流れた。かつての記憶が蘇り、思わず車を路肩に停めて聴き入ってしまった。CDを入手するまでに時間はかからなかった。3年ちょい前って事になるか。

それからさ。事あるごとにこの曲を聴くようになったのはさぁ。ケータイにもDAPにも入れてあるさぁ。
時々、この曲だけをエンドレスで流し続ける事すらあるさぁ。さすがに1日やると飽きてくるけどさぁ、何日か経過するとまた聴きたくなるから不思議さぁ。
そんなこんなで、一番お気に入りの曲なのさぁ。

皆さん何を今頃4年も前の曲の話をとお思いだろうし、俺もそう思ってるんだけどさぁ、まぁ書く事もないしね(汗)。
強いて言えば、最近Fate劇場版が公開されたって事と、何となくYoutubeでPV他を見つけたって言う事でもこじつけておくかな?

これがそのPV。
http://www.youtube.com/watch?v=yaM1qMUPPzo

実を言うと、PVの約5分のフルバージョンよりも、こっちの約1分30秒のTVバージョンの方が好きだったりするんだけどね。
印象がかなり違うんだよね。出だしとか終わりとかのアレンジもこっちの方がいいし、切り詰めてシャープになっているというか。画像との組合せ効果と言うものもあるんだろうけど(苦笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=Su3TUPgCTk0

まぁ、いつ消されるかわかんないけど(実際、数日前にはBD版の高解像度ノンクレジットEDが上がってたんだけどもうないみたいだし)とりあえず張っておく。


ちょっと全般的な話。
この曲に限らず、俺の音楽的嗜好はどちらかと言えばポップス系バラードに琴線があるみたいだ。耳に止まる音楽は大抵そうと言ってもいいかも知れない。

Wikipediaによれば、ポップスのバラードは、
「ゆったりしたテンポ、静かな編曲、美しいメロディライン、そしてラブソングを中心とした感傷的な歌詞を特徴とする楽曲が、ポピュラー音楽におけるバラードと言える。 さらに、典型的なパターンとして、ピアノなどによる静かなイントロとエンディングに向けての劇的な盛り上がりも挙げられる。」
とある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89#.E3.83.9D.E3.83.94.E3.83.A5.E3.83.A9.E3.83.BC.E9.9F.B3.E6.A5.BD.E3.81.AE.E3.83.90.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89

「あなたがいた森」は、これらの条件を全て満たしているポップスバラードの典型だし、俺が好きな曲の多くが(典型かどうかはともかく)この範疇に入る。無論そうでない曲もある訳だが、偏差を取ればここを頂点としたとんでもない山状のグラフになるだろう。

こうした嗜好が一つ困った事態を招いていたりする。
この手のバラードは、多くが女性ボーカルによって歌われている。そのこと自体は問題ではないのだが、お陰様で男の身としてはカラオケで歌えない訳だ。歌っちゃいけないという意味ではなく、音域とかが合わないから歌えない訳。
しかも当方、声域が狭い上に声帯が弱くてすぐ声が出なくなる。お酒呑んだら一発アウトさぁ。それ以前にちょっと多く話し込んだりすればもう掠れて来やがる。だからヤなんだよなカラオケって。
…って、声帯の件は個人的体質の問題であってバラードとは無関係だな(汗)。


…あぁ、また纏まらなかった(汗)。まぁいっかぁ。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:54 | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177856716

この記事へのトラックバック