2010年05月11日

[地雷覚悟]M3N-HT BIOS3002。

ASUS M3N-HTの新BIOS「3002」が、5/7付で公開された。
このBIOS、「PhenomIIX6 1090Z」という謎の?CPUをサポートしたと言うことだが、そのOPN(Ordering Part Numbers:発注型名)は「HDT90ZFBK6DGR」となっており、これはPhenomIIX6 1090Tと同一だ。ということで、PhenomIIX6をサポートした最初のバージョンとなる。

この3002、例によって?色々とトラブルが発生しているようだ。2803の時と同様、特定のCPU(またも965BE)でクロックがスタックする症状が出ているとか、PhenomIIX6で新搭載されたTurboCore機能(IntelのTurboBoost類似の機能)周りの制御もおかしいらしく、本来は変動しないはずのHyperTransportクロックが変動したりもしているとか。
正直なところ、「とりあえずPhenomIIX6の型番を認識するようにしました」レベルの対応度でしかなく、急ぎでない限りあまりお奨めは出来ないと思われる。

ただ、今回の3002は、リリースされたことそのものに意義があると言ってもいい。これはつまり、ASUSはM3N-HTにおいて、改良K10をサポートすることが可能だしその気もあるという意思表示だからだ。
次世代のBulldozerまで対応出来るか・してくれるかどうかはともかく、少なくともK10世代のうちは何とかしてくれそうだ、と言う意味で価値がある。

しかし、待てるなら次のアップデートを待った方が賢明ではあろうな。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:43 | TrackBack(0) | PC関連
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177856741

この記事へのトラックバック