2014年04月30日

運命の日・R

1994年サンマリノGP。悪夢のような週末。

こう聞いて、大多数の人はこのGPで命を落とした故A・セナの事を、その事だけを思い起こすだろう。
しかし、20年前の今日:4月30日に同じGPで命を落としたドライバーがもう一人いる。恐らくはF1ファンでも思い起こさない、それどころか知らない人もいるだろうから、急遽エントリーを起こした次第だ。

その人:故R・ラッツェンバーガー。最終所属チーム:シムテック・フォード。
1994年サンマリノGP・4/30に行われた予選2日目のクラッシュで亡くなった。300km/hオーバーでのウォール激突でほぼ即死だったという。
F1にステップアップする前に日本で約4年間走った彼。ジュニアカートで来日した以外F1に上がるまで日本で走っていないA・セナよりもよほど日本と縁深い存在であるにも拘わらず、日本で彼の事故死を語るものが殆どいないのは、何という不条理か。

これ以上僕がクタクタと語るよりもWikipediaの記事を読んで頂いた方がいいと思うので、リンクを張っておく。
Wikipedia-ローランド・ラッツェンバーガー

彼の事を忘れていた人は思い出して欲しい。知らない人は知って欲しい。


明日:5月1日は、A・セナの命日だが、特にエントリーは起こさない。僕が語らなくとも、多くの人が語るだろうから。
ただひと言だけ言うなら、あれからもう20年も経つのか…と言う何とも言えない感情は抑えられない。

このGPの次:1994年モナコGPでは、ザウバーのK・ヴェンドリンガーがやはりクラッシュで約1ヶ月の昏睡と、事実上のF1キャリアを失っている。
この年のF1はこういう危険な状態であった事、そして彼らだけでなくそれ以前からの多くの犠牲の積み重ねの上に、現在の「少なくとも命の危険までには及ばない」安全なF1がある事を、覚えておいて欲しい。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:28 | TrackBack(0) | F1その他レース関連
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177856943

この記事へのトラックバック