2016年11月23日

MSX-DOSたん。

今日のは(も)まぁ残念ながら落描きレベルのものだけど、ここしばらくのとはちょっと違うぜ。簡易だけど彩色してあるぞ。
多分今はこれ以上のものは描けないよ(汗)。

MSX-DOSたん

先日、レトロPC(具体的にはMSXとZ80 CPU)の事を検索中に偶然引っかかった、OS擬人化キャラ「MSX-DOSたん」。OS娘にまさかMSX-DOSまであるとは思いませんでした。Windows・Mac・Linuxあたりまでは把握してたんですけど、これは全くのノーマークでした。
たまたま引っかかったGigamixさんのブログ記事で知り、そこから作者:狸野さんのHPに辿り着いて(ブログ記事からのリンクが切れてたからちょっと手間取ったけど)、コンタクトを取って承諾を頂いています(なにしろGigamixさんのブログ記事は10年以上前の記事なので、再確認が必要だと思って)。
狸野さんのHPにはMSX-DOSたんの特設ページもあるので、大いに参考にさせて頂きました。デザインやカラーリングについて、アレンジはしていません。

(ちなみに背景のカラーリングは、MSXのテキスト画面のメイン/ボーダー色です。初代MSXのVDP(ビデオチップ):TMS9918が出す色に近いものを敢えて採用しています。←MSX2/+/turboR搭載の上位互換チップ:V9938/V9958は色が微妙に違うんです実は。)

ポーズは、どちらかと言えばガンダム系とかのロボットの決めポーズを意識しています。あまり媚びすぎないように的な。そして「強いぞ」みたいな。←本当は弱い(機能も処理速度も低い)けど(汗)。

「今更OS娘など10年周回遅れ」と思われるかも知れませんし、実際そうなんですが、仕方ないじゃない僕がMSX-DOSたんを知ったのは数日前なんだから(汗)。
実はこの手の低等身のキャラは少々不得手なんですが、それでも描きたいと思ったのは、まぁやはり(元)MSXユーザーだからですよね。そこにMSX-DOSたんがいるのなら、MSXユーザーとしては放っておけないとでも言いますか。
しかし、狸野さんのオリジナルより等身は少々高くなってしまっているのに年齢感は下がってるのは何故だ?(汗)

とはいえ、OS娘周りは、生い立ちが複雑であり、そのため権利的にも感情的にも問題を起こしやすいこと(実際、最盛期には色々とトラブルがあったようです。僕も一時ふたばには出入りしていましたが、流れが速くてついていけず離脱したので、リアルタイムには知りません)、そしてやはり何を今更感が漂うことから、これに限らずOS娘を描くのは多分これが最初で最後になるのではないかと思います。
(やっぱMS非公認ながらWindows7の擬人化「窓辺ななみ」とか準公式的に出てきちゃったのと、それがそろそろ皆飽きる時期だったこと、Vistaの時に何かあったらしいこと、等々がOS娘衰退の理由なんだろうなぁ。草の根コミュがこっそり?楽しんでるところへ公式的なものが入り込んでくるとやっぱ白けるよね。)

しかし10年かぁ…何度も言うようだけど、時の流れは残酷だよね。 本日はここまでにしとうございます。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 16:03 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177857045

この記事へのトラックバック