2017年01月03日

甥っ子タイフーン。

今日は予定通り、弟夫妻がやってきました。もちろん2人の甥っ子も。

甥っ子たちと会うのは1年ぶりですが、随分と大きくなったものです。相変わらず運動量は激しいですが、特に上の子は随分としっかりしてきていて、割と放っておいても危なげがなくなってきました。去年と比べて使う体力が随分と省力化されて助かる限りです(笑)。
でも、下の子はまだかなり危なっかしくて、でも行動力はついてきて階段とか平気で上がってっちゃうもんだから、後ろを追っかけ回さないといささか危険です(汗)。しかも既に次男坊のしたたかさが身につき始めてて、こりゃ結構扱いづらいぞ、と(汗)。

その点、上の子は長男坊らしい聞き分けの良さが身につき始めてて、僕自身も長男坊なだけにちょっと心配だなぁと。そんないい子じゃ無くてもいいから。もっとやんちゃでいいから。頼むから俺みたいにはならないでくれよという心配で一杯です。
聞くところによれば、昨年亡くなった伯父も、母方の義理の伯父も、昔から(弟を差し置いて)僕のことを随分と気にかけていた(いる)そうですが、あぁ何かこういう感じだったのかなって、自分が伯父の立場になって解るような気がしてきました。

お題には「タイフーン」と書きましたが、そんなこんなもあって今年は去年より勢力やや弱めです。この調子なら今後はますます勢力が弱まっていき、そのうち来なくなるんでしょう。僕がそうだったからわかります。そう思うと寂しいですが、歴史は繰り返すものです(?)。


ここから甥っ子の話からは離れますが、今年は弟が一級建築士試験を受けざるを得ないそうです。何でも社内で色々あるそうで、やはり彼の持つ二級ではちょっと通用しなくなってきたようです。
しかし、彼がどのように挑むのかはわかりませんが、個人的に思うに、少なくとも過去の教材類や市販品では、対策が難しくなってきているように思います。どうあれ、上手くいけばいいんですけどね…。

別に高価な資格学校を薦める気はありませんが、先日担当営業から聞いた話では、今年(平成29年分)から教材も体制も全部作り直すそうです。僕の通っていた学校は、去年(平成28年)はライバル校に圧勝した学校です。にもかかわらずそれだけのことをするのは、やはりそれだけの情報分析があり、学校としても何らかの対応を求められていると言うことなんでしょう。

さて、甥っ子たちは勝手に大きくなっていくしヾ(^^;)、弟もそれなりにやるだろうし、それより自分の身の振り方だなぁ。まずは管理建築士の資格が次の目標だけど、それには最低3年掛かる。その間に宅建とか取れるといいんだけどなぁ。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:29 | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178270103

この記事へのトラックバック