2017年11月12日

「猫である。」(改)

えー、例によって「旧作をプチリメイクしてみよう」企画です(苦笑)。

今回のネタは、このブログのプロフィール欄に使用している絵:「猫である。」です。
この絵そのものは、体格が今目線では少々がっちりしてるかな的感想はあるものの、とても気に入っている絵で、リメイクの必要はないと思っていたものです。
にもかかわらず、今回リメイクしたのは、ひとえに「耳(ネコ耳のほうじゃなくて人耳?のほう)の線がおかしい!(汗)」という不満を解消したかったがためです。
とりあえず貼ってみましょう。ほい。

「猫である。」

髪にも多少手を加えてみようか?と一瞬思ったんですが、まぁこれはこれでと言うことで、あえてそのままでございます。
今回加えた変更は、前述の通り、耳の造りの線(と塗り)がおかしかったのを修正したこと、それと多少の効果を加えたこと、その程度です。
というか、それ以上の変更は加えたくなかった。
自分で言うのも何ですが、この絵はとても完成度が高いもので、下手に直すくらいなら全面的に描き直した方がいいってくらいのものなんですよね。だから、最小限「ここだけは許せない」という部分のみを直させて頂いたと言う訳です。

まぁ、これ以上言うことはないです。右下の仔猫可愛いよねってくらい?(笑)

以上です。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:11 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181551548

この記事へのトラックバック