2018年11月26日

BOOTH:お店開きました。

珍しくこの3連休、まともに全部休めました。
そこで、衝動的に思い立ってやったことが。

「BOOTH」とは、pixivが提供するシステムのひとつで、「クリエイターによる創作の総合マーケット」。まぁ簡単に言えば、常設サークルスペースのようなものです。

今回、僕がラインナップしたのは、基本グッズです。同人誌をラインナップすることも可能なんですが、弾がありませんのでね(苦笑)。
グッズの製作は、pixiv FACTORYを使って行いました。…とはいえ、これがなかなか難しい。何が難しいかって、ありものの絵を使って作るには色々な意味(特に物理的)で制約が多い(汗)。適当にラインナップはしてみましたけど、自分で買いたいものがないという(汗)。
縦長の絵に丁度よく、作りやすいという意味で、iPhoneケースを結構作ってみましたが、肝心の僕がiPhoneを持っていない(し持つ気もない)ので、自分で買っても意味がないという(汗)。ヾ(^^;)

そんな中、自分でも買えるかなと思えるのがマグカップ。かつて「猫である。」のパーツとして描いた仔猫をあしらってみました。いささか写実的な絵柄なので好みが分かれる部分はあるかと思いますが、適当なラインナップの中では比較的まともかな、と(苦笑)。カラバリ3種(フルカラー・セピア・モノクロ)、お好みでいかが?

あと、個人的に「iPhoneがあれば欲しいかも」と思っているのが、こちらのケース。作ってみた中では一番納まりがいいかなと。こっちとかこっちとかも好きなんですけど、いずれのパターンにせよ、実用するには結構勇気が要るのかな?ヾ(^^;)

仮に同人誌を頒布するとしたら、最後に出した本:QUAD2の再版かなと。ただ、本の場合は、印刷会社含め自由が効きすぎるので、発行の仕方や在庫・発送の形態など、色々と面倒くさいですね(苦笑)。

以上、かなり投げやりな宣伝でした(苦笑)。




web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 00:00 | TrackBack(0) | 絵関係(商業)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185071212

この記事へのトラックバック