2017年01月25日

本ブログと本家HPの関係について適当に俯瞰してみた。

えーと、今日は完全なる自己満足の無駄エントリーだと思いますので、スルーして頂いても構いません(汗)。
もしかしたら、ネットの個人Webページからブログ・Twitterへとの流れの一部が垣間見えるかも知れませんが、大して面白い話ではないでしょうね。ヾ(^^;)

先日思い付きでうちのPCのHDD内に眠るHTML日記を読み返し、昨日必要に迫られて再度読み返していくうちに、自分でも意識していなかった本ブログ(+HTML日記)と、本家HP及びその各コーナーとの関係変化、そして日記自身のあり方は、時と共に変化していると気付きました。
そのことについて、少々(多々?)書き連ねていこうと思います。

1997年11月20日:HP開設のその日から、本ブログと全く同じ名称である「不定期報「AW」」という名で、HPのコーナーの一つとして日記は存在し、HTMLで綴られていました(名称が同じなのは当然、本ブログは、本来はそのHTML日記の後継として立ち上げたものだからです)。

※ちなみに何でこんな名称なのか(単純に「日記」ではないのか)?それは、毎日綴ることなど不可能で「不定期な記録」になると最初から自覚していたこと、それから当時はHPのコーナー名に凝る「流行」があって、僕もまんまと乗せられたからという事です(苦笑)。「AW」はもちろんHP名(及びサークル名)の「Aggregat WORKS」の頭文字から来ています。

さすがに開設初日こそ、挨拶文代わりにHP開設についてほんのちょっとだけ触れていましたが、以降は他のコーナーとは全く関係のない日常を綴った、本当の意味での「日記」の体をなしていました。それからかなり長いこと、時たま他コーナーのことに触れる場合もありつつ、やはり他コーナーからは独立した内容で続いています。

これは、当時の日記は「完全なるHPの一コーナー」に徹していたからです(と思います…)。他コーナーの更新内容については、トップページに「更新履歴」として記されています。何らかの告知についても、当時はトップページに掲載していました(実は今でも出来るようにはしてあります、今のところ必要がないから消してあるだけで)。
つまり、わざわざ「単なる一コーナー」である日記で繰り返す必要はないという判断でしょう。日記は日記であり、お知らせ掲示板ではない、その役目はトップページが担う、そういう事でしょう。

日記に限らず、まず「顔」「総合案内所」であるトップページがあり、その隷下に各コーナーがそれぞれ独立して存在し、基本相互干渉はしないし出来る内容でも(あまり)ない:つまりコーナー間の「横の繋がり」に乏しい。必要であればコーナー内にサブコーナーを設けて「下方向に」ある程度までは階層を取るという「ツリー型」。
それが当時の個人HPの一般的スタイルであり、ブログベースではない個人HPは今でもそう言うスタイルが多いと思います。うちのHPも日記以外は基本そうなっています(一部崩れてますけど(汗))。

しかし、そのスタンスは、少なくとも日記に関してはほんの少しずつ変化していきます。
最初の変化は、他コーナーの増加に伴い、トップページの告知だけでは補足しきれない事項が出始めてきたことで、それを補完する役割を担い始めたことです。今思えば、それ用のコーナーを設ければよかったのかなとも思いますが、そんな(僕にとっても訪問者さんにとっても)面倒なことをするくらいなら、文字を書くことに特化したコーナーである日記でついでにやればいい、と言うのは、多分自然な流れだと思います。
コーナーとしての独立性が崩れてきたとも言えますが、単なる一コーナーの枠を踏み出した「各コーナーを横断する特別なコーナー」への道を歩き始めたというほうがしっくりきます。

そのうちに、文字だけでなく、ギャラリーのコーナーには入れられない独自の絵や写真を掲載するようになります。これらは基本「きちんとした(基本自主制作の)完成作品を収納する」というギャラリーの主旨から外れた絵(落描き等)や、日記を補足するための撮影写真などで、やはり他のコーナーに入らないものの受け皿的使い方です。
(なお、日記の掲載期間切れに伴うデータ落ちをした落描き絵を選んで拾い上げて展示するサブコーナーがギャラリー内に出来るなどの「逆流現象」も起こしています。)
が、これを始めたことによって「HP内の別HP」的な色合いが加わってきます。というか、現在のブログに非常に近い使い方です。

そして、上述と重複するかとは思いますが、時折アンケートを取ったり、一時ギャラリーを中心にWeb拍手CGIを設置していたことがあって、それで頂いたコメントに対するお返事や雑感なども日記でするようになっていきます。どんどん現在のブログに近づいていってますね。

こうして、時間を掛けて、次第に、しかし確実に「HP内のことだけでなく、包括的・総合的に出来事を扱う、本格的な別コンテンツ」へと変化していったのです。こうなるともはや「コーナー」ではなくなりつつあります。ただ、HPの補足という役割は相変わらず担い続けているので、縁は切れない「半コーナー」であるという状態に移行します。
ただし、HP内容の陳腐化による当該内容の削除やスリム化(具体的にはイラスト系HPとして無関係なPC関連コンテンツの全面削除)、また時代の流れに沿ったコーナーの改廃やトップページの見直しなど、HP自体が縮小傾向にあることもあって、HPの補足という役割も弱くなってきています。

そして2009年のブログ化です。
(実は2005年頃に一度ブログ化を試みているんですが、その時はまだまだHPの一コーナーという意識が強く残っており、そのせいで、それに沿うデザインも使い勝手も上手く出来ずに断念した経緯があります。)
ブログ化の一番の狙いは「更新の容易化」です。HP内で比較的頻繁に更新するコーナーは既に日記だけになっていましたが、従来のHTML日記では、HTMLを書かないことには更新が出来ません。アップロードにFTPツールも当然必要です。対してブログでは、最低限PCとブラウザがあればいつでもどこでも更新出来ます。誤字などを見つけてもすぐに直せます。要は楽がしたかったんです(苦笑)。
(欠点はバックアップですね。HTMLは基本手元のものをサーバーにアップしますが、ブログは直接サーバーに書き込みますので、その時点では手元に残りません。これは定期的にエクスポートすることくらいしか対策はないですね。)

しかしこの「ブログ化」が、「HPの日記」でしかなかったはずの当ブログを「ほぼ完全な別サイト」にしていきます。もちろんURL的にも別ですし、更新の容易さから、こちらで出来る事はどんどんこちら単独でやるようになっていき、現在に至っています。

基本的なデザインラインこそHPに近いものにしてありますが(新しいのを考えるのが面倒だったから(汗))、もはや「HPの補佐」ではありません。HPへの誘導や引用はしますが、今やあくまで「兄弟サイト」の位置づけです。このブログだけで独立して運営していける能力が備わっていますし、実状もそうなっています。各種告知等も殆どこちらで行っています。既に主従が逆転しているのです。

このブログがもはや独立している事の一つの象徴的なこととして、HPの他のコーナーとは違い、このブログにはHPのホームに戻る「HOME」「BACK」ボタンが存在しません。プロフィール欄にHPのバナー(とリンク)は備えてありますが、これはあくまで関連サイトへのリンク扱いです。
つまり、ここはここで完結し、「戻る」場所はないよ、ということです。

一応、元々の前提としての「HP日記」の性格を完全に捨てた訳ではないので、紹介文もそれっぽいものになっていますし、少なくともHPのトップからは「コーナーの一つ」としてエントリー(リンク)してあります。
ただ、向こうから見れば一コーナー、こっちから見れば関連サイトという、いささか捻れた状態にあるのは、少し引っかかるところではあります。
(ただ、「どうなの?」と問われれば、「それぞれ独立している」と答えます。)

でも多分、今後も(どちらかが存在する限りは)そのままなんでしょうね。そして、無くなる可能性が比較的高いのは、客観的に見れば向こう、つまりHPです。
昨日、HPについて「当面畳むつもりはない」と書きました。それはもちろん本心です。しかしHPサービス、特にプロバイダ提供のものはどんどん廃止の方向に向かっています。実際、HPはプロバイダのサービス廃止に伴って昨年1月に代替サービスに移転しています。それだっていつまで保つかはわかりません。「その時」が来た場合、恐らくはそのまま閉鎖の道を辿ることになるでしょう。

まぁ、このブログだって似たようなものではあります。無料サービスではなく、レンタルサーバープランに付いてきた「おまけ」サービスですが、生殺与奪はサーバー会社(さくらインターネット)が握っています。そして、さくらはブログサービスに関して決して熱心ではありません。

いずれにせよ、僕に万一のことがあれば両方が消えます。どちらも根源的には有料サービスなので、支払いが止まれば消える運命です。
あまり言いたくないことではありますが、そういう事もあると心得ておいていただけると。

…そうそう、Twitterとの関係が抜けてましたね。Twitterはブログよりももっと簡単に情報発信出来ます。一時はそちらにばかりツイートしていたこともあります。
しかし、Twitterは140字という文字制限があり、ここで今書いているような長文には向きません。ネットである以上ここもそうなんですが、「世界に向けた拡声器」としての威力はあちらの方が遙かに上です。修正も出来ませんし、ツイートした瞬間に関連サービスに拾われますし、下手をすればまとめサイトに載せられたりもします。これまでも沢山痛い目を見てきましたし、今も時折しくじることがあって情けない限りです。
「簡単に発信出来る」ということは「ロクに考えずに発信してしまう」ということでもあるんです。使い方は十分に気をつける必要があります。

ブログも(HPも)、影響力が小さいだけで本質はTwitterとそう変わりません。長文が書けること、Twitterほど簡単ではないので、その分見直す時間が取れること、修正が出来る事、Webアーカイブ以外に拾われる可能性は極めて低い…そのくらいの違いかな。Twitterは一応SNSの体を取っていることも違いの一つですね。
いずれも、発言(表現)に気をつけなければならないのは本質的に同じです。まぁそれは置いといて、ブログに書くほどではない・即応性が必要なことはTwitter、そうでないことはブログという住み分けで、現在は運営しています。

以上、長文大変失礼いたしました。全部お読みの方は少ないと思いますが(汗)。




web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:34 | TrackBack(0) | ブログ・HP関連

2016年12月11日

続・さくらのブログ(スマホ版)にFC2拍手を設置する(不完全版)

今回も、どちらかと言えば備忘録です。


ご一読されましたか?では、続けましょう。
前回の方法は、ブログパーツを新しく起こして「FC2拍手」パーツを作り、「記事」パーツの下に並べる方法でした。
今回は、「記事」パーツ内にFC2拍手のスクリプトを埋め込む方法です。
※ただし、先に言っておきますが、前回のエントリーで挙げた欠点は何一つ解消されません(汗)。先の欠点は、やはりさくらのスマホ用独自内部環境変数が判明しない限り解消不能でしょう。コンテンツ(パーツ)のHTML編集が可能になって解析出来るようになるまでは我慢するしかありません。

さて、説明です。
そう言えば前回は言い忘れましたが、前回も今回もまず最初にFC2拍手サイトで「サイト用のタグ(スクリプト)」を取得していることが前提です。

・前回同様、メニューから、「デザイン」→「スマートフォン」タグ→「コンテンツ」と進み、スマホ版のデザイン画面にします。
・次に、右側中央の「記事」パーツの編集画面を出します。
・「挿入テキスト(下部)」内の「<>」ボタン(ソースコード編集ボタン)をクリックしてHTML編集画面にします。
・ここに、先に取得しておいたFC2拍手スクリプトを貼り付けます。そしてOKボタンを押します。
・「挿入テキスト(下部)」の自由記入欄に、FC2拍手のボタン画像が表示されていればOKです。
・パーツを保存し、サイトも保存します。

これでスマホ版サイトにFC2拍手設置完了です。もし、前回の方法でパーツを作って配置している場合は、そのパーツを捨てて下さい。

…しかし、上述の通り、これをしたところで欠点は何一つ解消されません。挙動自体は前回のエントリーでご紹介した方法と全く同じです。
従って、前回の方法で設置済みの場合は、わざわざ今回の方式に変更する意味はないかと思われます。

…んー、今回は若干無駄エントリーだったかなぁ(汗)。まぁ備忘録なのでご勘弁を…。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:41 | TrackBack(0) | ブログ・HP関連

2016年12月03日

さくらのブログでFC2ブログとほぼ同じ大きさのサムネイルを創る

とまぁ、お題の通りの内容なんですが、備忘録として。

ブログに画像を貼り付ける時、大抵のブログサービスではサムネイルを自動生成してくれるようになっているんじゃないかと思います。
このさくらのブログも、旧ブログで使用していたFC2ブログもそうです。
ただしこの両者、サムネイルの大きさ指定に違いがあります。ここ、移行時にちょっと悩んだところです。

慣れ親しんだ?FC2ブログでは、サムネイルの最大大きさ指定は横・縦のそれぞれにピクセル数が設定出来ます。
例えば、横250ピクセルと指定しておけば、当然サムネイルは必ず横250ピクセルの画像になります(ただし縦ピクセル設定の制限にかからない場合)。

対して、さくらのブログ(多分Seesaaも同じ)では、サムネイルの最大大きさ指定は、長辺のピクセル数のみ行えるようになっています。
長辺ですから、横長の画像なら、250ピクセルと指定しておけば、基本FC2ブログと同じ大きさのサムネイルが出来ます。
困るのは、縦長の画像の場合。当然、長辺は縦なので、250ピクセルと指定すると、縦250ピクセルのサムネイルが出来る事になります。横は当然それより小さい訳です。
僕の場合、それは困ります。横は250で固定したい。

となれば、貼り付ける画像に対して、予め横が250ピクセルになるようにサムネイルの長辺を計算しておく必要が出てきます。

具体的には、小学校の算数で学んだ比を使います(今は小学校でやるか知らんけど)。
例えば、600×850ピクセルの画像の場合、

 600:850=250:y
 y=(850×250)÷600
  =354.1666…→355(端数は切り上げの模様)

で、長辺355ピクセルと設定してやれば、短辺250ピクセルの、ほぼFC2ブログと同じ大きさのサムネイルが出来る事になります。
幸い?基本設定の一括指定だけでなく、各画像ファイルに対して個別に指定が出来ますので、基本指定を一々弄ることなく、アップロードしてから指定し直すことが出来るのは救いです。


…あー!もう面倒くせーなーっ!
やっぱFC2ブログは、どこまでも痒いところに手が届く良いブログサービスだったよ!
という事で。


※そうそう、余談になりますが、さくらのブログのインポート機能で、画像インポートに対応している他社ブログは、はてなダイアリーとココログのみと表記されていますが、少なくとも僕の場合、FC2ブログから直接画像インポートが出来ました。
保証外の行為なので、失敗しても悪しからず。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 15:41 | TrackBack(0) | ブログ・HP関連

2016年12月01日

さくらのブログ(スマホ版)にFC2拍手を設置する(不完全版)

という事で、色々試したので備忘録。

さくらのブログ(PC版)にFC2拍手を設置する方法は、ググればそこそこ出てくるし、同じエンジンであるSeesaaブログ(旧)の方法も応用出来るので、ここでは省略します。

さて問題は、さくら(とSeesaa)ブログのスマホ版。PC版と違ってHTMLが一切編集出来ないので(コンテンツ(パーツ)に関してはCSSもHTMLも)、PC版と同じ方法ではFC2拍手が設置出来ません。
ではどうするのか。不完全ながら設置の方法があります。編み出しました(苦笑)。

・メニューから、「デザイン」→「スマートフォン」タグ→「コンテンツ」と進み、スマホ版のデザイン画面(というかパーツ並べ替え画面だね)にします。
・次に、「スマホコンテンツ」の中から「自由形式」をドラッグして、右の「記事」パーツの下にドロップします。
・ドロップした「自由形式」パーツを編集。タイトルは自分がわかる名前を適当に付けます。そのままずばり「FC2拍手」でもいいでしょう。さらに、自由記入欄に、FC2拍手のページで「サイト用の拍手タグ作成」で作成したスクリプトを、とりあえずそのまま貼り付けます(理由は後述)。
・パーツを保存し、サイトも保存します。

以上で、とりあえずはスマホ版ブログでもFC2拍手が設置出来ます。

しかし問題点が3つ。

1)個別記事ページだけでなく全ページで表示される。
2)個別記事の識別が出来ない。
3)お礼ページがPC版。

1)については、まぁご愛敬でしょう。なにぶん、「記事」パーツの入っている欄は全ページ共通になってしまって個別に取捨選択出来ないから、現状では解消不能です。これは大した問題ではありません。
問題は2)と3)です。特に2)。

2)については、個別ページのURLと記事タイトルを取得する独自環境変数が、スマホ版とPC版とでは異なるようで、当初PC版で使っているスクリプトをそのまま使ってみたところ、拍手時にエラーが返ってきてしまいました。
よって、現状では、「サイト用の拍手タグ作成」で作成したスクリプトをそのまま貼り付けるしかありません。これにより、どの記事への拍手かわからないという現象が起こります。スマホ版の環境変数が判明すれば、多分解消出来ると思うんですが、HTMLの編集が出来ない現状では解析出来ません。どなたか知りません?情報求む。

3)に関しては、「小さくて見づらい」の一言に尽きます。ピンチアウトで拡大して頂くしか。

以上、現時点での暫定的方法と問題点でした。

※ちなみに、同じような方法で色々なスクリプトをスマホ版に盛り込むことが出来ます。というかそこから応用した結果がこれなんですが(汗)。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:41 | TrackBack(0) | ブログ・HP関連

2012年11月05日

無題

とりあえず、いつまでも水着でもないだろうと思い、HPのタイトルイラストを差し替えました。
結構古い絵ですが、季節感は丁度いいかな、と。

何故新しい絵でないのかは、お察し頂けると幸いです。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:26 | TrackBack(0) | ブログ・HP関連

2010年08月01日

当ブログもう一つの記念日。

…うーむ、8月になってしまったか…。むーん…唸るしかないなぁ…。

さて、今日8/1は、当ブログがNIFのココログからFC2に移転してきた日。事実上の開設日と言ってもいい。ココログではほぼテスト運用だったからね。
備え付けのカウンターも、基本的には今日が起算日(実際には設置とかテストとかで事前に多少回ってたけど)。
そのカウンターの数字を見てみれば、うちの過疎ぶりがわかるってもんだ。1年間で約10700。この中にはどうしても自分自身のアクセスとかページ移動とかが入ってしまう(そういう造りだから仕方がない)ので、実数では半分くらいだろう。半分の5350を12で割って、約446/月。さらに30で割って約15/日。これがこのブログの「実力」だ。
(ただ、FC2のアクセス解析では600〜700/月のユニークアクセスがある事になっている。まぁそれでも大差はない。)

何とも寂しい数字ではあるが、それも致し方あるまい。特定のテーマに特化していない雑記ブログは、一部の例外を除けばどこでもこんなものだろう。しかもコメント欄も開いていないとなれば、まぁとりつく島もないわなぁ。
まぁね、人が集まれば集まったで色々面倒ごとも起きがちだし、これはこれでいいのかな。

そんな訳で、今後もこの過疎状況を利用してゆるーくやっていきますんで、数少ないリピーターの方(いるの?)もそうでない方もよろしくです。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:31 | TrackBack(0) | ブログ・HP関連

2009年07月11日

まだまだ調整。

このブログ、まだまだ毎日のように色々細々といじくり廻していたりします(汗)。決して見切り発車じゃなかったつもりだったんだけど、本格的に使い出してみると、あちこち気になる点とか直したくなる点とか出てくる訳よ。

それでいろいろやってて、俺はスタイルシートをナメていたようだということに気づき始めてたり。テンプレートをいじっていく段でかなり色々出来る感触。お陰でCSSのフィーリングが少し解ってきた。本家HPの改装時には役に立つかな。ってやるのか?本当に??

スタイルシートというかテンプレートと言えば、なんだかんだ言って結局実地テストになっちゃうのが見苦しいなぁ、と。まぁ、正直アクセスなんざめっちゃ少ないので、「被害者」はほとんどいないし、そうなった人はむしろ運がいいくらいかも(苦笑)。

表示の確認には、IE6・Fx3.0系・Opera9.6系の3つのブラウザを使ってるけど、IE6と他の2つで表示が違うのが悩ましい。多分FxとOperaが正しくてIEがおかしいんだろうけど。IEだけ世代が古いからねぇ(だからといって安易にバージョンアップ出来ないのがIEの最大の問題点なんだよねぇ)。
うちの本家HPはIEとFx推奨でOpera非推奨なんだけど、ここはFxとOpera推奨でIE非推奨って感じ。やっぱFxで見てもらうのが一番いいのかな。 Safari…?わかりません(汗)。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 01:33 | ブログ・HP関連

2009年07月04日

実地テスト期間?

今月からHPの日記をHTML記述からこのブログに移行した訳ですが、その途端に何だか1日に1回くらいはポストしたくなる衝動に駆られています(笑)。HTMLの時は過疎もいいところだったのにね。
まぁ、最初だけだとは思いますが。何度も言うようだけど、そうそうネタがある訳じゃないですし(苦笑)。

で、ある程度エントリーが積み重なってくると、テスト時にはわからなかったデザイン上の問題点が少しずつ見えてきましてね。平たく言えば、量が増えてくると見づらい、と。

それで、昨夜から今日にかけていろいろと変更を加えてみていた訳です(運悪く?その最中にアクセスされた方、お目汚し失礼)。
NIFのココログって、有料コースでないと大きなカスタマイズが出来ないので、無料コースでも出来るCSS(スタイルシート)のカスタマイズをやってみていたんですよ。それで割合いろんなものが見えてきましたね。

CSSだけで出来る事って、思っていたよりずっと少ないんですね。かなり雑というか。マージンとか無駄に細かくピクセル単位で指定出来たりする割に、ボーダー線は大して種類なかったりとか。ブロックの大きさも案外自由にならなかったりとかね。
結局HTMLと画像イメージなどに頼らないと、定型的なものしかできない感じ(ココログではHTML編集は不可能だし、イメージ利用も限られた場所だけだし)。

最近のHPとかブログとかって、似たようなデザインばっかりだなぁと思っていたんですが、案外CSSが原因なのかも知れないですねぇ。

それより、CSSに関するいい解説書ってないんですかねぇ。解説書は手元に2冊ある事はあるんですが、一方は上面をなぞりすぎで知りたい事は何も書いてないし、もう一方はテクニックの解説本で基本をすっ飛ばしてるし。
共通しているのは、コマンドリファレンスがほとんど無い事。そういう本が一番欲しいんだけどなぁ。HTMLにはそういう本があるんだけど…。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 09:02 | ブログ・HP関連