2010年09月30日

[PCパーツ]需要は…?

むー、9月も今日で終わりか。どちらかと言えば酷い事の方が多かった、というか1:9の割合で酷い事の勝ちな月だった。
5,000円以上もするMINICHAMPSの1/43レイトンハウスCG901Bはハズレ個体だったし(実は2回交換してもらったんだが、その度にもっと悪くなっていって…(泣))…ショックだけど縁がなかったんだなぁ…。近所にどこかモデルカーを扱うショップって無いのかなぁ。通販じゃ酷いのを掴まされるばかりだよ。
よかった事といえば、FR初投稿から約20年を経て、初めてKさんとお会いできたことくらいなものだ(まぁ実際は8月のコミケ以来2度目ではあったんだけど、腰を据えてお話をしたのは今月が最初だ)。

お陰で今月は絵を描く気力なんか無かったよ。仕事絵の話でも入っていれば違ったんだろうけど、プライベートで描く気力なんか全くゼロだったわ。
来月はもう少し運気が持ち直して欲しいものだなぁ…。


閑話休題。久々にPCパーツの話。
・玄人志向、PCIバス用のUSB 3.0拡張カード
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100930_397046.html

…まぁね、どこかが出すんじゃないかって気はしてたんだけどね…。
存在意義が全くないとは言わないよ。少なくともプロトコルとしてのUSB3.0が、このカードによってPCIeを持たない旧型PCでも使用可能になる訳だし、そこまで古くないPCでも近年余り気味傾向のPCIバスの埋め草にはなるだろう。
ただ、速度的にはUSB2.0と大した差は出ないだろうね。

そうなると、「次世代規格がとりあえず使えるUSB2.0カード」と言うくらいの位置付けになるんだろうね。何らかの理由でUSB拡張カードが必要な向きには選択肢になるかも知れない。ただし価格次第。
どこまで需要があるかはちょっと疑問。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 19:29 | TrackBack(0) | PC関連

2010年07月14日

Win2kサポート終了の影で。

前々からアナウンスされていた事ではあるが、本日7/14をもってWindows2000(Windows NT5.0)のサポート期間が終了する(終了したと言った方がいいか?)。永らく現役OSだった2kもとうとうMSによって引導を渡されたって訳だ。

その影で、同時にひっそりと「終焉」を迎えたものがある。NECのPC-9800シリーズだ。
何?そんなものとっくに終わってただろうって?確かに現行商品としては終わってたさ、とっくの昔にな。でも、最新PCのような高性能を求めさえしなければ、PC-9800シリーズはまだまだ「パワーユーザではない一般ユーザーでも道具として何とか使える」存在だった(実際にはパワーユーザーでないと少々無理があったのだが)。

その原動力は、シリーズ終焉の直前に発売されたPC-98用Win2kだ。もちろんアプリもパーツも周辺機器もPC-98での使用を保証しなかったが、Win2kの高度な抽象化のお陰でかなりの製品がPC-98で問題なく使えていた。
そしてMS(とその影のNEC)によって、PC-98用Win2kもAT系のそれと同等にサポート・メンテナンスされてきた。だから、少なくとも既知のセキュリティ問題に関しては今日までフォローされ続けてきた。
これらの事が、PC-98を第一線あるいは第二線、いや第三線とかもっと後ろかも知れないが、ともかくその能力に見合った現役で使用し続ける事を可能にしていた。
PC-98自体は1997年で事実上の開発停止になっていた。それを思うと、Win2kのお陰で実に13年間も「使える道具」であり続けた訳だ。

そのWin2kがここで終わった。その事によって、それに支えられていたPC-98も、少なくともネットユースのWindowsマシンとしては使えなくなった、という訳だ。
無論、2kのサポートがなくなったからと言って直ちに「機械的に使えなくなった」訳ではない。表面的には何も変わらない。しかし今後はセキュリティホールが見つかっても修正されない。AT系なら上位のOSにアップデートすればそれで済むが、これ以上上位のOSがないPC-98ではお手上げだ。

もちろん、それはWindowsに限定した場合の話だ。UNIX系のOSには暗いのでよくわからないが、もしかしたらLinuxとかBSDならまだ何とかなるのかも知れない。が、いずれにしても一般的でない事は否めない。まぁ、今敢えてPC-98を使う猛者にはその程度のスキルはあるのかも知れないが。

という訳で、一般的なPC-98の今後としては、基本的にはインターネットからは切り離されスタンドアローンもしくは閉じたネットワークの中で、PC-98でなければ困るMS-DOSなどの過去のアプリ遺産を実行する環境として限定され、辛うじて残されていく事になるだろう。実際は既にそうなってはいたが、さらに範囲が限定されていくのは確実だ。そしてそれも需要としてはどんどん縮小していく事だろう。
全盛期を知る人間には寂しい話だが、時代は流れていくという事なのだろうな。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:30 | TrackBack(0) | PC関連

2010年06月29日

繋ぎだよね。

・BDA、最大128GBを実現した「BDXL」フォーマットを策定
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100628_377295.html

んー、久し振りのPC関連日記だな。

正直な話だが、このBDXLとやらにはあまり関心がない。光ディスクはもはや物理的・技術的にもコスト的にも保存性的にも先の短い媒体だと思っているからだ。
リムーバブルメディアとして使うならライトワンスではなくリライタブルでなければ使い物にならないが、そのメディア価格は現時点で既に気軽に購入出来る金額とはほど遠くなっている。そこを放置したままで大容量化されても有り難みはない。
そして、一時期MOなどで直径9cmまで小さくなったメディアサイズは、1980年代の技術であるCDの呪縛によって直径12cmに拡大し固定されてしまった。このサイズは正直、保存には大きすぎる。

SDカードやUSBメモリ等のメモリ系媒体はダウンサイジングと容量増大、そして低価格化が同時進行している。それと比べると、光メディアはどうしても時代遅れに見えてしまう。アドバンテージはほとんど無く、ディスアドバンテージだらけの光メディアは、遅かれ早かれ駆逐されていくように思う。

ただ、それはすぐの事ではないだろう。というのも、置き換わるであろうメモリ系メディアにも、まだまだ問題が山積しているからだ。
特に、現在主流のフラッシュメモリは、既に様々な限界が見えてきていて、光メディア後継とするには無理がある。

現時点で個人的には、相変化メモリがその役に就く可能性が最も高いと見ている。フラッシュメモリ以上の微細化・大容量化の可能性があり、現時点でも比較的安価であり、記録内容の保持に電気を利用しないので堅牢であり、書き換え回数はフラッシュメモリより数桁多く…etc。
が、現実として相変化メモリはまだフラッシュメモリを追い越すには至らない。まだまだ解決すべき問題は多いのだそうだ。

しかし、そう遠くないいつかにはクロスオーバーの時期がやってくる。その時こそ、光メディアがレガシーに追いやられる事になるだろう。


※ただし、過去の遺産というものはやはり強い。その事は、細々とはいえVHSビデオが2010年の今でもまだ使われている事からもわかる。しかも、光ディスクは曲がりなりにもデジタルメディアなので、VHSよりは劣化に強い。
仮にメモリ系メディアが今日主流になったとしても、そうね向こう10年は併走するのかもね。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:16 | TrackBack(0) | PC関連

2010年05月27日

細く長くインパクト。

・エプソン、USBとEthernetに対応したドットインパクトプリンタ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100527_369818.html

おー、ドットインパクトプリンタの新製品とは。

記事にも「コンシューマ市場では中心的存在でなくなって久しい」とある通り、PCを扱う店舗でも業務用機器を置くような相当大きい所でないと見かけなくなったドットインパクトプリンタ。しかし昔はこれがプリンタの主流だった。その頃は「ドットマトリックスプリンタ」という呼び名もあった。

どんなものか知らない人もいそうだけど、今でも使われているところは見ようと思えばすぐに見られる。例えば銀行のATMとか記帳機とか。通帳記載が出来るものならまず100%この方式のプリントエンジンが内蔵されている。
印字の原理とか特徴とか詳しい事はほれ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC#.E3.83.89.E3.83.83.E3.83.88.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.91.E3.82.AF.E3.83.88.E6.96.B9.E5.BC.8F

連続紙や複写用紙に打ち出せるのはほぼこの形式だけだし、簡単に置き換えが利かない制御システムとかの保守用としても、まだまだ需要はあるんだろうな。
「物理的に打ち付ける」という特性と、ある程度の柔軟性を持ち合わせた印字方式は他にないから、何だかんだ言ってこの先も長い事生き残るんでしょうねぇ。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:05 | TrackBack(0) | PC関連

2010年05月11日

[地雷覚悟]M3N-HT BIOS3002。

ASUS M3N-HTの新BIOS「3002」が、5/7付で公開された。
このBIOS、「PhenomIIX6 1090Z」という謎の?CPUをサポートしたと言うことだが、そのOPN(Ordering Part Numbers:発注型名)は「HDT90ZFBK6DGR」となっており、これはPhenomIIX6 1090Tと同一だ。ということで、PhenomIIX6をサポートした最初のバージョンとなる。

この3002、例によって?色々とトラブルが発生しているようだ。2803の時と同様、特定のCPU(またも965BE)でクロックがスタックする症状が出ているとか、PhenomIIX6で新搭載されたTurboCore機能(IntelのTurboBoost類似の機能)周りの制御もおかしいらしく、本来は変動しないはずのHyperTransportクロックが変動したりもしているとか。
正直なところ、「とりあえずPhenomIIX6の型番を認識するようにしました」レベルの対応度でしかなく、急ぎでない限りあまりお奨めは出来ないと思われる。

ただ、今回の3002は、リリースされたことそのものに意義があると言ってもいい。これはつまり、ASUSはM3N-HTにおいて、改良K10をサポートすることが可能だしその気もあるという意思表示だからだ。
次世代のBulldozerまで対応出来るか・してくれるかどうかはともかく、少なくともK10世代のうちは何とかしてくれそうだ、と言う意味で価値がある。

しかし、待てるなら次のアップデートを待った方が賢明ではあろうな。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:43 | TrackBack(0) | PC関連

2010年04月30日

音はすれども姿は見えず。

何げに気付いてみれば、今月ももう終わりなんだな。明日から5月だって?何だか今年は例年にもまして「春」がなかった感じだよなぁ。

あ、さて。
このところPC廻りから異音が発生することが多くなってきた。異音の種類は2つ、「ジリジリ」「ビリビリ」という感じの音(以下、「ジリジリ音」)と「カチン、カチン」というリレーのような音(以下、「リレー音」)。起こるタイミングは不定期だが、体感的には強風時によく発生している感じがする。風の強い日だった昨日もかなり酷かった。
現在のところ、音が気になる以外の実害は発生していない。が、この現象が酷い場合、時折UPSが過電流を検知してピーピーうるさい事がある。うるさいのが問題なのではなく、UPSが動作するほどの過電流が発生している可能性がある(あるいはノイズなどによる誤作動を引き起こしている可能性がある)のが恐い。
この2つの異音、後者の発生時にはほぼ前者を伴っており、無関係とは考えにくい。これは一つの鍵だ。

問題なのは、こうした現象は認められるものの、どこが鳴っているのかという発生源がなかなか特定出来ないこと。前述の通り、異音の発生は不定期であり、割合長く続くこともあるにはあるが単発的に起こることも多い。音がして、さて調べようとした時にはもう治まっている…といった具合で、長いこと尻尾を捕まえ損なってきた。
とりあえず、うるさい事と、原因特定の第一歩としてUPSを物理的に切り離したが、現象は変わらない。ジリジリ音についてはLCDの電源やインバータを疑ってLCDの電源ケーブルを抜いてみたが、やはり起きる時には起きる。PCの電源ユニットを疑ってもみたが、特定には至らない。
んー、どうしたものか…。

しかし昨日、少なくともリレー音がどこから発生しているのか、その発生源を特定することが出来た。リレー音は自然発生だけでなく、お絵描き用PCのメイン電源スイッチ(電源ユニットの、ね)をON・OFFすることで(正確にはONの瞬間に)意図的に発生させられる事に最近気付き、ダメージを与えないよう気をつけながら操作して追いかけ、発生源に辿り着くことが出来た。
見つけてみれば、それは思いがけない場所だった。

リレー音の発生場所は、何と?OAタップ。ノイズフィルタと雷サージを内蔵した(ブレーカーは内蔵していなかったと思う)割と高価な品だが、使用開始してからかなり時間が経っているものだ。コイツがカチンカチンと音を出している。コイツはPC連動コンセントも備えているので、そのリレーかも知れない。
OAタップは消耗品というが、年季が入っているだけに内部的に劣化していても不思議ではない。ちょっと惜しい気もするが、ここはご引退願おう。

という訳で、本日のお昼休みに撤去した。これでリレー音はしなくなるだろう。
ただ、本当にOAタップそのものが原因なのか、そこまではわかっていないので、外部的要因があるのなら安心してはいられない。それに、ジリジリ音についてはまだ発生源が突き止められていない。それについてもOAタップが原因だったのか、それとも原因は別にあるのかも今のところわかっていない。
何日か様子を見て、相変わらず音がするようなら、敢えてUPSを復活させてみよう。それで過電流が起こるかどうかがわかるし、起こっているなら恐らくは漏電だから原因箇所を探らなければならない。メインPCのPCケースが疑わしいかな、あれに収めたPCパーツの故障率が妙に高い気がするし。

しかし…電気にしろ音にしろ、目に見えないものだけにトラブると本当にやっかいな代物だよなぁ…。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 17:34 | TrackBack(0) | PC関連

2010年04月24日

FD、いよいよソニーも。

・ソニー、フロッピーディスクの販売から撤退 需要急減で
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100423/biz1004232238033-n1.htm
元記事がなくなりそうなので内容も引用。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ソニーは23日、パソコンやワープロの記憶媒体に使われるフロッピーディスク(FD)の国内販売を来年3月で終了すると発表した。同社は1981年に世界に先駆けてFDを発売して市場を築いてきたが、USBメモリーなど新たなデータ交換の手段が普及して需要が急減しているため、中国メーカーに委託しているFDの生産を打ち切る。

 ソニーは国内のFD市場で約7割のシェアを持つ最大手。1981年に世界で初めて3・5インチのディスクを商品化し、持ち運びやすさから、パソコンやワープロの代表的な記憶媒体として使われた。

 ピークの2000年度には国内で約4700万枚を出荷したが、その後は容量の大きい新記憶メディアが主流となり、09年度は約850万枚に落ち込んだ。

 日立マクセルや三菱化学メディアなどの大手も2009年春にFDの販売から撤退している。ソニーはすでに海外での販売を今年3月末で終了しているが、国内ではFD6種類の販売を続けてきた。ただ、昨年9月末にFDの駆動装置生産から撤退しており、今回の決定で、FD事業から完全撤退することなる。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

現時点では何故だかIT系のネットメディアはこの話を全く取り上げていないので、一般ニュースだけど。

去年8月にFDDから各社撤退の動きが報道された際、ドライブについてソニーはまだ2010年4月以降の態度を決めていないとあった。でもこの記事を読む限り、ドライブの生産はとっくに終了していた事になる。確かその事についてアナウンスはなかったと思う。何というか、ちょっと裏切られた思いがする。
(追記:)
すみません、ソニーのFDドライブ生産終了については、昨年9月上旬に報じられていました。単に見落としただけだったようです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/10/news067.html

ソニー以外の各社の動きが昨年の報道の通りだとすれば、この4月で国内メーカーはFDDから全撤退となろう(実際にはワイ・イー・データの動きがはっきりしないが)。
PCのM/Bから軒並み接続端子がなくなり、(日本メーカーの)ドライブの生産が終わり、メディアの販売もあと1年ほどで終わる。これでFDDはフェードアウト、と言うよりはシャットダウンとなる訳だ。
その後は、FDの資産は残された古いドライブと古い(とは限らないか)PCとOSで保守されていくことになる。OSはともかく、PCもドライブも機械だから、それらが寿命を迎えた時イコールFD資産の寿命だ。

これがデジタル機器、というか電気的記録手段の恐いところだな。情報が記録されたメディアがあっても読み出す装置がなければただのゴミとなってしまう。遺跡の壁画のようにはなり得ない。今回はたまたま?FDDだっただけの話で、どの記録装置も根本的に同じ問題を抱えている訳だ。

それならば新しい記録装置に情報を移していけばいいじゃないかという声もありそうだが、話はそう簡単ではない。新しい装置へと引き継いでいける情報というのは、「装置に依存しない」かつ「何らかのプロテクションを施されていない」ものに限定されるからだ。特に後者は「著作権保護」を名目に、近年に開発されたものほど条件が厳しくなっていく傾向にある。
FD資産にも(特に市販ソフトについて)プロテクトされたものが数多く存在し、しかもそれを解除する事は技術的には可能でも著作権法的には不可能だ。著作者の許諾なしに意図的にプロテクトを解除する事は犯罪、という訳だ。
四半世紀の歴史を持つFDには、既に現存しないソフトメーカーが制作したソフトウェアが無数に存在し、それらの大部分は誰が著作権を継承しているのかわからなくなっている。許諾を得ようにも得られない訳。だからといって著作権の消滅を待っていてはFDメディアもドライブも、そして許諾を得ようとする者も、恐らくはその前に消滅してしまう。そもそも、そんな状態ではいつまで待ったらいいのかすらわからない。

話はFDからやや逸れる、というか大きくなってしまうが、現在の記録装置、そして資産は(一部の例外を除いて)根本的に同じ問題を持っている。そして「著作権保護」を名目とする権利者の利益主張の声は日増しに大きくなるばかり。
このまま行けば極端な話、例えば1世紀後には、21世紀前半の記録はサルベージする事も叶わず消滅し、人類史上初めて記録のない時代が出現する、なんて事にもなりかねない。
この機にそう言う事も少しは考えてみてもいいんじゃないだろうか?


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 14:45 | TrackBack(0) | PC関連

2010年04月23日

新製品、ねぇ。

寒いっ!昨日に引き続き寒いっ!!つーか昨日より寒いっ!!!
一体どうしたというのだろう、これわ…?

本題。
・プレクスター、12倍速のBlu-ray Discドライブ「PX-B940SA」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100423_363339.html

…どうみても他社(ベゼルからするとパイオニア?)OEMです、本当にありがとうございました。

もはや今のプレクには新型の光学ドライブを開発するリソースなんか残ってないんだろうな。
自社開発製品を出さなくなって久しく、既にシェアなんかないだろうに、それでもOEM供給を受けてまで自社ブランド製品を売り出すメリットって何なんだろう?わかんない。
プレクのドライブの売りのひとつに、専用ユーティリティであるPlexToolを使って性能を引き出せることがあったんだけど、他社OEMドライブじゃそれもないし、ユーザー側には何のメリットもないな。

しかも販売元がシネックスってどういうことよ?確かにまぁ、プレク(というかシナノケンシ)は販売子会社であったプレクスターを吸収合併(と言えば聞こえはいいが実情は流通部門廃止)してブランドだけ残している状態だから、小売りのためにどこかの代理店を通す必要があるのかもしれんけれどもだ。

これ買うくらいだったらおとなしくパイオニアなり何なりの元製品を買うよ、だってその方がファームウェアとかのサポートが早くて安心だもの。


追記:
海外サイトの怪しげな(汗)情報によると、PX-B940SAはやはりパイオニアOEMのようだ。となると該当する元製品はBDR-205、かな?

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:59 | TrackBack(0) | PC関連

2010年04月13日

Adobe税…

・アドビ、“レンズプロファイル”や“HDR Pro”を搭載した「Photoshop CS5」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100412_360728.html

…え!もうCS5なの??CS4が出てからまだ1年ちょいじゃん…(汗)。
いかに本来はプロユースのアプリだからって、こんな短い期間で頻繁にバージョンアップされちゃ敵わんよ…。
これじゃ「Adobe税」と揶揄されても仕方ないよ。最先端のクリエイター様は買わない訳に行かないだろうしねぇ。まぁ俺は底辺絵描きだから違うけど。

つーか、未だに5と7で引っ張っててCS3も4も持っててもインストールすらしていない俺がこれ買っても仕方ないよなぁ。SAIのアシストがあれば今以上の機能は必要ないしなぁ。5000円台で買えるイラストスタジオですら意味を見いだせずに購入していないくらいなんだから。

こんな状況だから、64bitネイティブで安定してくると思われるCS6とか7とか辺りでアップグレードして、その後はもう要らないかも知れない。それまで絵描きでいるかどうかもわかんないし。人生何が起こるかわからないからね。
という訳で、今回はパス。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:41 | TrackBack(0) | PC関連

2010年03月28日

静観するのみ。

AMDの6コアCPUである、コードネーム"Thuban":PhenomIIX6とその2コア無効版である4コアCPUの、コードネーム"Zosma":PhenomIIX4 xxxT。
今年の第2四半期(って事はもうすぐかも知れないし夏前かも知れない)に登場予定という情報が出回っている。
これらは単なる旧来のK10のコア増やしではなく、IntelのTurboBoost類似の高速化技術などが新たに盛り込まれた上に省電力化された改良版K10で、(個人的に)意外と期待度が高い製品群だ(特にPhenomIIX4 xxxT)。

で、ASUSから対応M/Bのリリースが出た。
http://event.asus.com/mb/2010/m4_6cores/

…何だよ…対応するのって最新のM4シリーズ世代だけなのかよ…。てことは、うちのM3N-HTなんか余裕で爪弾きな訳ね…。
ソケットがAM2以上でVRMに余裕がありさえすれば、新機能が使えるかどうかは別としてBIOS対応だけで新CPUが使えるってのがAMDプラットフォームの売りなはずなんだが…結局はM/Bベンダーのやる気一つなんだな。
改良K10ですらこれじゃ、次世代の"Bulldozer"になんて到底対応してくんないんだろうなぁ。

一応、上記リンクの最後には、
"ASUS continues to add new models regularly to take full advantage of this new technology, please check back here often for updates."
(ASUSは新技術をフルに利用するため、新しいモデルを追加し続けますので、今後もこの(リストの)更新をチェックして下さい)
とはあるけど、原文の"new models"が新製品を指すのか、既存モデルの新規対応を指すのかはっきりしない…というより前者を指している気がするので、あまり希望は持てないなぁ。

まぁ、現状でもCPUパワーは間に合ってます的状況だし、そもそもそんなところにかけてる金はないので、俺個人としては静観あるのみだけど。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:02 | TrackBack(0) | PC関連