2010年08月02日

[F1]ハンガリーGP決勝。

もうね、本当に手短に。

この週末はF1ハンガリーGPだった。しかしすっかり忘れててFPは全部見逃した。辛うじて予選のCS中継開始5分前(誇張ではない)に気づき、予選と決勝は観た。

正直な話、俺はハンガロリンクは好きではない。今回ウェバーが事前に「スタートから300m(で全て決まってしまう)レース」と発言していた事からもわかる通り、狭くてツイスティで抜きどころがない、一度走り出してしまえば延々と「パレードラップ」が続きがちな、退屈なコース。
今回忘れかけていたのもそのせいかも知れない。
しかし、稀にとんでもない事が起こるのもこのコースであり、迂闊に無視も出来ないのも事実ではある。

決勝を一言で言えば、「相変わらずマシンだけ速いがチームとしてはお粗末なレッドブル」という事。1-3フィニッシュは上出来ではない。あのマシンなら1-2が当然で、それが出来ないのはチーム力がないからだ。
マクラーレンは本当にパッとしなかった。ハミルトンがギアボックストラブルでリタイアするまで4位を走っていたが、あれが今のマシンの120%だったんだろう。100%を超えて走ればトラブルだって起こる。8位フィニッシュのバトンの位置が相応なのだろう。
彼らはブロウン・ディフューザーを導入してから明らかにおかしくなった。マクラーレンの空力には合わないのかも知れない。これから次のベルギーまでは4週間の夏休みが入るが、その間の大部分は完全に休まなければならない。つまりコンピュータシミュレーションすら出来ないという事だ。
無論何らかの「抜け穴」を突いて開発をするだろうが、それはどこのチームも同じだし、出来る事は限られる。劇的な改善は期待出来ない。とはいえ、圧倒的な開発力を持つチームだけに、そんな中でどこまで挽回してくるか、逆に興味が持てる。

そのマクラーレン・バトンの8位がメルセデスエンジン勢3チーム6台の最上位であり、今回のメルセデスエンジンは事実上の全滅状態だった。メルセデスエンジンは最強と言われているが、実は案外そうではないのではないだろうか。
確かにピークパワーはトップだろう。しかしドライバビリティは明らかにルノーに負けている。だからこことかモナコとかの中低速コースでこうなってしまう。燃費だって実はそんなによさそうではない。フェラーリを含め、それぞれのエンジンに一長一短があるように思う。

で、「本家」のメルセデスGP…もう最悪のレースだった。ロズベルグの方はチームが悪いのでお気の毒と言うところだが、問題はミハエル。彼の走りははっきり危険だ。バリチェロへの幅寄せは、相手が熟達したベテランだったから事故にならなかったようなものだ。バリチェロが無線で激怒していたように、ミハエルはあの場で黒旗を振られるべきだった。次戦で10グリッド降格というペナルティもはっきり言って甘い。出場停止にしてもいいくらいだ。
ミハエルの危険走行は今季至るところで見られる。カナダGPでもクビサとマッサを壁に追いやろうとし、実際にマッサは壁の餌食になった。バトル関係になりやすいフォース・インディアの2台とは度々接触している。
彼の悪いところは、彼自身の弁とは裏腹に、バトルでラインを1台分残そうとしない事だ。これは本当に悪い癖で、自分がやられそうになると本能的に相手を「撃墜」してしまう。故意でないところが逆に質が悪い。デビュー時から全く変わらない悪癖だ。
「問題のシーン」はここの画像がわかりやすい。
http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/240336/

さて可夢偉くんだ。
予選順位から考えれば上々の9位入賞だが、やはりスタートが全てと言っていい感じだった。あそこで大きくジャンプアップした事でその後に繋がった。どんな状況下からでも着実に結果を出す姿は本当に頼もしいし、彼自身の市場価値を考えても非常によい事だ。パーソナルスポンサーがいなくてもシートが得られるドライバーになりつつある。逆に言えば、それだけのドライバーにスポンサーが付かないのはどう考えてもおかしいんだが…。

むぅ、手短と言いながら長くなったな(汗)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:19 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年07月23日

[F1]爆発力。

今週末はF1ドイツGP。
今日はFP1・2だが…ウェットがらみで正直あまり楽しくなかった。

ただ、一つだけ凄いものを見た気がした。
マクラーレンのハミルトン、FP1でクラッシュを喫し、マシン修復のためFP2の大部分を走れなかった。
そのマシンは、前回導入に失敗したブロウン・ディフューザーのテスト車で、データ取りのため多数のセンサー類を装備していたらしい。が、そのクラッシュにより3/4は破壊されたらしい。

FP2で修復されたマシンはFP1と同仕様かどうかも不明で、しかも急仕立てのためバランス調整もクソもあったものじゃないと推測される。普通のチームとドライバーなら「とりあえず走れるかな」レベルだろう。
ところがハミルトンは、FP2残り10分弱でハードタイヤでコースインし、そのまま10周してトップから「僅か」0.7秒遅れの7位のタイムを刻んで見せた。
これが彼の持つ「爆発力」だろう。何があってもマシンを従わせてタイムを出してしまう。そもそもクラッシュは彼自身のせいなのかも知れないが、そこを「自業自得」で終わらせない。
彼の素行や人間性は決して褒められたものではないが、ドライバーとしての抜きん出た能力は認めざるを得ない。
それが見られただけでも、彼のクラッシュは無駄ではなかったのかも知れないと思ってしまうのは不謹慎だろうか。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:49 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年07月12日

[F1]イギリスGP決勝。

今日は体調が谷底に近いのでほんのちょっとだけ。

今回のGPは、またしても「速いが拙い」レッドブルと「速くなくてもレース巧者」マクラーレンの対比になった。
あれだけ飛び抜けて速いマシンを持っているだけに、レッドブル・ウェバーの優勝は順当だった。
しかし、予選4位と14位から2-4フィニッシュをもぎ取ったマクラーレン勢は、チームとしてとにかく強い。特に今回のマシンは、アップデートが完全に裏目に出てしまい、2日目に突貫工事で組み直した「あり合わせ」の急造品だった。それでこの結果を出してしまう。これがこのチームの底知れない力であり、他チームにとっては最後まで警戒を解けない嫌なプレッシャーだ。
チーム力ではレッドブルはどうやってもマクラーレンには歯が立たない。その事がそのままランキングに現れている。
そのレッドブル、またもチーム内で不穏な空気が流れているようだ。結局、マネージメント力が圧倒的に足りないのだ、このチームは。

そしてフェラーリ。ここはレッドブルよりももっと深刻かも知れない。特にアロンソは、チームと本当に上手く行っていない事を無線で暴露してしまった。レースも半ばにしてチームに向かって「もう話し掛けるな」とは、思っていてもここまでストレートには言えないだろう普通。
結局彼は、自分が圧倒的No.1でない限り不満を言わずにはいられない質なのだろう。そして自分で立場を悪くしていく。その地位が与えられていたルノーでしかチャンピオンが取れていないのは、そういう事なんだろうね。
チーム内のコミュニケーションもレースマネージメントも最悪で、悪い時のフェラーリってのはいつもこうだ。こんなでは、折角上向いてきたマシンパワーも何の役にも立たない。

可夢偉くん。彼は本当に凄いドライバーだな。
正直今回はダメだろうと思っていた。予選の順位は12番手と(ザウバーにしては)それほど悪くなかったので、上手くやればポイントは取れるかも知れないけど期待しないでおこうくらいに思っていた。
今回の6位は、もちろん運もあっただろう。が、そこにいなければ獲得出来ない。今回の彼は「そこにいるために」細心の注意を払ってドライブしていた。前回のような目立つシーンはなかったが、あのC29をトップクラスのスピードでドライブし続け、TVでは目立たないような地味な我慢を重ねて6位を勝ち取った。

彼の本当に凄いところは、実は速さではない。どうやってレースを生き残るかの組み立てと、それを着実に実現する実行力だ。もちろんレーシングドライバーだから、前にクルマがいれば闘争心を燃やすが、行けるか我慢するかの見極めが的確で、行けるとなれば確実に仕留める。カナダでは失敗したが、逆に目立つ失敗はそのくらいだ。

まだ評価には早いきらいはあるが、少なくとも現時点で彼は、これまでの日本人にはいなかった「F1向き」のドライバーだ。
降って湧いたような与えられたチャンスをきっちりモノにするし、マシンが悪くても腐らない。それどころかそのマシンでビックリするような走りを見せる。現時点でもクレバーだし、毎戦着実に成長している。
たった一度の失敗で最低点を付けたドイツメディアには、裸でシルバーストーンをランニングする覚悟をしておけといいたい。
彼はまだ充分に若い。見る人はきちんと見ている。彼のためにも、過大な期待はせず控えめに見守りたい。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:36 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年07月09日

[F1]ロレンツォ・バンディーニ賞。

・L.ハミルトン、ロレンツォ・バンディーニ賞受賞へ
http://www.fmotor.net/f1/news/2010/100707_01.htm

この賞は、一定の活躍を見せた有望な若手ドライバーに与えられるものらしい。
んー、でもね…何でこのタイミングでハミルトンなの?って気はする。
確かに条件には当てはまっているんだろうよ。でも、彼のこれまでの行動や人間性からすると、さらに賞を与えるというのはどうかと思ってしまう。現に彼は、今正にオーストラリアで交通違反の被告の立場でもある訳だし。
とはいえ、彼はワールドチャンピオン獲得という大きな実績を残してもいるし、そんなドライバーにやらない訳にもいかないって事情もあるんだろうけどね。


・山本左近、ブルーノ・セナに代わってイギリスGPに参戦
http://f1-gate.com/sakon/f1_8275.html

左近を乗せるのはいいとして、何で降ろされるのがブルーノなんだ?って疑問はある。チャンドクと比べてもそれほど引けを取っているようには見えないんだが。もしかしてチームと上手くいっていないのかも。
まぁそもそも、HRTのマシンに乗ることがプラスなのかマイナスなのか自体が疑問ではあるんだが(汗)。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:44 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年06月28日

[F1]ヨーロッパGP決勝。

…ぐぁー…何なんでしょうかこのド湿気は…?
もはや息をするのも苦しいレベルだなぁ…。


さて、お題の件。
細かい話はF1ニュースサイトでご覧頂きたい。以上。

と、これで終わってはナニなのでちょっとだけ。
バレンシアはコース自体がつまらないのでレースもつまんないものになるかと思いきや、案外そうでもなかった。
その立役者は言うまでもなくM・ウェバーと可夢偉くん。
10周目のウェバーとコバライネンの大クラッシュによるSC、その時にピットに入らずステイアウトし、プライムタイヤで引っ張る判断をした可夢偉くん。ザウバーのマシンでは限界だっただろうハイペースで長いこと3位を走行、これがチャンスを引き寄せる糸口となったのは皆さんもおわかりだろう。

彼は53周(全57周)でタイヤ義務消化のためピットインした訳だが、これには疑問が残る。彼のタイムはネガティブデグラデーションのため上がり続けており、トップクラスのタイムを刻んでいた。あと数周粘っていれば、比較的楽にアロンソやブエミの前・7位でコース復帰が可能だっただろう。予定されていたとはいえ、そこは柔軟な作戦変更が出来なかったものだろうか?
その後、彼はコース上でアロンソとブエミをオーバーテイクして、自力で7位をもぎ取った。それは大金星と言っていい素晴らしい走りではあった。言うまでもなく称賛に値する。
が、それは全て結果オーライだったからであって、仮に接触でもしてリタイヤしていたら評価は正反対になっただろう。彼の勇気あるファイトは大いに認めるが、そういうリスクをドライバーに極力背負わせないのがチームの仕事ではないのか。
今回の7位入賞は、可夢偉くんのドライブとラックがもたらしたものであって、ザウバーチームは戦略の詰めの甘さについて反省しなければならないと思う。

あと印象的なのがフェラーリ。だが残念なことに走りがではない。あのチーム、社長からドライバーに至るまでぐちぐちと文句ばっかり言い続けている。自分たちは抜け駆け的に姑息な「事前テスト」までやっておきながら、上手くいかないと誰彼構わず八つ当たりばかりだ。これが歴史ある名門チームと思うと情けなくなる。もう一方の雄・マクラーレンとは全く正反対だ。
特にアロンソ、今年の彼は明らかにおかしい。2007年のマクラーレン時代もそうだったが、納得出来る方向に事が運ばないと口もドライビングもおかしくなるのが彼の最大の欠点だ。今年の彼にチャンプの目はない、そう思える。

ところで、今回の話題の一つにブロウン・ディフューザーがあった。パドックでも「今回のレースは焦げ臭いよきっと」「あちこちで火を噴くのが見られるね」と噂されていたそうだ。
でも、実際にはそうはならなかった。どのチームもブロウン・ディフューザー周りのトラブルを起こすことなく無事にレースを終えた。ただ1台リアセクションを燃やしてリタイアしたヒュルケンベルクのウィリアムズは、皮肉なことにブロウン・ディフューザーを導入していない。

ただ、予選はともかく決勝でブロウン・ディフューザーの効果があったかと言えば、そうでもなかったようだ。予選までは今ひとつだったマクラーレン(ブロウン・ディフューザー未導入)が2-3フィニッシュと、とても「防衛戦」とは思えない戦いぶりを見せつけ、やはりレースはマシン性能だけでは決まらないと証明して見せた訳だ。

最後にもう一つの話題として、SCにまつわるペナルティの話がある。確かにスチュワードの動きは遅すぎたし、ハミルトンに対するペナルティが軽すぎる(彼はGP2で同じ事をやった前科者でもある、どうも彼は遵法精神というものが薄いようだ)と言う声も理解は出来る。
が、それはそれ。ハミルトンは言い渡されたペナルティを、許される範囲内で努力しつつ粛々と受け入れた上で2位を獲得したのだし、他の計9名に対するレース後のペナルティが、たったの5秒加算と意外なほど軽かった(ハミルトンはドライブスルーで20秒以上を失っている)ことで、比較論ではあるがハミルトンは充分に罰を受けたとさえ言える。
フェラーリは、ハミルトンの順位が落ちなかったのはおかしいと言っているが、それは状況が生み出した結果に過ぎない。それが納得出来ないというのなら、あとはもうペナルティはタイムロスを課すものではなく「何位落ちろ」という命令にするしかないだろう。だがそんなので本当にいいのか?
ペナルティに関するスチュワードの対応は今後議論されるべきだとは思うが、結果に対してぐちぐちと文句を言い続ける姿は、はっきり言って見苦しいと言っておこう。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:15 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年06月27日

[F1]仰ることはもっともなれど。

・レッドブル代表、「フェラーリはフェアじゃない」
http://www.fmotor.net/f1/news/2010/100627_04.htm

まぁ確かにね。違反じゃないかも知れないけどズルっこいやり方ではあるよね。
タイヤはプロモーション用の専用コンパウンドのものらしいし、もちろんレーシングスピードでの走行も出来ていないから、それほど有意なデータが取れたとは思えないけど、「新しいリアシステムは使い物になる可能性があるか」くらいの情報は入手出来たはずで、それはアドバンテージといえる。

しかし考えてみて欲しい。今回のフェラーリの行為に異議を挟んだのがレッドブルだけであるという事実を。他チームの関係者は誰も何も言っていないのは何故か?

それは、他チームだって多かれ少なかれ同じようなことをやっているからだ。余計なことを言って火の粉が飛んでくるのだけは避けたい。だから黙っているのだ。
C・ホーナーは、それこそピット前を他チームのエンジニアが通りかかっただけで文句たれるくらいの「苦情魔」だし、案外浅慮な人物でもあるので口に出しちゃったけど、恐らくレッドブルだってやっている。今シーズンは最速のマシンを手にしているからやっていないかも知れないが、過去には絶対やっていると断言してもいいくらいだ。
レッドブルも、こんなつまらないチャチャ入れで泥被らなきゃいいんだけどね。ホーナーもつくづく余計なことを口走ったものだ。

まあ、そもそもこんな姑息な事をしなきゃいけないような規定自体がおかしいとも言えるんだが。
何でシーズン中のテストを(直線テスト以外)全面禁止しなきゃなんないんだ?実走テストしていないパーツをぶっつけで本戦投入するような危険を看過するくらいなら、以前のように「シーズン中何日の合同テスト」みたいなものを認めた方が、安全性とコストのバランスが取れる気がするんだがね。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 13:35 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年06月26日

[F1]ヨーロッパGP予選。

たった今、CSで観終わった訳だけど…
まぁー、たったの2週間で随分と各チームのパワーバランスが変わったもんだなぁ、と。

やはり意外だったのはマクラーレン。あれだけ下馬評で強い強いと言われていたものが、蓋を開けてみればレッドブル2台から離されての3位グリッドがやっとというのは…。
今回マクラーレンは目立ったアップデートを持ち込んでいないとの事で、これが正に「一瞬でも立ち止まればそれは後退」というF1の厳しさそのものに見える。
レッドブル風のブロウン・ディフューザー(高エネルギーを持つエンジン排気をディフューザーに吹き付ける事でダウンフォースを引き出す構成をこう呼ぶらしい)を導入してきたフェラーリやルノーが、今のところはパフォーマンスアップを見せている辺りが、それを尚のこと引き立てている。
(もっとも、大量のアップデートを持ち込んだ挙げ句2台ともQ2落ちを喫したメルセデスみたいなチームもある訳で、開発の方向性が重要な訳だが。)
そのブロウン・ディフューザー、マクラーレンはイギリスGPから導入とのことで、僅かな出遅れが少なくとも現時点では大きく響いている感を受ける。

しかし。シーズン中のテストが禁止されている状況下では、ブロウン・ディフューザーの本家レッドブル以外の採用チームは、ここまではよくてもレースディスタンスを走った際にどんな影響が出るのかが不安要素だろう。
マクラーレンのエンジアリングディレクターであるP・ロウは、特に高熱がマシン後部パーツに与える影響について慎重になっているようだ。
http://f1-gate.com/mclaren/f1_8090.html
彼の心配が的中した場合、極端な話マシンが尻から火を出しながら吹き飛ぶという事にもなりかねない。現在のF1はカーボン素材をメインに使っているからあり得る。それに、ブロウン・ディフューザーを前提としていないリアサスペンションシステムは全面的に作り替えるようだし、付け焼き刃の後工事では最適化は難しいし信頼性の確保も不安要素だ。取り回しによっては劣化が酷いこともあるだろう。
まぁとにかく走らせてみるしかないし、最初のうちは壊れるのも仕方ないだろうな。これはFダクトよりも困難な実装だからね。

そんなとこ。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:43 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年06月25日

[F1]負の遺産。

今週末はF1ヨーロッパGP。今FP1を観たところだけど、まぁ特に別に。

それより。
・鈴木亜久里、16億円の返済を命じられる
http://f1-gate.com/superaguri/f1_8102.html

んー。スーパーアグリ(SAF1)の負の遺産かぁ。
まだ地裁判決だからこのまま確定するかどうかはわからないし、実際のところは当事者しかわからないから何とも言えないけど…。
元々SAF1は設立の経緯からして普通じゃないところから始まっているので、こういう問題は起こるべくして起こった感もしないではない。
とはいえ、「夢の跡」がこれってのは、どうにも切なく世知辛いもので…出来れば見たくはなかったよなぁ…。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:44 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年06月14日

[F1]カナダGP決勝の話をちょっと。

えー、まずは昨日のエントリーについてお詫び。
ハミルトンのペナルティは、そもそも(トラックの内外に拘わらず)コース上にマシンを停めた事に対するものでした。それによって、「予選終了後、ピットに戻るまでの最大時間を超過しないこと」というFIAレースディレクター(C・ホワイティング)の通達に違反した事を咎められたという事です。
レギュレーションでは、マシンは走行後に燃料サンプルのため1リッター以上の燃料を残さなければならない事になっていて、マクラーレンはそれに違反しないようハミルトンに停止の指示を出しました。
つまり、予選直後のハミルトンのマシンは、レギュレーションか通達かのどちらかには違反する状態だった訳で、どうせ違反するなら通達に違反する事を取った訳です。
要するにハミルトンはチームの指示通りにした訳で(パフォーマンスはともかく)、その点で事実誤認していました。そこは反省しています。
ただ、ハミルトンのこれまでの行動についての大筋における所見は何ら変わりません。


さて、本題。
カナダGPは「荒れる」のが通例だけど、今回はそれほどでもなかった。いつアクシデントが起こるか知れないコース特性と、最速レッドブルのタイヤ戦略の拙さによる自滅もあって、終盤近くまで誰が勝ってもおかしくない、目の離せない非常に面白いレースだったといえる。
そんな中で、総合的なチーム力に勝るマクラーレンとフェラーリが表彰台を占めたというのは、予想外のアクシデントがほとんど起きなかった今回にあっては、ある意味順当だったのかも知れない。こういうレースを観てしまうと、レッドブルもメルセデスもまだまだ「若いチーム」だなと実感する。

そんな中、一人「荒れる」レースをしていたのがミハエル。CS実況で川井ちゃんが「ベネトン時代(デビュー時代)に戻ったよう」「そろそろペナルティが必要かなという気がする」と発言するほど、進路妨害にも近い露骨なブロックとそれに伴うアクシデントを何回となく繰り返す「無謀運転」ぶりだった。
まぁ川井ちゃんも言ってたけど「おじさんが大人しく走ってても面白くない」ので、観ている側としてはいいけれど、出走する他のドライバーにとってはかなーり迷惑な存在なんだろうな、と。
結局、審議となったF・マッサとのインシデントもお咎め無しとなったけど、あまり他車を「撃墜」するような走りをしていると、いつかガツンとやられるぞ?

あとはそうね、可夢偉くん。ちょっと若さが出たのかなぁ、と。
あそこでオーバーテイクを仕掛けるのはまぁ正しい判断だったんだろうと思うけど、今ひとつ周りが見えていなかったのかなぁという印象はある。
ただ、この週末ザウバー勢は非常に苦しんでいた訳で、自分のマシンとも戦わなければならない状況だっただろうことは容易に推測出来る。いわば「敵」が一つ多い状態な訳で、その状態でバトルする事を考えると…まぁ難しいよね。


以上、簡単に。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:23 | TrackBack(0) | F1その他レース関連

2010年06月13日

[F1]地球の裏側のGPその1。

その2はブラジルGPね。

まぁそんな訳で、カナダGP予選は録画してつい先ほど観た訳。
特にどうこう言う事はない…と思ったんだけど、やはり一つだけ言いたい。PPを獲ったハミルトンの件。

その走りは素晴らしい。しかしチェッカー後のインラップでのパフォーマンスは非常に頂けないと言わざるを得ない。
レッドブルとのマシン力の差もあって限界ギリギリで攻めざるを得ないのは仕方ないし、そのためにガス欠を引き起こすのもまぁある事だろう。
だが、チームの指示通りにコースサイドにマシンを退避させることなく、コースに留まって惰性で低速走行するだけでなく、マシンを押してみせるパフォーマンスをやらかしたというのは一体どういう了見なのだろう? 事実、それが咎められて罰金+戒告を食らったとの事だし、先日の無謀運転の件といいピアスの件といい、とてもじゃないがワールドチャンピオンの行動とは思いがたい。
当人が反省して身を律さない限り、今後何らかの重いペナルティが科されるのももうやむを得ないレベルまで来ていると思えるし、基本的にアウトローな彼の性格からして今後も自発的な自重は望み薄だ。

仮に今後厳罰が下ったとして、例えば彼が不当性を訴えたとしても、申し訳ないがそれに賛同する事は難しい。それも仕方ない、そう思わせるだけの事を彼はやって来たのだから。もはや人間性やマナーの問題といえる。
優等生になれとは言わないが、せめて自身が何かと注目される存在である事くらいは自覚して行動して欲しいものだ。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 15:32 | TrackBack(0) | F1その他レース関連