2009年11月02日

一応F1アブダビGP決勝の話をちょっとだけ。

本当にちょっとだけ。

レースとしてはそこそこ面白かったけど、やはりマクラーレン・ハミルトンのリタイアは残念だった。クラッシュとかなら自業自得だけど、右リアブレーキのトラブルだからなぁ。
スタート直後からおかしいとは思ってたんだ。第2セクタでは後続のレッドブル・ベッテルに対して0.5秒ほども突き放しながら第3セクタでそのマージンをすっかり吐き出してなかなか引き離せない。予選までとは別のマシンのようだった。マクラーレンは、第3セクタのトラクションは予選まではトップクラスだっただけに妙な感じがしていたんだ。
でも、レース距離分のガソリン搭載時の特性かも知れない…と思ってたらやっぱりトラブル。無線でも

「(ハミルトンに対して)済まない、レース続行は不可能だ。ピットにマシンを納めてレースを終わりにしてくれ」

と、決して英語に強くない(というか弱い)俺でも川井ちゃんの翻訳を待たずに聞き取れた。彼らはネイティブスピーカーだから、英語が流暢すぎて普段の無線はほとんど聞き取れないが、その無線ははっきり解った。マシンの仕上がりが抜群だっただけに、よほど落胆して口調がゆっくりになっていたんだろう。
優勝したベッテルがレース後に言っていたように、ハミルトンのマシンが最後まで健在ならもっと面白いレースになっていただろう。それだけに実に残念だが、「これもレース」。

今季は「新2強」で始まって「3強」で終わったシーズン。色々と薄暗いドロドロしたコース外の「勝負」が多くて辟易したのも事実で、来季はもう少し「スポーツ」らしくなって欲しいものだ。

締めに、やはり小林可夢偉くんの話をしておかなければウソだろう。
参戦2戦目でポイント獲得、しかも現状望みうる最高のドライビングを見せてくれた事を否定する人はいないだろう。
可夢偉くんが凄いと感じたのは、与えられたチャンスを確実にモノにして自分をしっかりとアピールしきった事。これは、これまでの日本人ドライバーには出来なかった事だ。
日本人ドライバーは、概して新しいカテゴリ・マシンやコースに適応するのに時間がかかる。これがこれまで誰一人としてF1で「成功した」とは言えない一因だった。(日本人としては最も実績ある佐藤琢磨くんも例外ではない。)
しかし可夢偉くんにはその「弱点」が今のところ見られない。
(アブダビのコースは初開催で全員初めてという点で可夢偉くんにプラスになったという見方もあるだろうが、F1で生き残れるドライバーは初コースなど数周で特性を掴んでしまうので、ここでは考慮に入れない事とする。)

可夢偉くんがいくらトヨタの育成ドライバーと言っても、TF109のドライブ経験はほとんど無い。この2戦もグロックの負傷によって「降って湧いた」参戦であり、ルノーのグロージャンやトロ・ロッソのアルグエルスアリと同じかそれ以上に厳しい条件だ。どちらかと言えば(成績不振で2戦で降ろされた)フェラーリのバドエルに近い条件かも知れない。
今季のレギュレーションは中途参戦の新人(とブランクのあるドライバー)には厳しいもので、彼らも散々苦戦している。そんな中で可夢偉くんは飛び抜けて見えた。言い過ぎかも知れないが、レンタル移籍でBMWからデビューした頃のベッテルを思い起こさせられた。

ただ。
可夢偉くんはまだ「通常のレース」を1回もしていないのもまた事実だ。デビュー戦はヘビーウェットレース、今回は事実上のナイトレースと、いずれもイレギュラーなコンディション。
特に今回は、川井ちゃんが「ネガティブデグラデーション(タイヤのグリップ力低下より路面のグリップ力向上が勝っていて周回を重ねるほど速くなる状態)」と表現した路面状態で、タイヤのケアは比較的楽な状態にあった。事実、ほとんどのドライバーが終盤までタイムを更新し続けていた。
可夢偉くんも例外ではなく、ファイナルラップで自己ベストを出していた。だから、少なくとも「タイヤを痛めるほど乱暴ではない」とは言えるが、この1戦だけで全てを判断するのは早計だろう。

だからだ、彼の真価(進化)を是非見せてもらいたい。そのためにも、来季のグリッドに彼が着いている事を願いたい。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 18:44 | F1その他レース関連

2009年11月01日

F1最終戦(予選まで)の話をちょびっと。

今週末(というのか先週末というのか?とにかくこの金〜日だ)はF1最終戦:アブダビGP。
初開催のこのコース、正直な話あまり面白いサーキットじゃない。1〜2セクタは平たく言えば長いストレートをコーナーで繋いだだけ、3セクタは直角コーナーの連続。
KERSは特に2セクタで有効なので搭載車はかなり有利。1セクタはどのクルマもあまり差が付かないし、3セクタはマシンの素性次第。わかりやすいけどつまらない。

初開催のこのコースでただ一人異次元の走りを見せたハミルトン、今日の車重公表でもカラカラ…と思いきや、4番目の軽さだった。ハミルトン+MP4-24のコンビネーションは、非常に高い抜きん出た次元にいることがはっきりした感じ。
もっと早くここまで持って来れればチャンピオンシップも変わっただろうが、逆に言えばシーズン当初はチーム関係者をして「こんなマシン捨てちゃえよ」と言わしめた駄作だったMP4-24を、よくもここまで速くしたものだ。シーズン中にテストが出来ない今季でこれなのだから、マクラーレンの開発能力というのは怪物じみている。

事実上の対戦相手になるレッドブル勢は1.5kg(ウェバー)と4kg(ベッテル)重たいに過ぎない。低燃費のメルセデスエンジンを上手く使えば、少なくともウェバーとは同一周回での給油に持ち込めるかも知れない(ただしハミルトンはあまり低燃費走行するドライバーではないが)。
まぁ、レッドブル勢が後の給油になるとしても、KERSの効く2セクタでオーバーテイクも可能に思える。

日本人ドライバーについては、まぁ言わないでおく。なんかB・セナの来季参戦のカンポス加入が正式に決まったらしいねぇ(って日本人じゃねーだろ)。

後は決勝の蓋を開けてみるばかりだけど、コースがつまらない分レースくらいは面白くなって欲しいね。

あーあと、今季はダブルタイトルを獲ったブラウンGPだけど。多分来季は期待出来ないよ。今季は多分にレギュレーションとその混乱(ダブルディフューザー問題)に助けられたからね。まぁ来季からまた給油が禁止されるから、その辺の対応次第かも知れないけど。
来季のマシン(多分BGP002になる、のかな)は、事実上ブラウンGPの最初のマシンになるから(今季のマシンは事実上KERS抜きのホンダRA109)、真価はこれからわかるってところだろうな。

では、今季最後の決勝を待つ。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:25 | F1その他レース関連

2009年10月04日

F1日本GP決勝。

まぁ、多くは言うまい。ご覧の通り。

正直、もう少し荒れると思っていた。意外と普通の展開。予選の力関係がそのままって感じ。俺はF1ドライバーを多少舐めていたようだ。とりあえずみんな昨日1日で、マシンのセットアップが煮詰まらないなりにその力を引き出していたって事だ。
終盤のセーフティーカーも、波乱と言うよりはちょっとしたトピックの様相を呈していたし。ただ、その原因となったアルグエルスアリのクラッシュは不可解な感じなので、その辺少し知りたい気はする。

しかし、ハミルトンはついてなかったな。先週のシンガポールGPでも起こったKERSのトラブル、このレースではシステムをリセットしてもダメだったらしい。つまり、彼のMP4-24はこのレースの大部分を余分なデッドウェイト搭載で走っていた事になる。
KERS搭載車は、そのウェイトによる重量配分の悪化を受け入れる代わりに400kj(約80ps)・6.6秒/周のエクストラパワーを得る事を前提に全てが組み立てられている。意図的にシステムを降ろした場合は再配分が可能だが、載せたまま動作不能に陥ればそれはただのハンディキャップにしかならない。1周につき0.3秒以上は失っていたはずだ。このロスは今季のF1では致命傷になりかねないのだが…
それでもそれなりのタイムを刻み、「KERS運搬車」と化したマシンを3位に押し込んだ彼は、やはりそれだけの力量があるという事だろう。ワールドチャンピオンは伊達じゃない。

こうしてみると、KERSは「トラブルフリー」が絶対条件のシステムだけに、載みたくない・載まない・載むのを止めたチームが大部分なのも頷ける。既にFOTAでは来季のKERS廃止を決めているが(FOTAに復帰したウィリアムズがどうするかはまだ不透明だが)、シーズン中のテストも出来ない現状ではレースで実地テストするしかない事を考えると至極当然な流れに見える。

ともかく、それほど面白いレースではなかったのかな、と言うのが率直な感想。言っても仕方のない事だが、初日の大雨がどうにも悔やまれてならない。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 19:42 | F1その他レース関連

2009年10月03日

F1日本GP予選、だが…。

今日の鈴鹿は天候も回復して、まずは「きちんとしたレースセッション」になる…と思っていた。

しかし。いかんせん時間が少なすぎた。
言うまでもない名うてのドライバーズコース、しかも改修によって、新舗装でタイヤを削る東コースと旧舗装でグリップ感のない西コースと路面に大きな差が出来、悪い事にその境界が難コーナーであるデグナーの直前。
この週末初のドライコンディションであるFP3の60分だけでマシンをセットアップするのはやはり無理が大きかった。

そのツケが予選にのしかかった。
特にQ2での2回の大クラッシュ。あれはFP1・2がドライなら、または鈴鹿が以前のままなら恐らく起こらなかった。
図らずも、このことが予選システムの不備を浮き上がらせた。Q1・2は1セッション20分、Q3は10分。この短い時間にクラッシュ→中断が連続すれば、事実上まともに走れる時間が取れない。つまり計測ラップが取れないから、予選の体を為さない。
Q2でのブラウン勢は黄旗状態でしかタイムがないから、本来なら無効となってノータイム、つまりはQ2敗退だったはずだ。有効タイムがないからイエローで出したタイムでも認める、こんな事は本来許してはいけないはずだ。
今さら言う事でもないが、相変わらずF1のジャッジはブレが大きすぎる。ここに公正とか適正とかは存在しない。もはや呆れ疲れたが。
(追記:)
結局、前述のブラウン勢を含む、黄旗区間通過でベストタイムを出した4台は決勝5グリッド降格のペナルティだそうだ。最終的なグリッドってどうなるの?よくわかんね。

ともかく、誰もまともにマシンを合わせ込みきれていない状態で明日の決勝は行われる。クルマを手なづけていないドライバー(まぁ全員だな)は走りながら手なづけていくこととなる。
マシンの性能よりもドライバーの腕、そして運が支配するレースになりそうだ。作戦はかっちりと用意するのではなく状況に合わせて作っていくしかなさそう。荒れるレースが予想されるが…。
ともかく、ドライである事を望む。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:56 | F1その他レース関連

2009年10月02日

F1日本GP、だが…。

今日からF1日本GP。久し振りにF1が鈴鹿に帰ってきたーっ。

だがしかし。
なんだいこの大雨は…。おまけと言っては何だが、今日は平日。FP1も2も仕事の真っ最中だったので観る事かなわず。
まぁね、もう結果も知っちゃったし、大雨のFPなんて何の参考にもなりゃしない。だからもう再放送とか観なくていいや。

明日以降はせめてもう少しコンディションがよくなってくれるといいんだが。折角の名コースなのに、ウェットはあまりにもったいない。
しかし相手は天気。祈るしか手がない。むぅ…。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:39 | F1その他レース関連

2009年09月22日

来季のF1がどうなろうとも。

・2010年F1カレンダー
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090922_03.htm

来季、F1がどのようになろうとも、絶対に観ないグランプリが一つだけある。それがどれかは言わないが、ね。

・FIA、ルノーに資格剥奪処分も2年間の執行猶予
・アロンソ、ウェバー、コバライネンらマネージャーを失う
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090922_01.htm
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090922_04.htm

ルノーにとっては撤退のいい理由付けだよね。そう遠くないうちにそうなると思う。 そうなって困るのはFIA。今のレギュレーションじゃ自動車メーカーがエンジン供給だけの参戦をする意味なんてこれっぽっちもない。新規参入は考えられない。
となると、来季のエンジンはメルセデス・フェラーリ・トヨタ・コスワースのたった4社になる。13チーム、BMWの後継チームが参戦出来たとして14チームが、このたった4種類のエンジンを奪い合う訳だ。どう見ても需要過多だ。均質な供給には限界がある。今はDFVの時代じゃないんだから。
エンジンホモロゲーションなんて愚かなレギュレーションが、いよいよ強烈な足枷になってきた訳だ。

しかし、イギリス紙がリークしたルノーチームの無線内容を読む限り、逆さにしたって「わざとクラッシュしろ」と指示したようには見えないんだけどなぁ。「全力でプッシュしろ!後がないぞ!」ってのはルノーの常套句だし。何か隠された部分があるんだろうか?

それにしても、F・ブリアトーレをF1界から追放処分にしたのはマズかったな。あれだけ多くのドライバーが一気にマネージャーを失うってのは、なぁ。
少しは後先考えて処分下せよな。まぁそれが出来るFIAなら、こんなマズいレギュレーションになんかしないだろうけど。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:17 | F1その他レース関連

2009年08月27日

まぁ仕方ないのかな。

・不振バドエル(フェラーリ)、ベルギーGPが最後?
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090825_04.htm

まぁね、バドエルの走りはちょっと…悪い意味で次元が違ってたからねぇ。
タイムが出ないだけじゃなく、フリー走行でピットレーンのスピード違反4回、決勝でもピットアウトで無意味にルノーのグロージャンを前に出したり、さらに白線踏んでペナルティ。
やっぱ実戦を10年も離れているとああなっちゃうのかね。ちょっと見てて痛々しかったし、何となく他人事とも思えないのが何とも…(汗)。

ドライバーを代えるとしたら、多分第一候補はもう一人のテストドライバーであるM・ジェネだろうな。F1ではないけれど、最近にレースを戦った経験があるし。
市場ドライバーから選ぶなら、やはり今年のF1を知っている人材になるだろうな。
フィジケラはフォースインディアのレギュラードライバーだから多分ないと思うけど、今年で引退とかなら「最後の花道」としてフェラーリのシートに着きたいと思っても違和感はないかな。
あとはブルデーとピケなんだけど…どっちも決め手に欠けるな。2人ともパフォーマンス不足で放出されたドライバーだし。
どっちかと言えばブルデーの方が可能性がありそう。彼が最近までドライブしていたトロ・ロッソはフェラーリエンジンだし、マネージャがN・トッドって事もあるし…って、今のフェラーリでトッド家の影響力ってあるかどうかはやや疑問だけど。

ま、とりあえずベルギーGPか。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:58 | F1その他レース関連

2009年08月13日

久々にF1話。

・M.シューマッハ、F1復帰をキャンセルに
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090812_01.htm

個人的にはミハエルは、現役時代は嫌いな部類に入るドライバーだった。が、今回のマッサ負傷による代役の話は興味深く見ていた。
40になったミハエルが、現役時とは全く違うマシンとなった(しかも一度も走らせた事がない)2009年モデルでどこまで走れるのか?
いい走りを見せればそれはそれで痛快だし、ダメならダメでそれも現行F1の厳しさだよな、と。

でもまぁ、自業自得とはいえ、脊椎損傷が悪化となればキャンセルも仕方あるまい。興味深い機会を逃すのは残念ではあるが、いくら嫌いなドライバーとはいえ身体を悪くすることなど間違っても望みはしない。

一方、ミハエル復帰が白紙になってフェラーリが執った手は疑問を禁じ得ない。
・ルカ・バドエル、10年ぶりのF1レースに意欲
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090812_02.htm
・スペイン連盟会長、「フェラーリは最悪の決断した」
http://www.fmotor.net/f1/news/2009/090812_04.htm

バドエルとジェネのどっちがいいドライバーか?と問われると少々答えに窮する面もあるが、少なくとも近年の(F1以外だが)レースキャリアを見ればジェネが勝っているのは明白。

しかも、ジェネは次戦ヨーロッパGPの開催地であるスペインの出身。
ヨーロッパGPではルノーが出場停止処分を受けていて現在チームが控訴中だが、そのまま行けばスペインの英雄:アロンソは出走出来ない訳で、実際チケットの売り上げも低迷している。
最多チャンプのミハエルや地元のジェネが走るなら多少のカバーも出来ようが、さしたる実績もなく地元でもないバドエルでは…。
(とはいえ、リザーブドライバー登録はバドエルだから、フェラーリに責められる謂われはないのだが。)

ま、個人的にはこのフェラーリの選択がどう出るかに興味はあるが。

web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 16:20 | F1その他レース関連