2017年01月25日

本ブログと本家HPの関係について適当に俯瞰してみた。

えーと、今日は完全なる自己満足の無駄エントリーだと思いますので、スルーして頂いても構いません(汗)。
もしかしたら、ネットの個人Webページからブログ・Twitterへとの流れの一部が垣間見えるかも知れませんが、大して面白い話ではないでしょうね。ヾ(^^;)

先日思い付きでうちのPCのHDD内に眠るHTML日記を読み返し、昨日必要に迫られて再度読み返していくうちに、自分でも意識していなかった本ブログ(+HTML日記)と、本家HP及びその各コーナーとの関係変化、そして日記自身のあり方は、時と共に変化していると気付きました。
そのことについて、少々(多々?)書き連ねていこうと思います。

1997年11月20日:HP開設のその日から、本ブログと全く同じ名称である「不定期報「AW」」という名で、HPのコーナーの一つとして日記は存在し、HTMLで綴られていました(名称が同じなのは当然、本ブログは、本来はそのHTML日記の後継として立ち上げたものだからです)。

※ちなみに何でこんな名称なのか(単純に「日記」ではないのか)?それは、毎日綴ることなど不可能で「不定期な記録」になると最初から自覚していたこと、それから当時はHPのコーナー名に凝る「流行」があって、僕もまんまと乗せられたからという事です(苦笑)。「AW」はもちろんHP名(及びサークル名)の「Aggregat WORKS」の頭文字から来ています。

さすがに開設初日こそ、挨拶文代わりにHP開設についてほんのちょっとだけ触れていましたが、以降は他のコーナーとは全く関係のない日常を綴った、本当の意味での「日記」の体をなしていました。それからかなり長いこと、時たま他コーナーのことに触れる場合もありつつ、やはり他コーナーからは独立した内容で続いています。

これは、当時の日記は「完全なるHPの一コーナー」に徹していたからです(と思います…)。他コーナーの更新内容については、トップページに「更新履歴」として記されています。何らかの告知についても、当時はトップページに掲載していました(実は今でも出来るようにはしてあります、今のところ必要がないから消してあるだけで)。
つまり、わざわざ「単なる一コーナー」である日記で繰り返す必要はないという判断でしょう。日記は日記であり、お知らせ掲示板ではない、その役目はトップページが担う、そういう事でしょう。

日記に限らず、まず「顔」「総合案内所」であるトップページがあり、その隷下に各コーナーがそれぞれ独立して存在し、基本相互干渉はしないし出来る内容でも(あまり)ない:つまりコーナー間の「横の繋がり」に乏しい。必要であればコーナー内にサブコーナーを設けて「下方向に」ある程度までは階層を取るという「ツリー型」。
それが当時の個人HPの一般的スタイルであり、ブログベースではない個人HPは今でもそう言うスタイルが多いと思います。うちのHPも日記以外は基本そうなっています(一部崩れてますけど(汗))。

しかし、そのスタンスは、少なくとも日記に関してはほんの少しずつ変化していきます。
最初の変化は、他コーナーの増加に伴い、トップページの告知だけでは補足しきれない事項が出始めてきたことで、それを補完する役割を担い始めたことです。今思えば、それ用のコーナーを設ければよかったのかなとも思いますが、そんな(僕にとっても訪問者さんにとっても)面倒なことをするくらいなら、文字を書くことに特化したコーナーである日記でついでにやればいい、と言うのは、多分自然な流れだと思います。
コーナーとしての独立性が崩れてきたとも言えますが、単なる一コーナーの枠を踏み出した「各コーナーを横断する特別なコーナー」への道を歩き始めたというほうがしっくりきます。

そのうちに、文字だけでなく、ギャラリーのコーナーには入れられない独自の絵や写真を掲載するようになります。これらは基本「きちんとした(基本自主制作の)完成作品を収納する」というギャラリーの主旨から外れた絵(落描き等)や、日記を補足するための撮影写真などで、やはり他のコーナーに入らないものの受け皿的使い方です。
(なお、日記の掲載期間切れに伴うデータ落ちをした落描き絵を選んで拾い上げて展示するサブコーナーがギャラリー内に出来るなどの「逆流現象」も起こしています。)
が、これを始めたことによって「HP内の別HP」的な色合いが加わってきます。というか、現在のブログに非常に近い使い方です。

そして、上述と重複するかとは思いますが、時折アンケートを取ったり、一時ギャラリーを中心にWeb拍手CGIを設置していたことがあって、それで頂いたコメントに対するお返事や雑感なども日記でするようになっていきます。どんどん現在のブログに近づいていってますね。

こうして、時間を掛けて、次第に、しかし確実に「HP内のことだけでなく、包括的・総合的に出来事を扱う、本格的な別コンテンツ」へと変化していったのです。こうなるともはや「コーナー」ではなくなりつつあります。ただ、HPの補足という役割は相変わらず担い続けているので、縁は切れない「半コーナー」であるという状態に移行します。
ただし、HP内容の陳腐化による当該内容の削除やスリム化(具体的にはイラスト系HPとして無関係なPC関連コンテンツの全面削除)、また時代の流れに沿ったコーナーの改廃やトップページの見直しなど、HP自体が縮小傾向にあることもあって、HPの補足という役割も弱くなってきています。

そして2009年のブログ化です。
(実は2005年頃に一度ブログ化を試みているんですが、その時はまだまだHPの一コーナーという意識が強く残っており、そのせいで、それに沿うデザインも使い勝手も上手く出来ずに断念した経緯があります。)
ブログ化の一番の狙いは「更新の容易化」です。HP内で比較的頻繁に更新するコーナーは既に日記だけになっていましたが、従来のHTML日記では、HTMLを書かないことには更新が出来ません。アップロードにFTPツールも当然必要です。対してブログでは、最低限PCとブラウザがあればいつでもどこでも更新出来ます。誤字などを見つけてもすぐに直せます。要は楽がしたかったんです(苦笑)。
(欠点はバックアップですね。HTMLは基本手元のものをサーバーにアップしますが、ブログは直接サーバーに書き込みますので、その時点では手元に残りません。これは定期的にエクスポートすることくらいしか対策はないですね。)

しかしこの「ブログ化」が、「HPの日記」でしかなかったはずの当ブログを「ほぼ完全な別サイト」にしていきます。もちろんURL的にも別ですし、更新の容易さから、こちらで出来る事はどんどんこちら単独でやるようになっていき、現在に至っています。

基本的なデザインラインこそHPに近いものにしてありますが(新しいのを考えるのが面倒だったから(汗))、もはや「HPの補佐」ではありません。HPへの誘導や引用はしますが、今やあくまで「兄弟サイト」の位置づけです。このブログだけで独立して運営していける能力が備わっていますし、実状もそうなっています。各種告知等も殆どこちらで行っています。既に主従が逆転しているのです。

このブログがもはや独立している事の一つの象徴的なこととして、HPの他のコーナーとは違い、このブログにはHPのホームに戻る「HOME」「BACK」ボタンが存在しません。プロフィール欄にHPのバナー(とリンク)は備えてありますが、これはあくまで関連サイトへのリンク扱いです。
つまり、ここはここで完結し、「戻る」場所はないよ、ということです。

一応、元々の前提としての「HP日記」の性格を完全に捨てた訳ではないので、紹介文もそれっぽいものになっていますし、少なくともHPのトップからは「コーナーの一つ」としてエントリー(リンク)してあります。
ただ、向こうから見れば一コーナー、こっちから見れば関連サイトという、いささか捻れた状態にあるのは、少し引っかかるところではあります。
(ただ、「どうなの?」と問われれば、「それぞれ独立している」と答えます。)

でも多分、今後も(どちらかが存在する限りは)そのままなんでしょうね。そして、無くなる可能性が比較的高いのは、客観的に見れば向こう、つまりHPです。
昨日、HPについて「当面畳むつもりはない」と書きました。それはもちろん本心です。しかしHPサービス、特にプロバイダ提供のものはどんどん廃止の方向に向かっています。実際、HPはプロバイダのサービス廃止に伴って昨年1月に代替サービスに移転しています。それだっていつまで保つかはわかりません。「その時」が来た場合、恐らくはそのまま閉鎖の道を辿ることになるでしょう。

まぁ、このブログだって似たようなものではあります。無料サービスではなく、レンタルサーバープランに付いてきた「おまけ」サービスですが、生殺与奪はサーバー会社(さくらインターネット)が握っています。そして、さくらはブログサービスに関して決して熱心ではありません。

いずれにせよ、僕に万一のことがあれば両方が消えます。どちらも根源的には有料サービスなので、支払いが止まれば消える運命です。
あまり言いたくないことではありますが、そういう事もあると心得ておいていただけると。

…そうそう、Twitterとの関係が抜けてましたね。Twitterはブログよりももっと簡単に情報発信出来ます。一時はそちらにばかりツイートしていたこともあります。
しかし、Twitterは140字という文字制限があり、ここで今書いているような長文には向きません。ネットである以上ここもそうなんですが、「世界に向けた拡声器」としての威力はあちらの方が遙かに上です。修正も出来ませんし、ツイートした瞬間に関連サービスに拾われますし、下手をすればまとめサイトに載せられたりもします。これまでも沢山痛い目を見てきましたし、今も時折しくじることがあって情けない限りです。
「簡単に発信出来る」ということは「ロクに考えずに発信してしまう」ということでもあるんです。使い方は十分に気をつける必要があります。

ブログも(HPも)、影響力が小さいだけで本質はTwitterとそう変わりません。長文が書けること、Twitterほど簡単ではないので、その分見直す時間が取れること、修正が出来る事、Webアーカイブ以外に拾われる可能性は極めて低い…そのくらいの違いかな。Twitterは一応SNSの体を取っていることも違いの一つですね。
いずれも、発言(表現)に気をつけなければならないのは本質的に同じです。まぁそれは置いといて、ブログに書くほどではない・即応性が必要なことはTwitter、そうでないことはブログという住み分けで、現在は運営しています。

以上、長文大変失礼いたしました。全部お読みの方は少ないと思いますが(汗)。




web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:34 | TrackBack(0) | ブログ・HP関連

2017年01月24日

うちの茉梨乃さんを描いて頂けました。

日付的には少し前のことになっちゃうんですけど。
Twitterのフォロワーさんである、ゆうゆうさん(@yuuyuujiteki041)に、お題の通りうちの茉梨乃さんを描いて頂けました。
Twitterですので直接画像は張れませんが、対象のツイートはこちらです。


以前から、描いてみたい的なことを仰っていたんですが、本当に描いて下さいました。
あらあら可愛いですねぇ!僕にはあいつをこんな風にはとても描けないです。
ただ、ご苦労なさったでしょうね。茉梨乃は、以前のエントリーでも述べた通り、その出自から「その時の僕の標準形キャラ」に多少の傾向付けをして、あとは僕が「これが茉梨乃です!」と言っちゃえばそうなるっていう、もの凄くいい加減な存在だからです(汗)。
決まったコスチュームがある訳でもなく(パターンはありますけど)、決まっているエピソード等はこれとかこれくらいだし(あとはHPのギャラリーとかpixivとかにアップしてる絵とか?)、etc.
にもかかわらず、頑張って描いて下さって本当に嬉しいですし新鮮です。本当にありがとうございます。m(_"_)m

と、そこで思い出したことがあります。
実は、茉梨乃さんを他人様が描いて下さったのは、実はこれが初めてではないんです。

大昔のネットの世界では、「キリ番(アクセスカウンターが切りのいい数字になった時に訪問した場合)」「相互リンク記念(まぁ説明いらんか)」「○○アクセスおめでとう」等々、何かと理由を付けて余所様のHP(まだブログというものはなかった)の管理者さんに、記念のイラストを贈り合うという習慣がありました。うちのHPも移転を繰り返してはいるものの、元は1997年末にスタートした古株もいいところなので、そう言う文化のただ中にいました。
ので、僕も贈り贈られしていたものです(ただし、僕は手が遅いので、圧倒的に頂く方が多かったんですが…(汗))。

この文化、多分ブログサービスが始まる辺りの時期くらいに、HP文化の衰退と共に自然消滅していった訳なんですけど、その頃くらいまではうちのHPのギャラリーにも、頂き物の展示コーナーを設けていました。
その時に茉梨乃さんの絵を頂いたことがあるんです。確か展示もしていたはずなんですが…。

そう言う文化の衰退と、あとは、贈り主も古びていく絵をいつまでも載せ続けられても困るんじゃないだろうか?という理由で多分2003〜4年頃にHPから撤去したんですが(削除の履歴というのは更新履歴に載せないことが多いのではっきりしません)、どういう訳だか手元に全くデータが残っていないことに今更ながら気付いたんです(汗)。
(追記:更新履歴の不完全な復元により、頂き物の展示コーナーは2004年5月19日に廃止したことが判明しました。)

大慌てで手元にの頃データはもとより、ネット上のWebアーカイブまで利用して探したんですが、結局殆ど見つからず。とりあえず見つかったものだけ再保存しておきましたが、その中に、以前頂いた茉梨乃さんの絵は(サムネイルも含め)ありませんでした…。

実は、HPのデータは、区切り区切りでMOにバックアップしていたんです。が、それが突然読めなくなりまして、泣く泣く処分したという残念な歴史があります。多分その中にならあったはずなんですが…。
もちろんHPのデータは複数のHDDに分散保存しており、どれか一つくらいがクラッシュしても復元出来るようにはしています。パーツ類も同様です。
しかしHPは日々(とまでは言わないけど)更新されていくもので、HDDにあるものは、常に「最新のもの」です。削除したコンテンツも部品としては残っているんですが、もはやページの体をなしません(特にトップページ、頻繁に上書きされるので。)。

しかしながら、今回はどういう訳かパーツ単位ですら綺麗に見当たらないんです(汗)。何故そんなことになったのかは、僕にもさっぱり解りません…。

10年一昔、20年は大昔。よもや当時の贈り主さんたちがここをご覧になっているとは思えませんが、折角のご厚意を文字通り「無」にしてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。

※そうそう、それで気付きましたが、うちのHPは今年の11月20日に、満20歳を迎えます。開設当初は数年保てばいい方と思っていたものが、いつの間にか「成人式」を迎えるとは思ってもみませんでした。歳も取る訳です…(泣)。
まぁ今は更新頻度もめっきり減り、元々HPの一コーナーだったHTML日記の後継であるこのブログばかりが更新されて(Twitterはもっとか(汗))、殆どブログの最終更新日の掲示板兼倉庫みたくなっちゃったHPですが、少なくとも当面は畳むつもりがないので、このブログ共々よろしくお願いしたいと存じます。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:48 | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月19日

ヨコハマ買い出し…しない紀行(汗)。

「ヨコハマ買い出し紀行」が完結してからもう11年くらい経つのか…光陰矢のごとし。

という事とは無関係に、本日は所用にて、はるばる神奈川県は横浜市(というか横浜駅近辺)に行ってまいりました。最後に行ったのは、今は亡きまんがの森横浜西口店で開催された、冨士宏先生のサイン会(2006年4月:旧HP日記の記録による)以来ですから、実に約11年ぶりとなります。おや、「ヨコハマ買い出し紀行」完結と同じくらいだなぁ。いずれにせよ「一昔前」です。

…いやぁ、遠い遠い(汗)。電車乗り継ぎ乗り継ぎでようやく到着ですよ。以前の神奈川の居住地からなら相鉄線1本で30分程度で到着する身近な場所だったんですが、それから武蔵国に戻って10数年も経った今となっては遙か遠方の地…。
しかし横浜は旧国名で言えば現在の居住地と同じ武蔵国なんですよねぇ。いかに武蔵国が「大国」であったかを思い知らされます(どうでもいい)。

さて、所用はちゃっちゃと片付けて(おい)、かつてよく行っていた場所を少しばかり散策…と言いたいところですが、横浜駅に到着していきなり問題発生(汗)。
実は…横浜駅構内で迷子になり掛かりました(汗)。そもそも慣れない東急東横線からの乗り付けに加え、駅自体が大改修されていて記憶と全く違う…。あれ、どっち行ったら脱出出来るんだ…???ヾ(^^;)
スマホのGPSとマップのお陰で、どうにか時間には間に合いましたが、これなかったらヤバかったよ(汗)。文明の利器様々です。

で、所用は済ませて散策です。以前は相鉄で乗り付けて、相鉄ジョイナス(さすがにこの中の通路は変わってないので迷わない(苦笑))の中を通ってここに出た訳です。横浜駅西口ですね。

横浜駅西口

人が写り込まないようにかなり仰角を付けて撮影したつもりだったんですが、ばっちり通行人が写っちゃってます(汗)。ので、一部モザイク処理です。
で、ここから、車道と歩道にかなりの高低差が付いた(区間がある)道路(パルナード通りと言うそうですが)を通って橋(名前忘れた)のほうに向かいます。…あれれ?道に入ってちょっと行ったところの建物の2階に不二家レストランがあったはずだけど…今は1階がABCマート、2階は何か別の店になってます。2階に上がっていく階段に往事の面影を残すのみです。
ゲーセンとパチンコ屋はそのままだ。やっぱこういう施設は強いな。

さて、橋へ到着。何かすげー鳥が集まってると思ったら、何者か不明なおじさんがパンを撒き餌してました。それで手摺りにまで鳥が留まりまくってたのか。
まぁここに集まる鳥は昔から人懐こかった気もするけど。
この状況では鳥さん格好のモデルですよねー。ということでパチリ。

ユリカモメ

君はカモメ…その色からするとユリカモメなのかい?

そして、前の三角角地を見るとよく通っていた電器屋。あれ?ここは前からビックカメラだったか?ソフマップだったような気もするけど。よく通ってた割には記憶が曖昧です…。

ビックカメラ

まぁ、見た目自体は全然変わっていません。今日は中には入りませんでしたが、裏側のちょっとおっかない屋外階段も多分そのままなんでしょうねぇ。

この先をさらに行ったところに、かつては東急ハンズ横浜店があって、そこによく通っていたんですが、事前に調べたところ、別の場所に移転していて今はないようです。上述のまんがの森横浜西口店跡地はその裏手だったはずです。
ですので深入りはしないことにします。跡地がどうなってるかなんてあまり見たくないし(googleマップで見る限り、東急ハンズ跡地は駐車場になっているようですが)。

さて、最大の目標がなくなった今、ここで引き返してもいい訳ですが、もう一箇所だけ寄っていくことにします。
ここです。

横浜ビブレ

横浜ビブレ。まぁさっきの橋の、公開空地を挟んだ向こう側なんですが、ここの中に入っている(今もある)ソフマップにもよく通ってました。この写真は上手く仰角が取れたな(笑)。
ここも外観は変わってないなぁ。と、トイレ休憩を兼ねて中に入ってみることにします。

…中も変わってねー。店子は変わったかも知れませんけど、雰囲気は何も変わりません。
で、7階のソフマップへ行ってみます。

…青いビックカメラじゃんかよ(汗)。まぁソフマップの業務範囲である買取やゲーム系取り扱い、中古品販売などはきちんと?行われていましたが…微妙に面積縮小してない?同じフロアにユニクロ入ってるし、アウトレット家電とか置いてあるし。
11年前当時の目的であった自作PCパーツ類は、見た限りではすっかり姿を消していました。まぁ今や自作PCの時代ではないですし、当然と言えばそうなんでしょうが、アプローチ部分にスマホが置いてあったりすると、妙に寂しい気分になったりします。
帰りの車窓に映り込んだ自分の顔が妙に老け込んで見えた(実際老けたんだと思いますが…くそぅ白髪染めさえ使えればもう少し何とか(泣)←敏感肌だからかぶれちゃってダメなんですよ…。)のと同じくらいのショックではありましたね。本当に時の流れは残酷だ。

当時は東口のそごうにも行っていましたが、実際大した思い出もないので、何というかもう行く気にもなれず、ここで引き返して、いそいそと東急線に乗り込んで横浜におさらばしましたとさ。

ところでおまけ。
今日の横浜ではJKを随分と見かけましたが、まぁどいつもこいつもスカート丈の短いこと(汗)。座ったら見える・かがんだら見えるってくらい短くて(汗)。
しかしながらエロいことを考える間もなく「この冬場に寒くねーのかこいつら??」という思いが先立つ辺り、やはり歳を取ったという事なんでしょうなぁ(泣)。
ちなみに直帰せず立川に用があって立ち寄ったんですが、そこでも大量に見かけたJKのスカート丈はまぁ普通レベルだったので、何かあの横浜エリアの流行なんですかね?それとも立川が遅れてる??
しかしJKの制服のデザイン傾向って20年以上も大して変わってねーな。ルーズソックスがソックスになったくらいで、あとは殆ど変わってない。

以上、随分と狭い範囲ながらも時の流れを痛感する紀行でございましたー。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:40 | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月16日

「25年進化録」。

先日、TwitterのTLで見かけたんですけどね、pixiv(だけじゃないかも知れないけど)で「○○年(10年とか20年とか色々)進化録」と称して、自分の絵のサムネイルを年表的に並べて…ってのをやっている人が結構いるらしいんですよ。
それで見に行ってみると確かにいる。バリエーションもあって、ある特定の年の中で複数の絵を比べている人とかもいたりします。

その中で、僕がTLで見かけたのは「25年進化録」。四半世紀ですよ(汗)。あの手のサイトでそこまでやれる人は少ないよな、と思っていたら案の定少なくて、あのpixivにして全部で6人しかいませんでした。
とりあえず僕は一応それが出来る一人ではあるので、やってみようかなぁどうしようかなぁと思ってたんです。やれば黒歴史の領域に足を踏み込みますからね。

で、見かけちゃったし興味も持っちゃったから、ともかくテンプレートはないのか…と思ったら、これがやはりなくて(そうだよね、需要自体がないし(苦笑))。10年分のテンプレートは発見した(してもらった)ので、作成者さんに承諾を頂いた上でテンプレートを作ってみました。
それをフリー素材としてpixivに放流してみたんですが…まぁ需要もなければ僕自身のpixivパワー(汗)もないので…という状態で、使用される見込みが感じられません(汗)。

これは作成者が責任を取るしかないでしょうねぇ…(汗) というわけで、まずというか、自分で使ってみました。
この通り。なお、隣はテンプレートです。

25年進化録(2016)s.jpg 25年進化録テンプレs.jpg

どちらもサイズがあまりにも大きいので、サムネイルのリンク先はpixivにしてあります。特にテンプレートのほうは単に巨大なだけでなく、2016年までのものと2017年までのものの2種をパックしていますので…。

Twitterにも全く同じ事を書いたんですが…作ってはみたけど、何だか凄く雑多な感じがしますね(汗)。25年分ってのはやっぱりやり過ぎなのか、こういう図表の宿命なのか。
でもこうして並べると自分でも興味深いですね。案外リニアに変化せず、何箇所かに「断層」的なものが見える(気がする)のもちょっと面白いです(本当にそんなものがあるのかは自分では解りません。)。
しかし安定せんなー(汗)。下の10年だけならそれなりに見られるかなって感じ?

何とも自己顕示欲全開的に見えそうですが、これやってみると、自分の「歴史」を一度に俯瞰出来て結構面白いですよ。発表する必要はないけど(僕の場合、サンプルとして公開したという側面が強いです)、作ってみるのは面白いです。手間がかなり掛かるけど…。
(pixivのキャプションにも書きましたが、25年分もあると、探すのも正確な年代を割り出すのも選ぶのも並べるのも随分な苦労でしたよ…。特に2000年代前半は管理がしっかりしてなくて、どれが何年作やらごちゃごちゃで…(汗)。)

ま、こんな酔狂なことをやろうと思う人は少ないかとも思いますし、やってちょっと後悔しちゃった部分はあるので(汗)、まぁそういうことで(?)。
「25年も要らないけど10年とか15年とかなら欲しい」と言う方は、このテンプレを任意の部分でカットして頂けば、5年単位で任意の年数のテンプレになりますので、もしアレでしたらやってみて下さいまし。

はぁ…まぁそんなところで。



web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:04 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)

2017年01月14日

徒然20170114。

まずは昨日のエントリーへのお返事から。
・確かに仰られた通りでしたね(汗)。でもさすがにここまでとは思わなかったんですよね…。
どこかに「色の付いた甲種焼酎だと思え」とあって、あぁそう思えばよかったのかと思いましたが、その時には後の祭り、全ては流しに去ったあとのことでした…(汗)。

さて。
これまた先日のエントリーですが、今年の思いがけない形での初描きで描いた謎の制服バージョン茉梨乃さん。数日置いて見ると、やはりサイハイよりソックスのほうがしっくりくるというか、バランスもいいし何よりサイハイより生足の面積が広いせいか比較的艶めかしい感じがします。茉梨乃の服装ポリシーからはほぼ完全に外れますが、別にモデルが彼女である必要自体がないので、ぶっちゃけどうでもいいでしょう。有り体に言ってこっちが気に入りましたので。もうそれだけでOK(←何が?)。
この服の場合、多少トップヘビーのほうがバランスがいいようです。絶対領域もそれはそれで魅力がありますが、今回は生足の勝ちですね(笑)。
しつこいようですがもう一度貼っておきます。誰のためでもない僕のために(苦笑)。

茉梨乃B

思い付きでたまたま描くことになった、言わばおまけ絵ですが、思わぬ拾いものでした。
(あぁ、ちなみに僕の絵が艶めかしいかどうかは全くの別問題です。ですから「比較的」と上述しました。今や僕など足下にも及ばない、とびきり可愛くてエロい絵をセンスよく描く方々が、掃いて捨てるほどいらっしゃいますのでね。)

しかし…大昔、FR誌において、

「誰もやっていないから僕だけの特徴になる、画力では勝負にならないから『武器』を持たないと。」(実際には「女性読者が約7割以上を占めるFRでこれやるとボツになるから誰もやれなかった」だけの話らしいですが。)

と思って少しずつ始めたパンチラ絵ですが、そのお陰で次第に僕の絵の最大の特徴となり、一時は「ぱんつの人」という、嬉しいのか嬉しくないのかよくわからないあだ名を頂いたこともありました。

でも今時、この程度の「露出度」の絵など、出会わない方が難しいくらいになっています。それどころか(以下略)。
ここでその是非を問うつもりは全くありません。ただ、僕が「画力のない者の武器」として使い始めたものが、こんな風になっていくとは当時思いもしませんでした。大変な自意識過剰とは思いますが、「ライターの点火火花程度とは言え火を点けたものの一人」としては何とも複雑な気持ちではあります。
まぁね、僕が何もしなくとも、遅かれ早かれきっと誰かがやっていたでしょう。多分そう言う「時代の潮流が来ていた」んですよ。僕はそれに幸か不幸か乗せてもらっただけのことだと思います。

とりあえずここまでにしとうございます。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:42 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)

2017年01月13日

トップバリュのウィスキーを(敢えて)試す。

Twitterで知り、調べれば調べるほど「安かろう悪かろう」の典型と評され、かなりヤバそうなトップバリュのウイスキー。
どのくらいヤバいのか、自分の目(口)で試してみたくなりました。丁度ベルク(スーパー)に立ち寄る機会があったので、手に取ってみました。
コイツがそれだ。720mlで500円台(レシートなくした(汗))。確かに安い。

トップバリュのウイスキー

うん、色は一応ウイスキーの色をしている(苦笑)。パッケージのデザインはこの際置いておきましょう。トップバリュですのでね。
ラベルを見ると、製造元は合同酒精となっています。トップバリュの酒類ではおなじみの製造元です。しかし合同酒精がウイスキーの酒蔵を持っているとはちょっと思えない…。さぁ、(悪い方に)期待が高まってまいりました。

まずは開封…って、うわぁ!もの凄いアルコール臭っ!!ていうかこれ消毒臭だよ…(;´Д`)。
こんな事もあろうかと「口直し用」に残しておいたブラックニッカクリアは、アルコール度は同じ(37%)ながら全然そういう感じではないで、その感覚で行っていきなりカウンターパンチを食らった思いです。期待通りだ(悪い方に)。

で、僕はお酒弱いので、いつもこの手の強いお酒は烏龍茶か無糖紅茶で割って飲んでいるんですが(邪道とか言わんといて)、いつものようにそうしてみたところ…う?まだ強いアルコール臭がする(汗)。どこまで強力なんだこれ??

さぁ、試飲タイムです。
…ん?…む?…むーん…げほげほっ(汗)。うひゃー、凄い胸焼けするー!なんだこりゃ!!(驚)
さ、さて、どうしたものかなこれ…期待はしていたけど(悪い方に)、ここまでのものとはさすがに思いもよりませんでした。
これを一言で言えば「カラメル色のアルコール」。参ったなこりゃあ…。
これを720mlなんて絶対飲みきれない、というか今目の前のこの一杯が飲めない…!期待の遙か上を行っている…(悪い方に)!!

…大変残念なことですが、これは流しに直行ですなぁ…エコじゃないけど仕方がない。
あぁ、何と約500円をどぶ(流し)に捨てることになってしまいました…ここまでの強者とは…!
同じ安酒を買うなら悪いことは言いません、あと100円ちょい足してブラックニッカクリアかトリスクラシックか、その辺りにしておきましょう。まずこういう事にはならないから!

それでも試してみたいとの向きには「止めとけ」とだけ言っておきます。ただし語調は強いです!

とりあえず口直しにブラックニッカクリアいこうかと思ったけど、まだ胸焼けする…今日はもう止めとこ…。

※一応トップバリュ(合同酒精)の名誉のために言ってはおきますが、他の酒類(缶チューハイとか)はもう少しまともなものもあるんですよ。これがあまりにも大幅に大外れだったということです。

追記:どこかで「ウイスキーという名の焼酎」と評されていて、あぁ焼酎と思えばまだ別の飲み方があったかと思ったんですが、もはや後の祭り。既に流しに去った後のことでした…。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:21 | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月10日

今年(2017)の初描き。

はい、今度は2017年製です。相変わらずモノクロ線画仕様ですけどね(汗)。
といっても、昨日の発掘絵にプラスするために急遽描いた絵(しかも超縮小版とは言え昨日使ってるもの)なので、あまりドカンと胸を張っていいものかどうか…?

えーい、ままよ!

茉梨乃A 茉梨乃B

左が昨日の絵のパーツとなったもの、右は左のサイハイ仕様からソックス仕様に変えてみたもの。
ま、絵の中にも書いてありますけど、モデルは相変わらず困った時の茉梨乃さんです(苦笑)。
(というか、この服のデザインってロングやセミロングの髪だと似合わないんじゃないだろうか?という疑問があったもので、それでセミロングの娘を試しに組み合わせてみたら、いつの間にかこいつになっちゃったってだけなんですけど。やはり「その時の標準形」だけあって描きやすいんですよね。…しかしこいつ、帽子がないとどうもそれっぽくないなぁ…既に帽子は体の一部なのか??)

何でソックス仕様も作ってみたかと言えば、何となくサイハイのほうはバランスが悪い気がしたんですよね。色(濃度)のせいかもしれないけど、何だか普通っぽくないじゃん?的なこともありましてね(この服自体普通じゃないですが…)。

この服、昨日のエントリーでも述べた「Blanc Aile」の変ちくりんな制服を、デザインラインを維持しつつ何とか少しでも普通に近づけることは出来ませんかね?というコンセプトのものです(まぁ無理でしたけどね)。
こちらについては急遽デザインしたのではなく、昨年…一昨年になるのか、リデザインしたものをそのまま使っています。
こちらがそれです。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55493904 (これの1枚目:上のに背景を付けたもの)

最初はこの娘を再登場させようかと思ってたんですけど、ツインテなので上述の疑問の確認には不適任、「Blanc Aile」の登場人物にも該当者がいない…でこうなっちゃったんですけど、まぁ皆さんにはどうでもいいことですよね(汗)。

疑問の答えとしては、元のデザインがダメだから中身を誰にしても同じってとこでしょう。そろそろこのデザインは諦めようかな?

そんな訳で、何とも締まらない初描きでございました。
…カラー絵?そうねぇ、そろそろ何とかしませんとねぇ…。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:39 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)

2017年01月09日

今年(2017)の初絵(初描きとは言っていない(汗))。

もう今年に入ってから9日目…早いですよねぇ(汗)。

どうも年末年始にかけてけだるくてけだるくて仕方なく、必要なこと以外はせずにのんべんだらりとして来ちゃった訳ですが…
まぁそれではいかんという事で、とりあえず何か使える絵はないかと過去絵を漁りまくっていました(…ダメ人間。ヾ(^^;))。

で、こんなの見つけました。

ktm_0172_0_00.jpg

これは大昔に出した(そして大失敗した)本「Blanc Aile」のパーツとして描いた絵です。あくまでこれで完成で単体絵な訳なんですが…うーん、何かちょっと寂しいな。人物が一人くらいいてもいいよなー。←わざとらしい。

ktm_0172_1_00.jpg

おっと、いかにも後付け感満載の人物が出てきましたよ(苦笑)。
こいつについては、また明日と言うことで。←引き延ばし工作。ヾ(^^;)


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:58 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)

2017年01月03日

甥っ子タイフーン。

今日は予定通り、弟夫妻がやってきました。もちろん2人の甥っ子も。

甥っ子たちと会うのは1年ぶりですが、随分と大きくなったものです。相変わらず運動量は激しいですが、特に上の子は随分としっかりしてきていて、割と放っておいても危なげがなくなってきました。去年と比べて使う体力が随分と省力化されて助かる限りです(笑)。
でも、下の子はまだかなり危なっかしくて、でも行動力はついてきて階段とか平気で上がってっちゃうもんだから、後ろを追っかけ回さないといささか危険です(汗)。しかも既に次男坊のしたたかさが身につき始めてて、こりゃ結構扱いづらいぞ、と(汗)。

その点、上の子は長男坊らしい聞き分けの良さが身につき始めてて、僕自身も長男坊なだけにちょっと心配だなぁと。そんないい子じゃ無くてもいいから。もっとやんちゃでいいから。頼むから俺みたいにはならないでくれよという心配で一杯です。
聞くところによれば、昨年亡くなった伯父も、母方の義理の伯父も、昔から(弟を差し置いて)僕のことを随分と気にかけていた(いる)そうですが、あぁ何かこういう感じだったのかなって、自分が伯父の立場になって解るような気がしてきました。

お題には「タイフーン」と書きましたが、そんなこんなもあって今年は去年より勢力やや弱めです。この調子なら今後はますます勢力が弱まっていき、そのうち来なくなるんでしょう。僕がそうだったからわかります。そう思うと寂しいですが、歴史は繰り返すものです(?)。


ここから甥っ子の話からは離れますが、今年は弟が一級建築士試験を受けざるを得ないそうです。何でも社内で色々あるそうで、やはり彼の持つ二級ではちょっと通用しなくなってきたようです。
しかし、彼がどのように挑むのかはわかりませんが、個人的に思うに、少なくとも過去の教材類や市販品では、対策が難しくなってきているように思います。どうあれ、上手くいけばいいんですけどね…。

別に高価な資格学校を薦める気はありませんが、先日担当営業から聞いた話では、今年(平成29年分)から教材も体制も全部作り直すそうです。僕の通っていた学校は、去年(平成28年)はライバル校に圧勝した学校です。にもかかわらずそれだけのことをするのは、やはりそれだけの情報分析があり、学校としても何らかの対応を求められていると言うことなんでしょう。

さて、甥っ子たちは勝手に大きくなっていくしヾ(^^;)、弟もそれなりにやるだろうし、それより自分の身の振り方だなぁ。まずは管理建築士の資格が次の目標だけど、それには最低3年掛かる。その間に宅建とか取れるといいんだけどなぁ。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:29 | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月01日

2017。

昨日に続いて1年前と同じパターンのお題で申し訳ない(汗)。
昨日も書いた通り、今年は喪中ですので、新年のご挨拶は控えさせて頂きます。

今年は部屋の蛍光灯が切れることもなく(苦笑)、大変穏やかな新年を迎えさせて頂いております。
明後日には甥っ子どもが来るらしいですが、喪中だからポチ袋はなし…と言う訳にもいかず(汗)。誰かそういう風に決めてくんねぇかなぁ、2人分ともなると金額もバカにならないのよ(泣)。こちとら独身で子供もなしなので、あげる一方でリターンもないしねー。
まぁね、自分も通った道だし、伯父としては仕方がないですねぇ。
あとはチビどものパワーに圧倒されないようにしませんとね。そうもいかないでしょうけど(汗)。

…何か年始からケチくさいスタートですけど、ともあれよろしくお願いしますという事で。



web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:12 | TrackBack(0) | 雑記