2016年12月29日

さらば勇士よ、ありがとう。

今日、製図試験のために借り受けて使用していた製図板(平行定規)が、所有者の元へ返却されていきました。

その製図板、それを使って建築士試験を受けた人は誰一人落ちていないという縁起物で、大きくて重たいお守りでした。

機種はムトウのライナーボードUM-06N2。現行型はUM-06N7ですから、いかに古い代物であるかがわかるかと思います。(もっとも、他社(特にMAX)に比べて大きくて重たいという欠点は、最新型でも解消されていませんが…。)
機能的にもいささか時代遅れで、MAXの平行定規に備わっている、定規を使わない時は裏側に回して固定出来るといったようなギミック(これは羨ましかった…)なども一切備わっておらず、傾斜角の調整も出来ないシンプルなものです。ゴム足なんかも接着剤でくっつけてあるだけのもので、初めてケースから取り出す時に緩衝材に引っかけて取れちゃって(汗)、大騒ぎでゴム系接着剤で再接着するという衝撃の出会いで(苦笑)、まぁ高価な割にちゃちな作りだねぇと半ば呆れたのもいい思い出です。

それでも僕が最後まで使い続けたのは、新しい平行定規を買う金がなかったそのゲンに賭けたこと(根がゲン担ぎぃなので(汗))、そして扱いに慣れれば別に何の問題もなかったということからです。重たいのは辛かったし、大きいので、折角買った市販のソフトケースに微妙に入りきらなかったのも冷や汗ものでしたが(まぁ何とかしましたけど)。

※というか本来、こんな古いものを使うことは、色々な意味でお奨め出来ません。僕の場合、講師の先生の影響と作図速度の遅さから渋々フリーハンド派にならざるを得なかったこともあって平行定規部分を使うことがあまりなく、その意味で色々とラックに恵まれたようですが、平行定規は割と精密機器なので、本番の試験会場で壊してゲームオーバーという事態もかなり起こっているようです。皆さんは出来るだけ新品を買いましょう。そしてメンテしましょう。

…とまぁ随分と貶した感もありますが(汗)、結局機構の不具合なども最後まで一切起こすことなく製図試験を共に戦い抜き、合格に導いてくれた「歴戦の勇士」に、ありがとう。


で。
僕が理由はどうあれフリーハンド派であることは上述した通りですが、では何故平行定規(というか製図板)を使い、試験会場にまで持ち込んだのか?もちろん理由があります。単なるゲン担ぎではありません。

フリハンの場合、平行定規は使いませんが、当然というか製図板は使います。もちろん平たい場所さえあれば直に机やテーブルの上などでも出来るんですが、環境が一定しないというのは落ち着きません。凸凹もあるかも知れないし、机等の素材によって書き味が違うのは気持ち悪い。安定した一定の作図環境として、製図板はやはり必要なんです。トレイが付いているので、シャーペンや消しゴムを始めとした製図用具類のホームポジションとしても有効ですし。

そして、試験会場はいわば「敵地」です。敵がどんな机を用意しているかもわからないというのは不安ですし、コンディションが悪ければ普段のリズムを乱す原因にもなりかねません。
だからこそ、普段使って慣れ親しんでいる製図板という「ホームの環境」を切り出して持ち込む訳です。それだけでも安心感が随分違います。いつも通りのトレイも付いてきますしね(笑)。
(この事は、別にフリハン派でなくとも意識して欲しいところです。自分がホームの環境を持ち込んでいるんだという意識があれば、幾ばくかのプレッシャー軽減になりますので。)

もう一つの理由として、「不用意な注目を集めない」という事があります。
これは資格学校で角番※の先輩から聞いた体験談なんですが、いくらフリハンだからと言って製図板も持たずに試験会場に乗り込むと、周りの受験生も試験官も異常に注目するそうで、その方は去年それをやって試験開始から終了までずーーーーっと試験官に奇異の目で注目されていてもの凄い不快感だったそうです。その結果、今年も初年度の僕らと一緒に勉強することになった訳ですが(汗)。
(ちなみにその方、今年合格されました。おめでとうございます!)
なので、とりあえず「珍しい」事はせず、周りと同じく製図板を持ち込めば、変な注目をされることは避けられます。最初さえかわせばしめたもの、試験中に用紙をぐるぐる回していても、試験官は見ているかも知れませんが、周りは自分の事で手一杯、自分もそうなので試験官の目なんか気にする余裕などありません(苦笑)。

※角番:試験用語で、建築士試験の場合「学科試験免除最終年の受験生」を指します。
一級建築士試験の場合、学科合格の年は当然設計製図試験が受験出来ますが、仮にそれに落ちた場合でも、向こう2年は学科試験が免除され、いきなり設計製図試験から受験できます。しかしその最終年も落ちると、学科試験免除の権利を失い、再び学科試験を受けて合格しないと設計製図試験を受けることが出来なくなります(もちろん学科試験に合格すれば再びその年の設計製図受験権利と向こう2年の学科試験免除の権利が与えられます)。
要は設計製図試験3回目(6回目とかそれ以上の人もいますが…)の受験生は「『学科試験再受験に陥落』の危険」がある訳で、相撲用語の角番になぞらえてこう呼ばれている訳です。

そんな感じでしょうかね。
あぁ、なお、フリハンだからと言って定規類を一切使わないという事はありません。柱形や円はテンプレートを使って書きますし、特に長い横線は直定規を使って引きます。寸法線もそうです。全てをフリハンで書くのはよほどの熟練者でないと無理で、僕みたいな「にわか」は定規やテンプレが絶対に必要ですし、その方が絶対に速い。
フリハンの利点というのは、長い縦線や短い線を、定規を当てる時間を省略して引けること、それと紙を固定する必要がないので、文字などを書きやすい角度に回して書けるといったくらいで、仕上がりはどう見ても平行定規を始めとした定規を使ってきっちり書いた方が圧倒的に綺麗ですし、時間内にそれが出来る人はやる必要は全くないものです。
ただし、上述したように平行定規の故障はあり得ますので、その時の緊急対策として練習しておくのはありだと思います。フリハンと言うのは、練習無しでいきなりやるのは不可能に近いですから。あれはあれでそれなりのコツがありますのでね。

…余談のほうが長くなりました。ご勘弁。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:54 | TrackBack(0) | 雑記

2016年12月24日

一応メリクリ。

という事で。ちょっとTwitterにもアップしたのでこっちにも。

もうもうまさしくお題の通りなんですが、クリスマス絵です。ただし…

ktm_81s.jpg

…描き下ろしじゃないです(汗)。何か疲れちゃってどうにも気力が起きないので(おぃ!)、昔の絵を発掘してきて、背景パーツとして描いた部分を切り出してトリミング+多少微修正してみました。背景仕上げなども少々変わってますが、いずれにしても昔の絵のリサイクルです(汗)。
元絵はこれ。

以上でしたーっ(逃走)。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:32 | TrackBack(0) | 絵関係(非商業)

2016年12月22日

近況20161222。

とまぁ、昨日のエントリーの続きです。

と言っても、概ね昨日言っていた通りの順番で事を進め、予測通り指定時間より早く学校に着きすぎて、予定通り下のコンビニで昼飯買って休憩コーナーで食わせてもらいながらスマホ弄って時間調整したって感じです(笑)。

予定予測と違ってたのは、天気には恵まれず途中でざんざん雨に降られてファミマでビニール傘買ったこと、偶然図書館が通り道にあったのでふらっと立ち寄って新聞コーナーで地方新聞見て、一級建築士の合格者(県内)の掲載欄に自分の名前が載ってることを確認したこと、あとは学校の用事内容ですね。

学校では、再現図面等は戻ってきませんでした。昨日も書いた通り別に返ってこなくても構わないんですが、手元に答案用紙2(記述)の再現のコピーがないので、これでユープラ(何かはググって下さい)に参加することは出来なくなりました。
書類関係は予定通りですが、プラスで「修了証書」なる証状をもらいました。何でも、建築士の免許証が現在のカード形に変わって旧来の額縁に入れるような免状でなくなってから発行しているそうで、まぁ資格学校の校長名ですけど旧来の免状の代わりだそうです。
こういうものです。日付は合格発表日です。

P_20161222_211325.jpg

これを「合格しても不合格でも(少なくともその年の全課程に)行ってれば修了は修了だから合格者だけに出すのも妙だし、第一免状ごっこなんて馬鹿馬鹿しい」と思うか「資格学校のものであっても頑張って成果を出したからもらえたんだし、ダミー的ではあってもその配慮にそれなりの価値はある」と思うかは人それぞれでしょうが、その辺の判断は諸氏にお任せします。
僕は、二級建築士である弟がもらった(そしてカード形に変更された際に回収された)二級建築士の免状のコピーが入った額縁の横にでも、同じように額縁に入れて飾ってやろうかと思っています。

あと、祝賀会があるって言うのも昨日も書いた通りですが、有料(1000円)だそうです。
「何だよ金取んのかよおぃ〜(by大泉洋)」
まぁホテルでやるのに1000円は格安ですし、何より不合格者さん達も同じ学費払ってる訳で、まるっきりのタダでやるのは不公平ではありますが。参加は任意なので、不満なら参加しなければいいだけですし。
一応僕は行くつもりではあります。日程的にまだちょっと先の話ですし、スケジュール次第ではありますがね。

それから、資格学校としては嬉しくも悲しい悲鳴と言いますか、僕の校舎では来年の長期製図コースの開講が危ういそうです。今年の学院生の合格率(合格者数)がよすぎて、2周目3周目…に回る人が減っちゃったからとか。「あと2人いれば開講出来るんですが誰かいませんかー!」って事務の人が言ってましたけど、まぁ残念ながらというか僕は該当者に知り合いはいませんし、大体来年から学費を値上げするそうなので、それなら上げなきゃいいのにって思いましたね(汗)。
(実は講師の先生も値上げのことは知っていて、授業中のこぼれ話で「来年値上げだそうだから今年のうちに取っといた方がいいよ、学校にお布施したい人は別だけど」って言ってたんですよね(苦笑)。)
ジョークで「(今年壊滅的だった)ライバル校から生徒を掠め取ったらどうですか?(笑)」と言っておきましたが、実際今年の実績を見れば、乗り換えてくる人は結構いるんじゃないかと思いますね。

他にも、噂に聞いてはいたけど実際見ると「時代は変わったな」と驚く光景に出会いました。これ以上は長くなるので省略しますが、これから建築士を取ろうとしている実務者さん達はさらに苦しい戦いになるだろうなと思ったことだけ記しておきます。

おまけ。
帰りに最寄り駅近くの100円ショップで買ったチョコレート。
カバヤの「"ドトールコーヒーのおいしい一粒"ドトールコーヒービーンズチョコ」。

ドトールコーヒーのおいしい一粒

これ、以前にも買ったことがあるんですけど、コーヒー豆がそのまま入ったチョコレート菓子で、コーヒーの自然な風味が効いててなかなか美味いんですよ。酒のつまみに良し(笑)。
ただ、口の中にコーヒー豆の欠片が割と長いこと残るので、後味はあまりよくないかも知れません。

以上です。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 23:01 | TrackBack(0) | 雑記

2016年12月21日

近況20161221。

…とか何とかエントリーを起こしてはみましたが、実は前回のエントリー以降、特に変わったことはありません(汗)。
1年を賭けた一大イベントが一区切りしたので疲れがどっと出ています。お陰で風邪気味でもあります…。
その上急に仕事が忙しくなった(と言うか…言いたいことは一杯あるけどここは我慢。やらないと金も入らないし…)事もあって、疲れに追い打ちをかけられてます…。出来れば建築士登録申請も年内に終わらせてすっきりと新年を迎えたいし、そのためにも8諭吉必要だし…あぁぁ…。

で、明日は学校(というか担当営業)に呼ばれてるので久々に(悪い)思い出のあの場所(学校ね)に行くことになります。2ヶ月ぶりくらいかぁ、早いもんだなぁ。
そんな訳で、忙しいところを無理繰り朝から仕事休んで思い切って用事を詰め込んでみました。朝いちで床屋行って、地方法務局の本局?に行って「登記されていないことの証明書」を取って、書類に質問等あるので建築士会行って、それから学校です。多分指定時間より早く着きすぎると思うので、下のコンビニで昼飯買って休憩コーナーで食わせてもらいながらスマホでも弄って時間調整しようと思います。

明日の学校の用事は、(多分)再現図面類の返却(コピーあるし要らないけど)と、建築士登録用の書類の受け渡し(って言っても、大体の書類はネットでフォーム付きPDFで用意出来てるし、先に士会行っちゃうから払込用紙なんかもくれると思うので、学校からは要らないかなって思うけど)、祝賀会の日程と(そんなのがあるんですよ、ホテルでやるの。そんなのやんなくていいから学費下げろとも思うけど…)、それと少々気の重い「次の講座(施工管理技士とか宅建とかFPとか)」の勧誘(正直来年1年くらいは勉強休みたいし金もないので聞き流すけど(笑))ってところでしょうね。
あぁ、もしかしたら本試験合格のポイント解説みたいなビデオも見せられるかも知れないけど、はっきり言ってそんなのもういいよ(汗)。

そうそう、うちのクラスでどのくらい合格したのかは訊いておきたいな。一応今わかってる範囲で、知ってる名前だけで自分含めて7名受かってるんで、全20名のクラス全体だと過半数は行ってるでしょう。あと、ひとり気がかりな人がいるのでどうなったか訊きたいし(でもわかるかなぁ…どう気がかりなのかは秘密)。

あと心配なのは天気だけだなぁ。せめて外出中は保って欲しいけど。そんなとこです。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:12 | TrackBack(0) | 雑記

2016年12月16日

届きました。

昨日、ちょっと騒ぎすぎた感があるので、今日はあっさり済ませたく思います。

本日、一級建築士試験の合格通知書が届きました。
嬉しいと言うよりも、これからは責任を背負う事になるし大変だという思いが強いです。
とにかく、講師の先生にも言われた通り、研鑽を積んで、機会があれば後進の指導に当たれるような建築士になりたいと思います。
まぁその前に手続きですね。まぁ色々必要なこと…。でも最後の試練と思ってこなしていきます。

あぁ、それと、拍手コメント頂いてますので。まとめてで失礼。
・皆さん、本当にありがとうございます。ひとまずは喜び、そして社会的責任を負う者として精進します。

以上です。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 22:04 | TrackBack(0) | 雑記

2016年12月15日

一級建築士試験の結果について(報告)

という事で、報告します。

本日12/15、建築技術教育普及センターより、平成28年一級建築士試験「設計製図の試験(2次試験)」の合格発表がありました。これをパスして建築士登録を行えば、その人は「一級建築士」を名乗れる訳です。

さて、結論です。

無事、合格することが出来ました。

正直、まだ合格通知書が来ていないので実感に乏しいんですが、一級建築士の場合は受験番号だけでなく実名も公表されますし、資格学校の担当営業からも電話がありましたので、まぁ本当なんでしょう。
奇跡というか僥倖というか、とにかく結果が出せて、本当によかったです。

1月の学科試験勉強開始から今日の合格発表までほぼ丸1年間をぶっ潰してこの試験に賭けてきた甲斐がありました。
というか、来年もまた同じ事を繰り返すと思うとゾッとするし、そんな学費は捻出出来そうにない(泣)ので、そんな事態から逃れられて安堵しているというのが本音だったりします(苦笑)。
…大丈夫だろうな?何かの間違いでしたとかいってPDFの差し替えとかないだろうな??(汗) とにかく早く合格通知を確認したいですね。

それにしても、あれだけ大量にミスをやらかしてよく合格できたものです。正直なところ、何で合格出来たのか自分でもよくわかりません(汗)。試験元はどこがよかった・悪かったというような情報を公開しませんし(情報公開請求してもダメだそうです)、とにかく結果だけしかわかりません。どうにもブラックボックスな試験です(汗)。

とりあえず通知の到着を待つことにします。というかそれしか出来ない訳ですが。
以上、ご報告でした。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 19:03 | TrackBack(0) | 雑記

2016年12月13日

君の弱さ。

と言うか僕の弱さ。

昨日の夜、TwitterのTLに、渡辺美里さんの「君の弱さ」(1988)のYoutube動画(多分なんかの歌番組の録画)が流れてきました。
この歌、TBSの「世界ふしぎ発見!」のEDテーマに使われていた時期があって、その頃から好きな歌だったんですけど、どういう訳だか8cmシングルCDのみで、いつまでたってもみさっちゃんのアルバムには未収録で、手元に音源がなかった、個人的に口惜しい曲だったんです。

しかし時代は変わりました。ピンポイントで欲しい楽曲を購入出来る時代なんです今は。という事で、多少(かなり)酒が入ってた勢いもあって、Amazonでmp3を単曲購入してしまいました(本当はwavで欲しいところだけど)。250円ちょっと。

それで昨日PCでループ再生させていたんですが、その時は大して思うところはなかったんですよ、あぁ懐かしいなぁやっぱ買ってよかったな久々に聴きたかったんだよってくらい。

ところが。
今日(と言うか今ですね)同じようにループ再生して歌詞を追ってくと…何だかこみ上げてくるものがあって泣けてくるんですね。どうしてだろうなぁ、トシ取って涙腺緩んでるのは確かだけど(苦笑)、一晩で一気にトシ取る訳じゃないですしね当然。
特にどこが響いたとかって事ではないんですよね。なんなんだろうなぁ。それこそ「僕の弱いところ」に突き刺さってきたんでしょうね。そうでなくても今大変に微妙な時期ですし(汗)。

最近のみさっちゃんの曲はなんか時代やニーズとずれてる気がして聴かなくなっちゃったんですけど、これは時代を超えていい曲だと思いますよ、えぇ。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 21:11 | TrackBack(0) | 雑記

2016年12月11日

続・さくらのブログ(スマホ版)にFC2拍手を設置する(不完全版)

今回も、どちらかと言えば備忘録です。


ご一読されましたか?では、続けましょう。
前回の方法は、ブログパーツを新しく起こして「FC2拍手」パーツを作り、「記事」パーツの下に並べる方法でした。
今回は、「記事」パーツ内にFC2拍手のスクリプトを埋め込む方法です。
※ただし、先に言っておきますが、前回のエントリーで挙げた欠点は何一つ解消されません(汗)。先の欠点は、やはりさくらのスマホ用独自内部環境変数が判明しない限り解消不能でしょう。コンテンツ(パーツ)のHTML編集が可能になって解析出来るようになるまでは我慢するしかありません。

さて、説明です。
そう言えば前回は言い忘れましたが、前回も今回もまず最初にFC2拍手サイトで「サイト用のタグ(スクリプト)」を取得していることが前提です。

・前回同様、メニューから、「デザイン」→「スマートフォン」タグ→「コンテンツ」と進み、スマホ版のデザイン画面にします。
・次に、右側中央の「記事」パーツの編集画面を出します。
・「挿入テキスト(下部)」内の「<>」ボタン(ソースコード編集ボタン)をクリックしてHTML編集画面にします。
・ここに、先に取得しておいたFC2拍手スクリプトを貼り付けます。そしてOKボタンを押します。
・「挿入テキスト(下部)」の自由記入欄に、FC2拍手のボタン画像が表示されていればOKです。
・パーツを保存し、サイトも保存します。

これでスマホ版サイトにFC2拍手設置完了です。もし、前回の方法でパーツを作って配置している場合は、そのパーツを捨てて下さい。

…しかし、上述の通り、これをしたところで欠点は何一つ解消されません。挙動自体は前回のエントリーでご紹介した方法と全く同じです。
従って、前回の方法で設置済みの場合は、わざわざ今回の方式に変更する意味はないかと思われます。

…んー、今回は若干無駄エントリーだったかなぁ(汗)。まぁ備忘録なのでご勘弁を…。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:41 | TrackBack(0) | ブログ・HP関連

2016年12月08日

イクラ…じゃないカーネリアン。

ちょっとした気まぐれで、アクセサリー用のカーネリアンを買ってみました。8mm玉、12個、15円/個。郵送料の方が高いくらい。

カーネリアン

ちょっと写真がぼけてるけど(汗)。
しかし…見た目の印象は…粒の大きさといい色といいてかり方といい模様といい…

…イクラ…(汗)。

こうして糸で連結してるとそうでもないかも知れないけど、バラの状態で転がしてると、本当にイクラにしか見えません(汗)。

まぁ、お守りです。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 20:06 | TrackBack(0) | 雑記

2016年12月06日

お返事20161206。

昨日のエントリーに拍手コメント頂いてますのでお返事します。例によって暗号失礼。

・僕は、少なくともFRの投稿ハガキは、初投稿の1枚を除いて全部コピーを残しています。裏側にはナンバリングと投稿年月、載った場合は掲載号の記載をしています。
ただ、ハガキサイズでない投稿はほぼ残っていません(そういうのは100%カラー作品だし、当時はまだコンビニコピーはモノクロオンリーだったので。あとファイリングが難しいし)。
言ってみれば黒歴史なんですけど、今見ると当時のことが色々と思い起こされるし、まぁ若くて勢いがあったよねってくらい丁寧で細かかったり。いい思い出ですよ。
残しておかなかったのは残念でしたね…。

以上です。


web拍手 by FC2
posted by 環螢 at 19:33 | TrackBack(0) | 雑記